くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

大人のあせものできやすい部位や原因は?ストレス?食べ物との関係?

医者と看護師
以前は公共交通機関や
百貨店・オフィスビルは
寒いくらいに空調されていることが
多かったと思います。

ところが最近はクールビズなどで
エアコンの温度設定を28度に設定するなど
あまり低い温度での空調をしているところは
少なくなりました。

本来は環境のためには
いいことですが、汗をかきっぱなしになる、という
マイナス面もあります。

そのためでしょうか、子供に多い皮膚トラブル
というイメージがあるあせもも
大人でも困っている人が増えてきています

大人のあせものやっかいなところは
顔・おでこ・背中・首の周り・
肘や膝の内側・おなかまわり・
女性の場合は胸のあたりなど
わりと目立つところや
痒くても対処できにくい部分に
できやすいところです。

あせもを予防する一番の方策は
汗をかいたら着替える」こと
ですが仕事をしている人は
そういうわけにもいきませんね。

スポンサーリンク

大人のあせもの原因

あせもの原因菌は黄色ブドウ球菌です。
人間の皮膚に常に存在している
常在菌、と呼ばれる菌のひとつです。

黄色ブドウ球菌の養分の素は「汗」です。

汗をかいたままにしておくとそれを養分として
黄色ブドウ球菌が多く繁殖してしまい、
あせもを引き起こすことになります。

それだけではなく、
汗をかいたままにしていることが多いと
汗をを出す「エクリン汗管」が
詰まってしまうことになります。

そのために汗を皮膚表面に排出することができず、
あせもの原因となることもあります

あせもの症状は大人も子供も変わりません。

一番多く見られるものでやっかいなのは
汗がたまったところにできる赤いブツブツ、
痒みもあって掻き出すととまらなくなります。

シャワーを浴びたりお風呂に入ったりすると
沁みたりしますね。

痒いので身体を洗うときに
ついこすりすぎて悪化させてしまうことも
あったりします。

治療にはステロイド系の
塗り薬を使うことが多いです。

効き目が早いのでありがたいものですが、
怖いというイメージのある人も多いでしょう。

定められた用法・容量をきちんと守って
正しく使えば効果のあるいいものです。

肌が弱くて心配、という人は
皮膚科で医師に診てもらってから
処方してもらうといいでしょう。

あるいは薬剤師の常駐している
薬局で相談して購入することも
いいと思います。

スポンサーリンク

あせもとストレス

ストレスが原因であせもになる、ということも
マレですがあるそうです。

あせもではありませんが、
ストレスが原因となって
「湿疹」ができることも
あるそうなので、
気をつけましょう。

ストレス発散のためにスポーツをする。
その後きちんと汗を流さずにいて
不衛生な環境になるとあせもができることも
あるかもしれません。

ストレスによってできるあせもは
できる仕組みは同じですが、
根本理由が違うのでやっかいです。

通常のあせもは汗をかいたままの状態が続き、
汚れなどとして汗腺が詰まってしまう
ということでできます。

ストレス性の場合は
ストレスによって汗腺が閉じてしまう
ということになるのです。

自分では気がついていなくても
強いストレスを感じていれば
腸の動きが悪くなって便秘になったり
逆に過敏になって下痢になったり
毛穴も影響が出て毛髪のトラブルがでてきたりしますね。

同じようなことです。

ストレス性のあせもは皮膚科で診てもらわないと
普通のあせもとは区別がつきにくいです。

清潔にしているしお薬もちゃんとつけているのに
なかなか症状が改善しないという場合は
診断を受けたほうがいいと思います。

あせもと食べ物との関係

食べ物に含まれる
ニッケル・クロム・コバルトといった
金属類があります。

人間の体内には
金属イオンというものがあるそうですから、
こういったものも必要です。

通常は摂取しすぎると
尿として排出されるそうです。

ところが夏の汗をかく季節には
汗の中にも含まれてきます。

それらが肌の上にたまってしまって
「かぶれ」を引き起こす、
あせもとなってしまうわけです。

それらの金属をたくさん含む食品は
あせもトラブルがあるときには
ちょっと控えるようにしたほうが
いいかもしれません。

それぞれ身体にいい食品でもあるので
量に気をつけながら
食べるといいでしょう。

ニッケル
玄米・そば・オートミール
海藻類・豆類・カキ・鮭・
ほうれん草・かぼちゃ・
レタス・キャベツ・
マッシュルーム・香辛料・
ワイン・ココア・チョコレート

に多く含まれています。

クロム
じゃがいも・たまねぎ・
マッシュルーム・香辛料
ココア・りんご・紅茶

コバルト
豆類・ナッツ類・
キャベツ・ホタテ貝

に多く含まれています。

あせも予防や対策としては、
痒みがひどいときには
保冷剤をあてて冷やしたりして
掻きむしることのないように。

シャワーで汗を流して清潔にするをおすすめします。

大人の水いぼはウィルス?できやすい部位は?治療方法は?

大人や子ども・新生児のあせものできやすい場所!原因や治し方

スポンサーリンク

 - 健康・医療 , , , ,

  関連記事

腰痛
腰のマッサージやストレッチのやり方!テニスボールは?妊娠中は?

腰の疲れやコリを取り除くといえば、 「マッサージ」ですよね! マッサージも正しく …

腹痛
o157とは?どんな症状?感染経路や予防や対策は?

O157が世間で騒がれていますね。 「怖いですねぇ~」 特に幼児やこどもがいる人 …

目をこする女性
目やにが出る原因や病気は?子供の場合は?アレルギー性、春季カタルなど

最近、目やにが多いなぁと感じたり、 目やにで視界が悪いと思ったりする事がありませ …

赤ちゃんと母親
産後うつ病の症状は?2つのチェックポイント!治療時の母乳は?

産後うつという病名をご存知ですか?赤ちゃんを産んだあとに、女性がかかるうつ病です …

お腹を抑える女性
妊婦と下痢!妊娠初期・中期・後期では?流産、早産の心配は?薬は?

妊婦さんは何かと体に不調を訴えるもの。中でも身近な「下痢」 妊婦さんではなくても …

ダニ
マダニの感染症!潜伏期間や症状や治療?ライム症や重症熱性血小板減少症候群?

アウトドアや外へ出かけると気を付けたいマダニによる感染症。 身近におり、丁度外に …

黄砂
黄砂アレルギーの原因や症状!何科で受診?治療は?花粉症との関係

春先になると、鼻がムズムズする、くしゃみや咳が出る、という人はいませんか?「季節 …

認知症
うつ病性仮性認知症の予防、改善方法!何科?検査や治療・薬は?

とても判別しにくい病気「うつ病性仮性認知症」は、お医者さんでもその診断を誤るほど …

めまい・立ちくらみ
鉄分不足の症状、爪や目でチェックは?頭痛も?ビタミンB12にも注目

何でもバランス良く取りたい栄養、 中でも不足しがちな「鉄分」 鉄分不足は様々な症 …

エコノミークラス症候群
エコノミー症候群予防には、体操・ストレッチ!グッズや予防薬は?

エコノミー症候群は、正式にはエコノミークラス症候群という疾病です。ロングフライト …