くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

バナナの食べ過ぎは太る?カロリーは?カリウムは?病気やアレルギーは?

投稿日:

バナナ

バナナは栄養も満点で、あまくておいしいので
ついつい1本2本と食べてしまいますが、
これって食べ過ぎたらどうなるの??

今回、バナナと食べ過ぎ、
気になるところをまとめました。

スポンサーリンク

バナナの食べ過ぎは太る?バナナチップスは?量は?

バナナというと、美容や健康の為等に、
最近ではスムージーに入れたりそのまま食べたり、
中にはシリアルなどと一緒に食べたりすると思います。

バナナのカロリーってご存知ですか?

100gで80kcalと言われていて、
多くは少し太めのバナナなどは180g程度あります。

皮を剥くと約120g程度となり、
そのカロリーは約105kcal程度となります。

2本食べればご飯1杯分以上のカロリーとなります。

ただ、ダイエットなどで気にする面は「糖質」
バナナも糖質を含む果物ですので、
カロリーよりもここに注目していただきたいです。

100g中の糖質は20gとされていて、
糖質制限食を強いられている方などでは、
1日の糖質摂取量は40g以下を目標とされているので、
2本食べると食べ過ぎと言ってもよいでしょう。

朝の脳の栄養や長い時間エネルギーになる糖分なので、
朝のうちに食べる方がポイントです。

 

また、バナナチップスは生のバナナよりも
オイルで揚げているためカロリーがグンとあがります。

65gでおよそ340kcal・・・食べ過ぎれば
太るということになります。

スポンサーリンク

バナナの食べ過ぎ、病気、カリウムは?

バナナは体の余分な塩分を排出し、
むくみの改善などによいという働きを持つ反面、
体を冷やし、腎臓が弱い方が食べる場合には、
食べ過ぎに注意したい果物です。

大きめのバナナ1本でカリウム400mg程度とされ、
果物の中でも特に多く含まれています。

腎臓が弱い方の場合は1日2000mgに制限されてるので、
他の食材との兼ね合いもあるので注意しましょう。

バナナの食べ過ぎ、妊娠中や赤ちゃん、幼児は?アレルギーは?

つわりで食事が取れないなどといった場合に
バナナは食べやすく栄養補給にとてもよいですよね。

 

日に何本も食べれば初めにお話した通り、
糖質の摂り過ぎとなってしまい、
長期に渡ってバナナばかりを食べる生活を続ければ、
妊娠糖尿病などといった可能性も少なくありません。

他、若いバナナを好む場合には”シュウ酸”も含まれているので
尿路結石を発症させるなんてこともあります。

さらに、赤ちゃんや幼児にもおやつ代わりや
離乳食としても持ち要りますが、

そこで考えるのが「アレルギー」
バナナなど他にも原因はありますが、
いわゆる食物アレルギーというものですが、

他の食材なども同じですが長期に渡って
多く食べさせすぎる様であればゼロではありません。

中に割と早いうちから毎日半分ほどのバナナを食べても
アレルギーにならない子もいればなる子もいます。

消化器系が未熟なうちに食べ過ぎると
よくないという話を耳にするので心配な様であれば、
2~3歳あたりから少しずつ与えるというご家庭もいる様です。

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-, , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.