くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

モロヘイヤの栄養やカロリー・効果は?人気レシピは?注意は?

モロヘイヤ

野菜の王様の言われるモロヘイヤ(アラビア語)は、日本ではシマツナソと言われ、1980年代に日本に普及し、今では日本各地で栽培されます。

多くの栄養を持つ食材として注目されている野菜ですが、どのような効果効能があるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

モロヘイヤの栄養価は?効果効能は?

モロヘイヤ(ゆで)の主な栄養価(100g当り) 文部科学省食品成分データベースより

カロリー25kcal
脂質0.4g
炭水科物4g
カリウム160mg
カルシウム170g
マグネシウム26mg
鉄分0.6g
βカロチン6600
ビタミンK450μg
ビタミンB1 0.06mg
ビタミンB2 0.13mg
葉酸67g
ビタミンC11mg
植物繊維 3.5g

モロヘイヤは、栄養価が高いと言われるほうれん草や小松菜などと比較すると、
カルシウムはほうれん草の2.5倍・小松菜の1.1倍、βカロチンは1.2倍・小松菜の2.1倍、ビタミンKはほうれん草の1.4倍などになります。

カルシウム・・・骨や歯を作る成分で、血液の凝固や筋肉の収縮に関わります。高血圧防止・イライラ解消・こむら返り予防などに効果があると言われます。

マグネシウム・・・酵素の正常な働きや血液循環を正常に保ちます。糖尿病改善・抗ストレスなど

鉄分・・・赤血球内のヘモグロビンの成分で、酸素運搬の役割を持ちます。貧血予防・疲労回復・骨、歯を丈夫にするなどの効果が期待できます。

βカロチン・・・体内で必要な量だけビタミンAに変換されます。抗酸化作用があり免疫力を高めます。ガン予防・老化予防・夜盲症予防・視力低下の低減などに効果があると言われます。

スポンサーリンク

モロヘイヤを使った料理は?レシピを教えて

簡単に短時間で安価でできるレシピとしては、モロヘイヤのお浸しを紹介します。

材料:モロヘイヤ1袋・塩少々・めんつゆ大さじ半分・醤油大さじ半分
レシピ:
①モロヘイヤは葉だけを使用します
②塩少々入れたお湯で2分程度茹でます。
③冷水で冷やしたモロヘイヤに、めんつゆと醤油を混ぜ合わせたら出来あがりです。

お浸しの具におくらや枝豆、もやしなどを加えても美味しいです。

モロヘイヤの卵スープも人気レシピの一つです。
材料:モロヘイヤ100g・卵2個・水700CC:めんつゆ大さじ半分・塩少々・片栗粉小さじ2

レシピ:
①モロヘイヤを2cm位にカットし、鍋で沸騰した湯に入れ、塩とめんつゆを加えて味を調整します
②水で溶いた片栗粉を鍋に入れ、軽くトロミを付け、溶き卵を流しこんで、火を止めたら出来あがりです。
ネットの料理サイトには、モロヘイヤを主にしたレシピが数多くありますので、参考に作ると楽しいですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モロヘイヤ1パック、100g〜200g前後
価格:481円(税込、送料別) (2018/2/13時点)

 

モロヘイヤは妊婦さんにはいいの?注意点を教えて?

モロヘイヤには、妊婦さんが必要不可欠な栄養の葉酸やビタミン類・カルシウム・植物繊維が含まれています。

葉酸は、赤血球や細胞の新生や、胎児の正常な発育に特に必要なものです。

カルシウム・マグネシウム・鉄分・βカロチンが、妊婦さんの疲労回復や便秘解消、抗酸化作用による老化防止・美肌効果などが期待されます。

植物繊維は、整腸作用や便秘解消、貧血予防に役立つと言われています。
モロヘイヤを食べる時の注意点は、果実や茎には毒性(ストロファンチン)があるということです。
スーパーなどで販売されているモロヘイヤは良いですが、家庭菜園などで作ったモロヘイヤは、茎にも毒性があると言われています。この場合は、葉だけを食べるのが無難です。

ほうれん草の栄養や効果は?妊婦や赤ちゃんにも良い効能が!

明日葉の栄養や効果は?むくみ予防やセルライト除去に効果的!!

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

むかご
むかごの旬は?栄養やカロリー・効能は?妊婦や子どもに必要な訳は?

むかごは、山芋や長いもといった やまのいも類の葉の付け根にできる球芽です。 9月 …

トルティーヤ
トルティーヤの作り方・カロリー!米粉・薄力粉だけでOK ?巻き方は?

エスニック料理の中でも、 手軽に食べることができるものにタコスがあります。 タコ …

お茶・ティーポット
柿の葉茶の成分は?作り方と飲み方は?妊婦にはいいの?

桃栗三年柿八年という程、柿は播種から実がなるまでの期間が長くかかります。 また「 …

カシューナッツ
カシューナッツの食べ過ぎに注意!気持ち悪い!腹痛、便秘や下痢に!

ナッツ類は ビタミンなどの栄養価の高さで知られていますが、 カシューナッツは、 …

ルッコラ
ルッコラの食べ方!栄養やカロリーは?成分の効果は?

イタリア料理に欠かせないルッコラはサラダに入れると綺麗な緑色が彩りも良くなって見 …

ほうれん草
ほうれん草の栄養や効果は?妊婦や赤ちゃんにも良い効能が!

お浸しや胡麻和え、野菜炒めなど、食卓に上る機会も多いほうれん草。 どちらかという …

かぼちゃ
かぼちゃの栄養や効能は?カロリーは?ダイエットに効果あり?妊婦には?

  知っていますか? かぼちゃって、ダイエットにもよし。 冷え症にもよ …

メロン
メロンを食べるとなぜイガイガする?原因や理由は!対処方法は?

メロンを食べると口の中が痒くなって、いがいがする、そんな経験はありませんか。 な …

キャベツ
キャベツの保存方法や保存期間、保存食のザワークラウトのレシピは?

冷蔵庫の隅に干からびたレタスやキャベツが転がっていた、そんな経験はありませんか。 …

たらの芽
山菜のたらの芽の栄養やカロリーは?下ごしらえやおすすめの食べ方!

冬が終わり、暖かくなってくると山や野原で様々な植物が芽吹きます。 その一つである …