機能性表示食品とは?トクホ(特定保健用食品)との違いは?

※本サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

健康志向の高まりとともに、日本で注目を集めているのが「機能性表示食品」と「トクホ(特定保健用食品)」です。
これらは一見似ているようで、その性質や規制には大きな違いがあります。
本記事では、機能性表示食品とトクホの違いを明確にし、消費者が賢い選択をするための情報を提供します。
健康への関心が高いあなたにとって、これらの食品群がどのように異なり、どのようなメリットやデメリットがあるのかを理解することは非常に重要です。

スポンサーリンク

機能性表示食品とは?

機能性表示食品とは、特定の健康効果を表示した食品のことを指します。
消費者庁に届出を行い、科学的根拠に基づく機能性の表示が許可されています。
これにより、消費者は自分の健康状態や体質に合わせて、機能性を考慮した食品選びをすることが可能になります。

この制度は2015年に日本で開始され、健康に対する意識が高まる中で多くの企業が参入しています。
機能性表示食品は、消化吸収を助ける、体脂肪を減らす、眠りを改善するといった特定の健康効果を持つ成分が含まれていることが特徴です。
消費者はパッケージに記載された情報を通じて、その食品がどのような効果を持つのかを明確に知ることができます。

次のセクションでは、機能性表示食品のメリットやデメリット(危険性)について詳しく解説し、その後トクホとの違いについても掘り下げていきます。

機能性表示食品のメリットやデメリット(危険性)

機能性表示食品のメリットとしては、消費者が自らの健康管理をサポートするための選択肢が広がることが挙げられます。
具体的には、科学的根拠に基づく健康効果が明示されているため、例えば血圧が気になる人が血圧を下げる効果が期待できる食品を選べる点です。
また、多種多様な商品が市場に出回っているため、個々のニーズに合わせた製品を見つけやすいという利点もあります。

一方、デメリット(危険性)としては、全ての機能性表示食品が全ての人に効果があるわけではないため、過剰な期待を持たないことが重要です。
また、機能性表示食品は医薬品ではないため、病気の治療や予防を目的としたものではありません。
不適切な使用や過剰摂取は健康を害することもあり得るため、製品の情報を正しく理解し、適切に使用する必要があります。

スポンサーリンク

トクホ(特定保健用食品)とどう違う?

トクホとは、「特定保健用食品」の略称であり、厚生労働省の承認を受けた製品のことを指します。これらは特定の健康効果が認められており、主に生活習慣病の予防や改善を目的としています。
トクホの大きな特徴は、その効果や安全性が政府によって厳しくチェックされている点です。

機能性表示食品との違いは、主に承認プロセスと表示できる健康効果の範囲にあります。
トクホは申請から承認までのプロセスが厳格であり、科学的根拠に基づく詳細な評価が必要です。
一方、機能性表示食品は企業が独自の科学的根拠に基づいて消費者庁に届出を行うシステムです。
そのため、トクホは機能性表示食品に比べてより厳密な健康効果の主張が許されています。

次のセクションでは、これらの情報をまとめ、消費者が健康食品を選ぶ際の指針を提供します。

まとめ

機能性表示食品とトクホ(特定保健用食品)は、どちらも健康を意識した食品選びに役立つ選択肢ですが、その性質と目的には大きな違いがあります。
機能性表示食品は消費者が自身の健康ニーズに合わせて選ぶための幅広い選択肢を提供し、科学的根拠に基づく特定の健康効果を打ち出しています。
一方、トクホはその効果や安全性が政府によって厳しくチェックされ、生活習慣病の予防や改善を目的とした商品が認定されています。

消費者としては、これらの食品を選ぶ際には、自分の健康状態や目的に合った製品を選ぶことが重要です。
また、製品の機能性に関する表示を正しく理解し、期待する効果が科学的根拠に基づいているかを確認することも大切です。
最終的に、機能性表示食品やトクホを選択する際には、それらの違いを理解し、自分の健康管理に最適な製品を選ぶことが求められます。

スポンサーリンク