くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

スイカの栄養やカロリー・効果は?種の栄養は?食べれるの?

投稿日:

スイカ

夏と言えばスイカというほど、お似合いの食べ物ですね。
赤い実に黒い種がプツプツと付いているだけで食欲をそそります。

スイカは、ほとんどが水分ですが、意外と栄養成分が含まれているのは、御存じでしょうか。
そのスイカの栄養について、ご紹介します。

スポンサーリンク

スイカの栄養成分や栄養価は?どんな効果効能があるの?

スイカの栄養成分と栄養価 100g当り 文部科学省食品成分データベースより

カロリー37g
水分89.6g
たんぱく質0.6g
脂質0.1g
炭水化物9.5g
ナトリウム1g
カリウム120mg
カルシウム4mg
マグネシウム11mg
鉄0.2g
βカロチン830μg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB2 0.02mg
葉酸 3μg
ビタミンC 10mg
植物繊維 0.3g

カロリーは、ご飯やアボガドの約1/5、玉ねぎと同等の果実の中ではかなりの低カロリーです。

全体の栄養価は低いですが、栄養はバランスよく含まれています。
特にβカロチンや赤い実の成分のリコピンが多く含まれています。

・カリウム・・・ナトリウムによる血圧上昇を抑制し、筋肉の動きも良くします・・・高血圧防止・疲労回復・利尿作用などの他夏バテに効果があると言われています。

・βカロチン・・・体内で必要な分のビタミンAに変換されます・・・活性酸素の除去や免疫力を高めます・・・がん予防・老化現象の抑制・美肌効果・夜盲症の予防に効果が期待できます。

・リコピン・・・抗酸化作用により血流改善・生活習慣病の改善・肥満予防などに効果があるといわれます。
あまり食べることはないと思いますが、スイカの皮にも栄養は含まれています。

皮には実よりも多くシトルリンが含まれ、血管を拡張結構の流れを良くし、冷え性や肩こりに効果が期待できます。ジュースなどを作る際には、皮ごとミキサーにかけてジュースなどを頂けば、肩こり・解熱・利尿作用・むくみ改善などに効果があると言われています

スポンサーリンク

スイカの種は食べることができるの?栄養はあるの?

スイカを食べると種を取るのが面倒ですね。
私の場合は実と種を一緒に食べて種だけペッと出しています。

少量であれば食べても、体には問題が無いようです。
スイカの種には、植物性たんぱく質やビタミン類が含まれ、体のむくみや滋養強壮・血中の中性脂肪やコレステロールを下げる効果があると言われています。

ただし、種をそのまま食べても体内で消化されないので、そのまま排出されます。

また、そのまま食べても美味しい訳ではなく、種を炒めたり、種皮を剥いて味付けして食べる方法もあるようですが、そこまでして食べなくても良いような気がします。自分のお好みですね。

妊婦さんにスイカはどうでしょう?

妊婦さんにスイカを食べさせるのは、結果的には問題はないと言われます。

スイカは約90%が水分なので、水分補給に良く、カリウムの利尿作用があるので、妊婦さんの夏バテ防止にも良い果物です。

スイカの栄養により、高血圧予防や抗酸化作用、疲労回復、体のむくみ解消などに期待ができます。

ただし、1日の摂取量は200g程度にした方が良いでしょう。
食べ過ぎると下痢などになる恐れがあるので、注意する必要があります。

桃の栄養やカロリー、効果は?皮は?缶詰では?妊婦には?

ゴーヤの栄養成分やカロリー・効能は?妊婦さんには体を冷やすけど良いの?

キャンプの持ち物リスト!必要な物は?服装は?子供や女子の場合は?

 

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-, , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.