くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

冬の赤ちゃんの肌荒れの原因や症状!乾燥に注意!保湿クリームで対策!

投稿日:

赤ちゃんと母親

冬が近づくと、
赤ちゃんによっては、肌荒れがみられることがあります。

赤ちゃんといえば、すべすべの肌のはずなのですが、
生後2か月を過ぎた赤ちゃんの肌は、
実は大人の肌よりもデリケートです。

それでは、赤ちゃんは冬になると、
どのようにケアしてあげたらよいでしょうか。

スポンサーリンク

冬の赤ちゃんの肌荒れの原因は?

赤ちゃんの肌はとてもデリケートだと書きましたよね。
赤ちゃんは、大人よりも乾燥しやすいお肌の持ち主です。

冬場は、
関東方面など、乾燥しやすい地域の方は、
赤ちゃんのために、加湿器をたいてあげましょう

加湿器がない方は、コップ1杯の水を、
赤ちゃんがこぼさないように室内に置いてあげましょう
湿度の目安としては、湿度50%です。

そして、また、赤ちゃんの皮膚を清潔に保ってあげることも
大切です。
赤ちゃんの涙、よだれはいつも肌触りの良い布をぬらして、
優しくふき取ってあげることにしましょう。

入浴のときも、泡で出てくる赤ちゃん用のボディソープなどで、
優しく汚れを落としてあげましょう。

皮膚に汗や涙、よだれが残っていることで、 
肌荒れ以外の新たな皮膚トラブル、吹き出物ができる
などの症状が引き起されることもあるからです。

また、赤ちゃんにとって、
心地の良い衣服を着せてあげましょう。
赤ちゃんの肌に合わない衣服を、
お母さんが来ているだけで、
赤ちゃんの肌が荒れることもあります。
衣服のこすれにも、十分注意してあげてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌荒れで起こりやすい症状は?

乾燥しやすく、デリケートな赤ちゃんは、
肌をきれいに保ってあげたり、
湿度を高めにしてあげないと、
皮膚トラブルを起こすと書きましたが、
それは、主に吹き出物です。

赤ちゃんによっては、顔に出る赤ちゃんもいます。

見ているだけで、痛々しいですよね。

他の場合では、赤みをともなう乾燥状態に陥る
赤ちゃんもいます。

自分では症状を訴えられない赤ちゃんですから、
お母さんやお父さんが責任を持って、
ケアしてあげないといけないですよね。

冬の赤ちゃんの肌荒れに対する対策

冬の赤ちゃんの肌荒れに対する対策は、
赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげること
そして、湿度を高めにしてあげること、
そして、衣服を赤ちゃんだけでなく、
抱っこする人たちも、

赤ちゃんにとって心地よい生地にしてあげること、などを書きましたね。

あと一点は、保湿してあげることです。
これは大人と同じですね。

赤ちゃんを、赤ちゃん用の泡で出てくるボディソープなどで
優しく洗ってあげた後、
そのあとすぐに、保湿してあげてください。

推奨できるのは、伸びの良い乳液タイプの保湿剤です。
馬湯やワセリンなども良いようです。

もし、どれだけ保湿しても、
赤みが消えない、吹き出物が消えない場合は、
皮膚科を受診してあげてください。

けれど、たいていの場合、
清潔、湿度、衣服、保湿を守れば、
冬の赤ちゃんの肌荒れは防げるはずです。

冬の赤ちゃんの肌荒れに悩まされていらっしゃる保護者の方は
多いようなので、心配はしないでくださいね。

 

スポンサーリンク

-生活
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.