くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

ココナッツオイルでうがいのホワイトニング効果ややり方!歯磨きは?

投稿日:

ココナッツオイル

ちまたで話題のココナッツオイルですが、
うがいをするといいって知っていますか?

どうやって?どのタイミングで??
どんな効果を持っているの?

ココナッツオイルは食べるだけではなく
他にもいい作用をするんです!

今回はココナッツオイルの持つパワーの中でも
口の中にどんな作用をするのか注目して
ご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ココナッツオイルでうがいの効果は?ホワイトニング効果?

ココナッツオイルでうがいは「オイルプリング」と呼ばれ、
海外のセレブやモデルなどの間ではもはや当たり前。

オリーブオイルなどで行う方法もある様ですが、
ココナッツオイルがもつ効能によりもたらす
口腔内の環境を整える方法の1つです。

ココナッツオイルでうがいをすると得られる効果は、

虫歯予防、口臭、歯周病、歯肉炎、口内炎

といったものとホワイトニング効果を持っています。

その効果はココナッツオイルに含まれる
ラウリン酸」の働きによるもので、
強い抗菌作用や抗炎症作用によるもの。

また、ホワイトニング効果においては、
ラウリン酸が持つ天然の洗浄効果によるもので、
自然派シャンプーなどにも肌に悪い合成界面活性剤の
変わりに配合していることも多いです。

スポンサーリンク

ココナッツオイルでうがいのやり方は?方法は?夜?

ココナッツオイルで行ううがいは、
胃の中が空っぽの状態で行う「朝」それも
寝起きに行うこととしています。

口の中にスプーン1杯のココナッツオイルを含んで、
まんべんなく口の中に広がる様に歯と歯の間などにも
行き渡らせる様にぐちゅぐちゅとするだけ。

時間は10~20分行います
デトックス効果を得る為です。

時間が経ったらティッシュなどに吐き出して
捨てる様にしましょう。

ここで決して飲み込まない様に
注意してください!

また、排水口に流さないようにも注意が必要です。
なぜかというと、
ココナッツオイルは25度以下で固まってしまい、
そのまま吐き出すと固まって排水を詰まらせる
原因になるからです。

毎日行う事が一番よいですし、
1日3回食事後などに行っても問題はありませんが、
1回のうがいの時間が10~20分と長いので、
長続きさせることを考えると1回で十分ではないかと思います。

ココナッツオイルでうがい、固形の場合は?歯磨きは??

ココナッツオイルは夏以外では固形になっていることが
多いと思います。

先にも触れましたが25度以下では固まる性質があります。
むしろこれで固まらない場合には搾取方法に
加熱処理などされていてココナッツオイルの優れた成分が
得られないものです。

ココナッツオイルで得る場合には加熱せずに
搾取されたものを使うのがお約束です。

そして固形の場合はそのまま口に入れるだけで
じんわりと溶けて行きますので湯煎などせず
そのまま口に入れて溶けるのを待ってみます

口の中で転がしているうちに溶けてしまうほど
溶けがいいので気になりません。

また、歯磨きはオイルプリングを行った後、
歯磨き粉はつけずにブラッシングだけで仕上げます。

軽くすすぐ程度で充分です。

ココナッツオイルは食べても
うがいに使ってもと幅広く使える万能オイル!
まだ試した事がないという方は少量から始めて見てください。

ココナッツオイルの認知症予防・改善への効果!摂取量や使い方は?

スポンサーリンク

-健康・医療, 美容
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.