くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

納豆の成分や栄養価・効果とは?挽き割りは?混ぜる回数で変わる?

納豆

納豆は栄養がある!といいますが、
実際栄養ってどんなものが含まれているか
みなさん、ご存知でしょうか。

日本の健康食と呼ばれる「納豆」
栄養を知って上手に活用しましょう!

おとすりむ水戸納豆

納豆の栄養成分や栄養価とは?挽き割りは?

納豆の栄養素は断トツで良質な「たんぱく質」
原材料である大豆による賜物ですね。

納豆には通常の糸引き納豆と、
豆を割ったひきわり納豆と2種類の形状があり、
それによりやや栄養の含まれ方が変わります。

100gに含まれるたんぱく質や食物繊維などは
ほぼ同じですが、

皮膚や髪、爪を作り出すビタミンB2の量は、
糸引き納豆で0.56mg含まれていますが、
挽き割り納豆では0.36mgと少なくなります。

しかし、血液凝固や骨を助けるビタミンKは
挽き割り納豆が断トツに多く1300μg、
糸引き納豆で870μgです。

また、納豆といえば「イソフラボン」
1日75mgの摂取とされていますが、
納豆2パックでほぼ1日の摂取量が摂れてしまいます

イソフラボンは多く摂取すると
乳がんのリスクを高めるともいいますので、
サプリメントで摂っている場合には注意した方がよいでしょう。

他に抗がん作用であるセレンや、
動脈硬化や高血圧予防に働くサポニン、
納豆菌が作り出すネバネバの成分納豆キナーゼには、
血栓を溶かす作用があり心筋梗塞や脳梗塞などの防止になります。

スポンサーリンク

納豆の栄養、加熱や混ぜる回数は?バランスのいい食べ方、卵やオクラ、めかぶは?

納豆の食べ方にはそのままタレや薬味を入れて、
食べる事が多いと思いますが、
オムレツや味噌汁、天ぷらなどと加熱して食べる
楽しみ方もあります。

 

加熱に際して壊れてしまう栄養があるのか?
納豆のネバりにはムチンという粘性物質で、
粘膜の保護や風邪、便秘、動脈硬化などの予防に働きます。

ムチンはオクラやめかぶ、山芋などにも含まれますが、
加熱をしてしまうと壊れ作用しなくなります。

ただ、そこまで多くを考え過ぎてしまえば、
せっかく美味しく食べる方法があるのにもったいないです。

納豆だけで栄養を摂れる訳ではなく、
他の食材と合わせてバランスよく美味しく食べる事が重要です。

もちろん卵やめかぶなどといった粘りのある食材と
合わせて食べる事でより栄養価はあがります。

また、納豆は混ぜる回数を増やすと栄養が増えるといいますが、
納豆の有名メーカータカノフーズでの見解は、
栄養については混ぜる回数に影響はせず、
豆の周囲についている粘り成分に混ぜることで空気を含み、
まろやかな舌触りになるといった食感の面で勧められています。

スポンサーリンク

納豆の栄養、美容やダイエットには?

納豆の栄養による美容やダイエット効果は、
直接的なものではなく、
発酵食品の良さである
腸内環境を整える働きと、
納豆キナーゼの酵素の働きです。

 

また、ダイエットや健康に有効な食べ方は夜で、
血栓を溶かす作用を持つ納豆キナーゼは、
食後10~12時間持続し、

夕食に食べれば血栓が作られやすい睡眠後
6~8時間に予防する事ができ、
血液をサラサラにすることはむくみや冷えなど解消し、
ダイエットにも役立つという事です。

納豆を食べ過ぎると太る?体臭は?痛風や脱毛に!妊婦や赤ちゃんは?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

お茶・ティーポット
ウーロン茶の飲みすぎ、カフェインは?症状は胃痛や下痢?寝る前は?

ウーロン茶といえばダイエットに気を付けている方は よく飲んでいる印象がありますが …

豆腐
豆腐の電子レンジ・蒸し器での作る簡単な方法は?

豆腐は冷奴、湯豆腐、お鍋の具、味噌汁、麻婆豆腐、おでんなど様々な形で食卓を彩る食 …

ワイルドライス
ワイルドライスの栄養やカロリー!効果は?食べ方やレシピは?

「ワイルドライス」とても野性的なネーミングですが、米の一種ではありません。 マコ …

もやし
もやしの栄養やカロリー!キャベツ、きゅうりと成分比較!効果は?

ひょろひょろした子供を比喩して「もやしっこ」といいますが、もやしを馬鹿にしてはい …

栗
栗の圧力鍋や冷凍での簡単な皮の剥き方は?渋皮煮や栗ご飯の作り方!

栗の皮を剥くのはとても労力がいりますよね。 いつもうまく皮を剥くのに苦労をしてい …

ステーキ
ステーキの焼き方、焼き加減の種類!安い肉や冷凍肉の焼き方は?

美味しいステーキの焼き方ってご存知ですか? ただ単に焼くだけではそのお肉の旨味を …

足裏のマッサージ
朝・夜に足がだるい原因は?妊娠中に足がだるいのはなぜ?風邪の時には?

足が重くだるいと何をするにも やる気が起きませんよね。 こうした症状が慢性的に …

大豆
大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減少させて血流を促進するレシチンや、脂 …

ブロッコリー
ブロッコリーの茹でる場合、生の場合の冷蔵・冷凍の保存方法!期間は?

ブロッコリーはとても栄養価の高い野菜です。 含まれている栄養素は 風邪の予防や …

しめじ
しめじの栄養やカロリーや効能は?妊婦やダイエットには?加熱や冷凍では?

一年中をとおして、 市場に出回っているしめじはお値段も安定していて、 お財布にも …