くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

夏の赤ちゃんとエアコン!寝る時・布団は?風邪の時は?熱中症対策に!

投稿日:

エアコン

近年、節電やエコの観点から
夏のエアコンの稼働を控える方も多い様ですが、

赤ちゃんは体温の調節がまだまだ未熟。

汗はかいた方が良いという意見や
熱中症になるから付けた方がいい

色々な考えや答えが交錯しています。

夏場の赤ちゃんへのエアコンの使い方は
どうしたらよいのかご提案いたします。

夏の赤ちゃんの布団の選び方は?

スポンサーリンク

夏の夜、赤ちゃんが寝る時のエアコンは?布団は?

”エアコンは赤ちゃんに悪い”

という考え方は性格の違いと同じで価値観などの
違いがあるのでどれが正しいというものは
基本、ないと思います。

「上手な使い方」を考えれば
決して悪いものではありません。

無理をして脱水症状を起こすよりも
はるかに安全できちんと睡眠がとれると思います。

住んでいる地域や建物の構造上などありますが、
湿度が高く寝苦しいならドライで室温を27度などで
快適に眠る事も出来ます。

直接風が赤ちゃんに当らない、
汗をかいているなら布団をかけない

もしくは温度調整で様子を見るといった
こまめなチェックでよりよく使えます。

スポンサーリンク

夏の赤ちゃんのエアコン、熱や風邪の場合は?

赤ちゃんが夏風邪をひいた際に、
エアコンはつけてもよいのか?

もちろん付けてもいいんです。
ただ、風の向きや温度、湿度は気をつけます。

暑い中高熱で苦しんでる姿は
見ていて逆にかわいそうです。

熱を出したり風邪の際には
約27度~28度を目安に。

 

ちなみに病院などでの新生児室の冷房設定は
おおよそ27度としています。

大人だと「ちょっと暑いかな?」
と感じる温度ですが気持ち暖かめが
赤ちゃんには最適としています。

夏の赤ちゃんとエアコン、熱中症対策につけっぱなしは?

赤ちゃんが熱中症になるのを恐れる気持ち、
子を想う気持ちはとてもわかります。

しかし、1日中涼しい場所にいる環境が長く続くと、
体温を調整する自律神経の発達に
影響を及ぼすので風邪や体調が優れない時以外は、

自分で汗がかける様な時間を作るのも
大切なことです。

室内でも熱中症は起こす危険性は非常に高く、
それでいてクーラーのつけっぱなしは
体によくない・・・ではどうしたらよいか?

室温も大切ですが、
まめな水分補給もとっても大切!

赤ちゃんは大人よりも全体的に
水分が多く呼吸や排泄など普通の生活内で
その水分が失われてゆきます。

食事からの摂取も可能なので、
あまり多く飲ませると逆に負担になるので
”体重1キロあたり=約100ml”が必要量の目安です。

甘い飲物なども適度に与えながら
基本は水かミネラルを含む麦茶などが最適です。

 

クーラーを付けない時間は、
窓を開けて風通しをよくし、
直接窓に太陽光が入らない様な工夫、

扇風機やサーキュレーターなどを
回すなど室内の空気を循環させるなども
おすすめです。

しかし、猛暑中出かけ先からの帰宅時
室内の気温が非常に高い時があります。

そうしたときは一旦過ごしやすい湿度まで
クーラーで下げ、そこから調整するとよいでしょう。

暑い空気を扇風機で回す事は
かえって赤ちゃんに負担にもなります

スポンサーリンク

-生活
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.