くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

ピラティスとは?ヨガとの違いは?やり方や効果は?自宅で出来る?

投稿日:

ヨガ・ピラティス

現代は健康ブームで、様々なエクササイズが流行っています。
ウェイトトレーニング、ヨガ、ランニング、ウォーキングやダイエットエクササイズも人気です。

その中で注目を集めているのが、ピラティスというエクササイズです。

ピラティスとは何でしょうか?
ピラティスの内容と効果についてまとめましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

ピラティスとは何?ヨガと何が違うの?

ピラティスとは、現在から約100年ほど前に、ドイツ人看護師のジョセフ・ピラティスが考案したエクササイズです。

インナーマッスルを鍛えるのに重点を置き、脊柱と骨盤の動きを中心に呼吸を組み合わせ、体全体の筋力強化が期待できます。

また、重量で負荷をかけるエクササイズと違い、負荷や回数ではなく筋肉と精神をコントロールして確実に行うことが特徴です。

ヨガとの違いは、
ヨガは宗教的な思想、瞑想と健康法を融合させた呼吸法を行い、ストレッチと筋肉強化、リラックス効果やうつ病対策などの効果があると言われています。

それに対してピラティスは、骨格の動きを意識してインナーマッスルの強化を目指し、簡単に無理のない運動を行うことです。

スポンサーリンク

ピラティスはどんなことをするの?どんな効果があるの?

ピラティスには数百種類のスタイルがあると言われます。
その一部を紹介します。

・座った体勢で足を閉じ膝を立て、体を丸くしてボールのように転がります・・・お腹に力を入れることでお腹の脂肪を落とします。

・開脚して座り両腕を水平にして、上半身をねじって頭を左足、右脚と交互につけます・・・舌原を引き締める効果があります。

・仰向けに寝て両膝を立て、両手を上に伸ばし手を合わせ、上半身を起こします・・・下腹のむだ肉を引き締めます。

これらは、腹筋を中心に鍛えるものですが、確実に数回行います。
ただし無理はいけません。

他にも体の各部分を鍛えるスタイルやリハビリーにも効果のあるものが多くあります。

また、インナーマッスルを鍛えることで代謝が上がり、ダイエットにも効果が期待できます。

ピラティスはどこでやるの?自宅でもできるの?

ピラティスを行っている施設は全国各地にあります。
多くの施設では少人数で行うレッスン、個人レッスンがあり、資格を持ったインストラクターやピラティス用の器具などが用意されています。

1回ごとのレッスン料は約3,000円~4000円程度、複数会のチケット購入、入会金+チケット制などいろいろな支払いシステムがあります。

そこまで真剣にやらなくてもよく、お金もかけたくない方には自宅でも簡単にできます。

自宅でするスタイルは、ネットなどで検索するといろいろありますので、確認してください。

自宅の場合で正しい姿勢で行うことに不安がある方には、ピラティスポールをおすすめします。

ピラティスポールは、直径約15cm、長さ1m程度のポール状の器具で、背中の下で転がしたり
することでバランス良く、本来の正しい姿勢でピラティスを行うことができます。

ピラティスは、1日5分程度のトレーニングを継続することで効果がでてきます。
無理をしないで楽しく行い、体幹の隠れた筋肉を鍛えスタイルアップを目指しましょう。

腸活とは?腸活マッサージやヨガの効果!注意することは?

腸ヨガで便秘解消!ダイエット効果!朝のポーズ、夜のポーズやり方?

 

スポンサーリンク

-生活
-, , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.