くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

マカダミアナッツのカロリーや栄養は?効果は?妊婦や子供には?

マカダミアナッツ

最近、小腹が空いたらお菓子ではなく、ナッツを!という言葉をよく聞きませんか?

美容にはもちろん、コレステロールの抑制も期待できるため、健康にも良いと言われています。

一口に「ナッツ」と言っても、いろいろ種類がありますよね?
今回は、そんなナッツ類の中から、「マカダミアナッツ」を取り上げて、その栄養価について見ていきましょう!

スポンサーリンク

マカダミアナッツの栄養とカロリー

ナッツ類の中でも、カロリーが高いイメージのマカダミアナッツですが、実際のカロリーはいかほどなのでしょうか。

殻を剥いた状態のマカダミアナッツ100gのカロリーはおよそ720kcalです。
1粒で15kcalで、1日の理想摂取量が5、6粒だと言われています。

ですから、1日5、6粒だと100kcl未満で済みます。
こう考える思ったより、高くないように思いませんか?

スナック菓子よりもカロリーは抑えられて、腹持ちも良く、栄養価も高いらしい、
となれば頼もしい存在です。

では、そんなマカダミアナッツに含まれる栄養成分にはどういったものがあるのでしょうか?

主な栄養素としては、カリウムやマグネシウムが挙げられます。
マカデミアナッツの優秀な点は、3大栄養素である脂質、たんぱく質、炭水化物を含み、
その上、ミネラル類、ビタミン及び食物繊維や抗酸化物質までバランスよく含有していることです。

スポンサーリンク

マカダミアナッツの栄養の効果と注意点

マカダミアナッツは実は、栄養価が高く、そのバランスも優れていることが分かりました。
では、その栄養にはどのような効果があるのでしょうか。

マカダミアナッツが含む一価不飽和脂肪酸のひとつオレイン酸には、コレステロール値を下げる効果があります。

しかも、オレイン酸には、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールは減らし、動脈硬化の防止に働きかける善玉コレステロールは維持させる性質があるのです。

また、、オレイン酸には、胃腸の働きを活発にし、腸内環境を整える効能もあります。
便秘の改善されたり、胃潰瘍の予防にも効果があると考えられています。

同じくマカダミアナッツに含まれる一価不飽和脂肪酸にパルミトオレイン酸があります。
パルミトオレイン酸は、人の皮脂を構成し、脳血管の奥にまで入り込める性質があります。
ですから、酸化しにく性質も手伝って、美肌効果や血管を丈夫にする効果があります。
血管を丈夫にするということは、脳卒中や老人性の認知症にも予防効果が期待できると言われています。

マカダミアナッツにも含まれるミネラル類、そのひとつであるカリウムは、ナトリウムを調整することで体外へ余分なものを排出してくれます。
そのため、女性が気になるむくみを予防・改善する効果が期待できます。
加えて、高血圧の予防にも効果を発揮します。

含まれる脂肪は良い脂肪であることが分かったとはいえ、いいことずくめだからと言って、やはり食べ過ぎは禁物です。
カロリーの摂り過ぎにならないよう、注意しましょうね!

妊婦や子供にとってのマカダミアナッツの栄養

カロリーが高いということで、妊娠中にはマカダミアナッツなどのナッツ類の摂取を避ける人もいるようですね。

ですが、マカダミアナッツは栄養をバランスよく含む食材です。
三大栄養素のひとつであるたんぱく質は、筋肉や、髪、爪を作り、血液の一部でもあります。
生命を維持するために不可欠な栄養素です。

マカデミアナッツは体内で合成できず、食品からしか摂取できない必須アミノ酸を全種類含んでいます

そしてそのほとんどが最適な量なのです。
妊娠すると、髪や爪にダメージが出ることもあるので、手軽に摂取できるマカダミアナッツは妊婦の味方と言えますね。

妊娠中に必要な栄養素といえば、赤ちゃんの脳や神経を作る葉酸です。
マカデミアナッツは葉酸も少量ですが一定量含んでいます。

妊娠中の悩みである、むくみや便秘の解消にも有効です。

マカダミアンナッツでバランスよく栄養が補給できるので、子どものおやつにも最適です。

ですが、ナッツアレルギーがある場合もありますので、初めて食べさせる場合は少量与えて様子を見るのが良いかもしれません。

また、思春期頃のお子さんにはニキビができるのでは?と心配ですが、1日5、6粒の摂取ではそれほど気にする必要はないと言われています。

カシューナッツのカロリーや栄養成分とGI値!健康・美容の効果!

ピーナッツの栄養には驚くべき抗酸化作用が!生活習慣病予防にも効果あり!

ピスタチオのカロリーや栄養の効果効能は?他のナッツとの比較は?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

ティータイム
紅茶の効果!ダイエットや冷え性にはしょうが紅茶!飲み過ぎの量は?

何かと健康といえば緑茶などがあげられますが、 「紅茶」にももちろん身体に良い作用 …

竹の子
竹の子のあく抜き方法!糠がない時は?重曹や生米、米のとぎ汁を活用

春の訪れを感じさせてくれる筍、もういただきましたか? 期間限定の旬の竹の子、せっ …

大豆
大豆の食べ過ぎは太る?適量は!下痢・便秘・腹痛・腰痛や甲状腺の影響も

体によい栄養満点食材「大豆」加工品も多く手軽に栄養を摂る事が出来るので、多く食事 …

コーヒー
コーヒーの美容や健康の効能は?副作用は?インスタントも効果はある?

毎日何杯もコーヒーを飲む「コーヒー中毒」という人も多いと思います。 あまり飲みす …

カシューナッツ
カシューナッツのカロリーや栄養成分とGI値!健康・美容の効果!

日本人は食物繊維とカルシウムが不足しがちだと いわれています。 ナッツは食物繊維 …

アマランサス
アマランサスとは?栄養は?食べ方は?レンジを使った簡単下ごしらえ

次々と話題になる“スーパーフード”。 チアシード、キヌアに続いては、「アマランサ …

もち麦
もち麦とは?栄養や効果は?炊き方、レシピは?

ヘルシーな食材として人気を集めて有名なものに雑穀米があります。 雑穀米は色々な雑 …

コールラビ
コールラビの栄養やカロリーは?サラダや漬物おすすめのレシピは?

コールラビとはどのようなものか知っている方は多いでしょか? 初耳の方もいらっしゃ …

緑茶
緑茶の効果!風邪や認知症にいい!脂肪・血糖値・ダイエットは?

日本を代表するお茶である「緑茶」 日頃あまり飲まないという方は、 改めて注目して …

離乳食セット
離乳食の初期・中期・後期の野菜の進め方・注意点!いつか何を食べる?

離乳食を始めるのはいつからといえば 生後5~6か月になれば離乳を始められます。 …