くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

じゃがいもの保存方法は常温・冷蔵?保存期間は?保存食は?

じゃがいもを上手に保存して、
料理に活かすには?保存法から保存食レシピまでをご紹介

ジャガイモ

じゃがいもをスーパーで安く手に入ってたくさん買ってきたけど
どうやって保存するのが一番いいのか?ちゃんと知っていますか?

じゃがいもも保存方法を間違えると、
使えなくなることもあるのです。

上手なじゃがいもの保存方法と、長期保存する方法
保存食レシピまでをご紹介します。
これでじゃがいもを100%活用して上手に美味しくいただきましょう。

じゃがいもの栄養やカロリー・効果は?イモ類の比較!芽は?妊婦には?

スポンサーリンク

じゃがいもの保存方法は?常温・冷凍・冷蔵?

初めに、じゃがいもに向いている保存方法についてご紹介します。
じゃがいもは、真夏の暑い時期以外は常温で、
出来るだけ風通しのいい場所に
保存しておくのはよく知られていますね。

では真夏はどうするのか?真夏には冷蔵保存がお勧めです。

買って来た時のビニールなどの袋から出して、
レジ袋などの内側に新聞紙を敷き詰めた袋に入れて
口をしっかりと縛って
冷蔵庫の野菜室(5℃~10℃がベスト)に保存しましょう。

もし、じゃがいもが湿っているような場合は、
風通しの良い日陰でしっかりと乾かしてから
冷蔵保存するようにしましょう。
冷凍保存はそのままの状態で冷凍するとスカスカになり食感が悪くなってしまうので、
お勧めできません。

一度加熱してマッシュ状にしてから冷凍するのがお勧めです。
凍ったマッシュポテトを使う時は自然解凍をして、
ポテトサラダやコロッケに使いましょう。

スポンサーリンク

じゃがいもの保存期間は?期限?長期保存する方法は?

じゃがいもは実は低温の場所で寝かせておくと、
低温で働く酵素の影響で
糖度が徐々に上がっていきます
低温糖化をさせるための倉庫を持っているという農家の方もおられます。

冷蔵庫などの低温を保てる場所に保存しておけば、
ゆっくりと甘みが増していくのと、
有毒とされる芽の成長も抑制することが出来るのです。

安売りでたくさん買ってきたじゃがいもも、
先ほど述べたようにして
冷蔵保存すれば半年は保存することが出来、
みずみずしい美味しいじゃがいもがいただけます。

じゃがいもの保存食のレシピは?

それでは次に、
じゃがいもを使った保存食のレシピをご紹介します。

保存食は上手に保存できるだけでなく、
いろんな料理にどんどん活用できるので
食事作りの一助になり、とても便利ですね。

ひき肉とじゃがいものカレー炒め

冷蔵で3日ほど保存可能です。
卵で巻いてカレー風味のオムレツや
チーズをのせてグラタンにしても美味しくいただけます。

材料(2人分)
 じゃがいも  1個
 玉ねぎ    1/2個
 ピーマン  1個
 ひき肉    50g
 ニンニク   少々
 カレー粉  小さじ1
 塩     小さじ1/2
 こしょう  少々

作り方
・2㎝角にじゃがいもを切る。細長く切ってもいいが、お弁当などにはこの方が便利
・耐熱容器に入れて電子レンジ600wで4分ほど過熱してじゃがいもを柔らかくします。
・玉ねぎは薄切り、ピーマンは縦方向に細切りにします。
・フライパンに油を引いてにんにくを炒め、香りを出します。
・ニンニクが充分温まったら、玉ねぎを炒めます。
・玉ねぎがしなっとしたら、ひき肉を入れて炒めます。
・玉ねぎとひき肉の両方に火が通ったらピーマンと柔らかくなったじゃがいもを入れて炒めます。
・全体に火がしっかり通るように炒めたら、カレー粉、塩コショウを振ってよく混ぜ合わせます。

ここで味見をして、塩気が少なかったら塩で調節して、出来上がり!

電子レンジで作れちゃうポテトサラダ

電子レンジで簡単に作れるポテトサラダです。
冷蔵で3日ほど保存可能です。
春巻きの皮で巻いてあげてもよし、
コロッケにしてもよし、
パンで挟んでサンドウィッチにするもよし、
色々と使えます。

材料(2人分)
 じゃがいも    2個
 キュウリ     1/2本
 ニンジン     1/2本
 スライスチーズ  1枚
 マヨネーズ    お好みで適量
 塩        少々(味見して調節します)

作り方
・じゃがいもを洗って袋に入れ、レンジの「根菜」を選択して茹でる
 ニンジンは細かいいちょう切りにしてから、同じようにして茹でておく
・キュウリを細い輪切りにして塩を振り、水分を出しておく。
・茹であがったじゃがいものかっを熱いうちに剥いて、つぶしておく
・茹であがったニンジンもじゃがいもと混ぜて、そこにスライスチーズを混ぜる。
 温かいうちに混ぜることでチーズが溶けて美味しくなります。
・キュウリの水けをしっかりと絞って入れる。
・マヨネーズを混ぜて味付けし、最後に塩で味を調節したら、完成です!

じゃがいもの保存方法と、保存食レシピをご紹介しました。
常温で風通しのいい日陰で保存するよりも、
冷蔵庫で保存する方が甘みが出ますので、
上手に保存して美味しくいただきたいですね。

保存食レシピも活用して、じゃがいも料理のバリエーションを豊富にしましょう。

スポンサーリンク

 - ビジネス, 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

ポタージュ
ポタージュの栄養や効果は?野菜の栄養素は減る?作り方は?

ポタージュで代表的なのは、コーンですが、他にもほうれん草やかぼちゃなどを使い、野 …

ほうれん草
ほうれん草の栄養や効果は?妊婦や赤ちゃんにも良い効能が!

お浸しや胡麻和え、野菜炒めなど、食卓に上る機会も多いほうれん草。 どちらかという …

ニラ
ニラの保存方法は冷蔵・冷凍?保存期間は?保存食のニラ醤油レシピ

鍋料理に入れても、炒め物にしても、また生食でも美味しいニラですが買ってきてすぐに …

しじみ
しじみの栄養やカロリー・効果!子どもや妊婦には?冷凍では変わる?

貝類の中でもなじみのある美味しいしじみ。 比較的手に入りやすく食卓のメニューに加 …

甘酒
甘酒のカロリーや栄養や効果は?簡単なレシピは?美味しい飲み方は?

日本では、古代から伝統の飲みものとして存在していると言われ、甘くてどろっとした栄 …

マカダミアナッツ
マカダミアナッツオイルの栄養・効果?使い方・食べ方?注意点は?

一昔前は「油は体に悪い!」といった風潮が大勢でしたが、 昨今では、健康に美容に良 …

ココナッツオイル
ココナッツオイルの認知症予防・改善への効果!摂取量や使い方は?

ダイエットや健康にと注目されている ”ココナッツオイル” 認知症の予防や改善にも …

牛乳
大人が牛乳で下痢をする原因、時間は?ダイエットは?対策・改善方法は?

牛乳を飲むとどうしても下痢をしてしまうという方いらっしゃると思います。 お腹がゴ …

ピーマン
ピーマンの苦くない方法!焼肉、焼きそば、野菜炒めの切り方!

ピーマンは、水溶性のビタミンが含まれているため、炒め過ぎると栄養価を失ってしまい …

カシューナッツミルク
カシューナッツミルクとは?作り方!カロリーや栄養、効能?眠気に?

ナッツ類は栄養価が高いことで知られていますが、 なかでもカシューナッツは 亜鉛を …