くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

ピスタチオのカロリーや栄養の効果効能は?他のナッツとの比較は?

更新日:

ピスタチオ
ナッツは健康に良いと言われている食品のひとつで、
アーモンドやくるみの効能はあちこちで聞かれますが、
ピスタチオはどうでしょうか?

そこで、今日はピスタチオについて調べてみました。

スポンサーリンク

ピスタチオのカロリーや栄養成分は?

ピスタチオはウルシ科ピスタキア属の落葉樹高木で、
「ナッツの女王」って呼ばれるほど、栄養価が高く味も風味もよいのが特徴です。

栄養成分は、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンKなどのビタミン類、
鉄、銅、カリウムなどのミネラル、食物繊維が豊富です。

脂質では飽和脂肪酸が低く、
オレイン酸やリノール酸の不飽和脂肪酸が多く含まれています。

子供の成長ホルモンの生成や、
感染症など病気の際に必要なアルギニンも豊富に含まれています。

カロリーは100g当たり615Kcalです。
高カロリーですので、食べすぎると肌荒れや肥満の原因になってしまいますので、
一日に食べる量は40粒くらいが適量です。
小分けにして食べてもいいでしょう。

スポンサーリンク

ピスタチオに含まれる栄養の効果効能は?

ピスタチオは、ビタミン類を多く含んでいるので、
肌荒れや口内炎などを予防し、疲労回復効果があります。

また、鉄や銅が多いので貧血予防
カリウムは、塩分を体外に排出して高血圧を予防します。

また、不飽和脂肪酸のオレイン酸とリノール酸が含まれているので、
コレステロール値を下げます。

これによって、脳梗塞、心筋梗塞等の生活習慣病を予防することができます。
その他、便秘予防、白内障などの眼病予防、
糖尿病予防など、たくさんの効果・効能が期待できます。

ピスタチオの栄養やカロリーは他のナッツと比較してどう?

ピスタチオの成分を、他のナッツと比べてみましょう。

アーモンド

アーモンドは、ビタミンEが多く含まれ、ナッツの中で食物繊維が一番多いので、
便秘予防になります。
コレステロール抑制効果もあります。598KCal

カシューナッツ

カシューナッツは、ミネラルが豊富。
ビタミンB1は、疲労物質の蓄積を防ぎます。576KCal

くるみ

くるみは、オメガ3を多く含み、老化防止、美肌効果もあります。
天然のメラトニン成分を含んでいるので、不眠に効果があります。674KCal

ヘーゼルナッツ

ヘーゼルナッツは、オレイン酸を多く含みます。
糖尿病予防やアンチエイジング効果があります。684KCal

ピーナッツ

タンパク質、ビタミンEが豊富。
血液サラサラ効果があります。585KCal

ピスタチオ

ビタミン、ミネラルバランスが良いです。
ルテインとゼアキサンチンが多く含まれ、
目の健康維持や、紫外線の活性酸素から目を守るほか、
眼精疲労や視力低下・眼精疲労回復にも役立ちます。615KCal

ご自分の気になる症状によって、食べ分けてもいいですね。

他のナッツ同様、ピスタチオにもたくさんの
効能があることがおわかりいただけたでしょうか?

おやつに、お料理に、上手に取り入れて、毎日の健康に役立てて下さいね。

でも注意したいのはどれを見ても結構カロリーは高いので、
ダイエット中という人は、あまり食べ過ぎないように注意してくださいね。

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.