くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

納豆を食べ過ぎると太る?体臭は?痛風や脱毛に!妊婦や赤ちゃんは?

納豆

好き嫌いはあるものの、
古くより日本の食卓にあがる「納豆」

発酵食品を食べる健康法などブームもあり、
毎日食べるという方も少なくなりません。

「1日にたくさん食べる!」という場合に、
納豆の食べ過ぎによる影響はあるのか?と
考える事はありませんか?

では、納豆の食べ過ぎによる影響や害について
ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

納豆を食べ過ぎると太る?

「納豆を食べ過ぎると太る」という事を耳にしました。

私自身も「えっ?」と思いましたが、
思えば大豆はとても栄養価が高い分、
カロリーもそこそこ蓄えている食材です。

たとえば・・・納豆100gでおおよそ200kcalあります。

ごはんは軽く茶碗1杯で160kcal程度なので、
100gの納豆を合わせて食べればそれなりのカロリーになります。

しかし、どうでしょうか?
100gもの納豆を1度の食事に摂る事はありません。

1パックでおよそ50g=100kcalということになります。

25分程度歩けば消費してしまうカロリーなので、
朝や昼間食べる程度であれば全く気にならないカロリーといえます。

夜食べる場合には、ご飯など炭水化物を控えて、
代替えするなら問題ない程度とも言えます。

スポンサーリンク

納豆の食べ過ぎは痛風に?害や病気、脱毛の原因?セレンとは?

生活習慣病予防に勧められる納豆ですが、
痛風の人は食べない方がいいとう話しを聞きます。

なぜ?と思うと思いますが、
実は案外知られていない痛風の原因物質
「プリン体」が多く含まれているのです。

プリン体は多くの食材に含まれており、
1日400mg程度と食事指導でも言われています。

納豆に含まれているプリン体は100gで113mg
1パックであれば56.5mg程度なので
毎日食べたとしても問題はありません。

なんでも「バランス」「~過ぎる」事はよくないこと!
納豆だけで起こりえる事ではありません。

しかし、納豆に含まれる「セレン」は注意が必要

セレンは本来、抗がん作用を持ち細胞の老化を防ぐ
といった効果をもたらすものですが、
過剰摂取することで、脱毛や吐き気、肝機能不全といった
中毒症状を起こすとされています。

その中毒症状を起こす1日の摂取量は、
約730μg~750μgとされています。

納豆100gで約235μgが含まれているので、
1パック約50g×5個程度食べると摂取量に相当します。

つまり、1日1~2パック程度なら
とくに気にすることはありませんが、
好きすぎて食べ過ぎる事は注意が必要になります。

納豆の食べ過ぎ、妊婦や赤ちゃんは?体臭は?

妊娠中や赤ちゃんの納豆の食べ過ぎは、
イソフラボンによる女性ホルモンのバランスの崩れや、
「トポイソメラーゼII阻害作用」による遺伝子異常が
示唆されています

 

大豆イソフラボンの1日の摂取目安の上限においては、
70~75mgとされているので、

1パックで平均29.4から36.8mg、
妊娠中は1パック程度に留めておくほうが無難ですね。

また、独特の香りをもつ納豆で、
体臭にも納豆の影響はあるのでは?と思われますが、
実際には体臭を抑える働きを持っています

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ

  関連記事

日本茶
煎茶・緑茶の違い、効能やカフェインの量は?番茶とほうじ茶の違い!

お茶というと沢山の種類がありますが、 日本のお茶である「煎茶」や「緑茶」 たくさ …

パイナップル
パイナップルの栄養やカロリーや効果は?生と缶詰の比較!妊婦には?

フルーツ売場でパイナップルを見ると、その派手な色や形に思わず見とれてしまいます。 …

葉が付いているかぶ
かぶの葉や茎の栄養やカロリー!根とは別物!妊婦や子どもに嬉しい効果!

かぶの葉は食べられると知っていても、根の白い部分と違い、使い切れずに余らせてしま …

アロエ
アロエヨーグルトの栄養やカロリーや効能は?妊婦は食べて大丈夫?

アロエヨーグルトといえば森永乳業ではありませんか? 緑色と白色のパッケージでお馴 …

カリフラワー
カリフラワーの保存方法や期間!保存食はピクルス!大量消費のレシピ!

ブロッコリーに比べると地味な存在ですが、 カリフラワーの栄養素は がんの予防効果 …

パセリ
パセリの栄養やカロリー・効果は?妊婦さんには?注意点は?

パセリはせり科の二年草で、料理の付け合わせでよく見かけます。食べるとちょっと苦い …

みょうが
みょうがの栄養成分・カロリーは?どんな効果がある?妊婦さんには良い?

暑い季節、みょうがを素麺や冷奴の薬味として召し上がる方が多いのではないでしょうか …

ニンジン
にんじんのカロリーや栄養・効果は?葉には?妊婦に良い?悪い?

ニンジンは緑黄色野菜の中でも栄養価が非常に高く「緑黄色野菜の王様」とも呼ばれてい …

豆乳
豆乳ヨーグルトの簡単な作り方!玄米や乳酸菌、ケフィアでは?効果は?

ヨーグルトは牛乳だけに限らず、豆乳からも作れるのはご存知でしょうか? 大豆製品は …

油・オイル
グレープシードオイル(ブドウ種子油)のカロリーや栄養、効果・注意点?

グレープシードオイルは、 ブドウの種子を乾燥させ圧搾し精製されます。 このオイル …