くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

大人や子ども・新生児のあせものできやすい場所!原因や治し方

投稿日:

あせもをかゆがる子供

夏や冬の乾燥時期などでも出来る「あせも」
赤ちゃんやお子さんなどによく見られる
赤いブツブツとした肌疾患。

もちろん大人もなりますね。

放置していると酷くなって
肌に影響を及ぼすので早めの対策や治療が必要です!

今日はあせもの治し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

首、背中、新生児や乳児、子どものあせもの治し方は?

汗っかきの新生児や乳児、お子さんは
とてもあせもが出来やすいです。

子どものあせもの対策や予防!皮膚科での治療薬は?市販薬・オロナインは?

できやすい場所は、首や背中、肘や膝の裏などです。

それというのも身体が小さいのに、
汗腺の数は大人と同じだからです。

さらに代謝がよいことと、
身体の機能がまだ未熟であるため汗をかいて
体温調節をしているため大人の2~3倍の
汗をかくといわれています。

赤ちゃんやお子さんの場合の対策としては
クーラーや扇風機を利用して、
汗をかかせ過ぎない環境作りを心がけます。

夏の赤ちゃんとエアコン!寝る時・布団は?

ただ、あまりに冷房漬けにしても
今後の身体の機能に影響を及ぼすので
最も暑い時間だけ使ったり、
直接風が当たらない様な注意を必要とします。

肌を清潔に保ち、
汗を流す為にシャワーなどを浴びるのも良いですが
石鹸などは1日1回使い過ぎない事もポイントです。

 

そして夏場でも乾燥しているので保湿を行い、
ステロイド外用薬を使う事に躊躇されると思いますが、
部位や月齢などでも強さは異なるので処方されたものを
正しく使えば短期間で治してあげることが出来ます。

痒さを伴うので酷くなれば、
”とびひ”や他の感染症の原因になるので
早期の治療・治癒が必要です。

スポンサーリンク

あせもの治し方、大人は?顔は?全身は?

大人でもあせもはなります。
場所もお子さん等と同様に首や背中、
汗が溜まるウェスト部分など。

ただ特に困るのは
女性の場合にはメイクをするので
ファンデーションのりが悪く憂鬱ですよね。

首筋なども出来ると目が行く場所なので
早々に治してしまいたいところですね。

まず対策としては汗をかいたら拭う事。

とはいえゴシゴシと摩擦を起こさず、
清潔なハンカチで抑える様に!
首周りも同様に拭う事ができますよね。

ハンカチは数枚持ち歩く方が
よいといえます。

顔のあせもを改善させる方法で、
緑茶や紅茶を煮出したもので洗顔や、
古くより利用されているドクダミを煮出したもの
もしくは化粧水を使ってみてください。

お子さんなどでも使えるので
安心して使う事ができます。

また、全身の場合には汗をかいたら可能なかぎり
シャワーをあびて汗を流しましょう。

あせもの治し方、原因はシャンプー?

顔や首筋といった部位に出来るあせもには、
いちがいに汗のせいとは言い切れない場合があります。

シャンプーを最近変えたとか、
シャワー時間が短くなったといった場合、
シャンプーなどの洗い残しの場合があります。

こうした原因が思い浮かぶ方の場合には、
シャワーを念入りにするだけでも改善します。

 

他にもネックレスや髪が長いといったことも
原因につながりますので、
首筋にあせもが出来た場合はネックレスをしばらくやめ、
髪も束ねるなど変えてみてください

スポンサーリンク

-健康・医療
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.