くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

幼児のあせも!頭に出来た場合は?予防や対策・治療薬やローション!

かゆい幼児

夏といえば汗をかく季節ですが、
あせもの季節でもありますよね。

幼児はあせもをかきむしってしまい、
酷くなると”とびひ”になって酷い事に。

汗を止めてしまうわけにもゆきませんが、
今回は幼児のあせもの予防や薬について
解説します。

スポンサーリンク

あせも、幼児の頭や顔に出来た場合は?病院や皮膚科?

幼児や乳幼児に多い頭に出来るあせも。

実はあせもが二次感染を起こしたもので、
「あせものより」といわれる細菌感染症です。

正式には『乳児多発性汗腺膿瘍』といい、
あせもの治療よりも”とびひ”と同様の治療が
必要になります

原因菌にあった抗生物質や外用薬が必要なので、
小児科や皮膚科で診てもらい適切な治療を受けましょう

痛みを取るために病院などでは
切開して膿を出す治療を行いますが、
その後傷口を消毒は怠らない様に気をつけます。

素人判断で治療薬を塗って経過を見た事で、
汗腺付近にある毛根が阻害されることで、
頭の毛が生えて来なくなってしまう
といった障害をおこすので注意がとても必要です。

スポンサーリンク

あせも、幼児の対策や予防は?

あせもの予防や対策は、
汗を出す様な状況を避けるべきではありますが、
そうともなれば汗をかけない体温調節が
自分で出来ない体になってしまいます。

通気性の良い素材の服であったり、
こまめに汗を拭うこと。

他には着替えをさせることも対策になります。
汗をかいてそのままにすることで
起こりやすいのでウェットティッシュなど
拭ったりすることもいいと思います。

 

他には石鹸などは使わずに水浴びをさせて
汗を洗い流すという方法もおすすめです。

かゆがる場合にはかかない様に気をつけ、
本来かゆみや痛みを取るにはステロイド配合がよいですが、
心配な様なら汗を洗い流し肌を清潔にしてから、
酸化亜鉛配合の薬などを付けて様子を見ましょう

それでも2~3日で改善しない場合は、
病院へ行かれる方が安心です。

あせも、幼児の治療薬やローションは?

あせもでかゆみと痛みを伴うけれど
その症状が軽症の場合であれば市販薬での改善も
見込める事があります。

先ほども少し触れた薬ですが、
ステロイド配合薬は躊躇してしまうという場合には、
”酸化亜鉛”配合薬とお話をしました。

敏感肌や赤ちゃんも使えるものとして、
・ポリベビー
・外用雪妙

他にかさついて乾燥している場合には
ローションタイプである

・ユースキンアイローション
・ココ

などとかゆみを鎮めて炎症を抑える
ローションなどがあります。

基本的に痛みやかゆみがない場合には
肌を清潔に保つだけで2~3日で改善しますが、

患部が小さかったり軽い場合はこうしたものを
併用するなどしてもよいですが、
心配な時はまよわず病院に行きましょう!

また、シッカロールは悪化させるので
あせもにさせない対策での使用はよいですが、
あせもが出来ているときは避けましょう

大人や子ども・新生児のあせものできやすい場所!原因や治し方!
子どものあせもの対策や予防!皮膚科での治療薬は?市販薬・オロナインは?

スポンサーリンク

 - 健康・医療 , , , ,

  関連記事

腹痛
o157とは?どんな症状?感染経路や予防や対策は?

O157が世間で騒がれていますね。 「怖いですねぇ~」 特に幼児やこどもがいる人 …

交通事故
初めて交通事故にあったら?もし子どもが交通事故にあったら?

交通事故なんかには できれば一生あいたくないものです。 だからといって ずっと家 …

はちみつ
プロポリスの効果は?子供の場合の副作用は?後遺症について

強い殺菌作用があり 様々な怪我や病気に対して 効果があるとされているプロポリス。 …

熱の女性
大人の手足口病の症状は?冬にも!うつる期間は?仕事は?復帰は?

「手足口病」というと子どもがなる病気と思われますが、実は大人も発症する病気です。 …

ココナッツオイル
ココナッツオイルでうがいのホワイトニング効果ややり方!歯磨きは?

ちまたで話題のココナッツオイルですが、 うがいをするといいって知っていますか? …

食中毒のウィルスや細菌で腹痛に苦しむ男性の絵
卵や牡蠣貝での食中毒の潜伏期間は?

毎年夏になると、食中毒の症状に悩まされる問題が起きます。特に熱が通りきっていない …

トイレ
痔疾の病気の3種類と症状!女性に多いのは?効果のある薬は?

なかなか病院へ行きづらい痔について、どのような症状があるかご存知でしょうか。今回 …

免疫
免疫力とサプリ!ラクトフェリンやプロポリスは?免疫を高める食事!

風邪や日々の健康に大切である「免疫力」 食事であげる方法も有りますが、 さらにプ …

妊婦
手足口病の妊婦の症状?胎児への感染や影響?臨月や後期の妊婦は?

手足口病は今やお子さんがかかるだけではなく、大人もかかる病気なのはご存知ですか? …

小児科(赤ちゃんや子供と看護師、医者)のイラスト
秋に流行する子供や高齢者の病気は?

目次1 秋に流行しやすい病気2 子供や赤ちゃんに多い秋の病気3 高齢者に多い秋の …