くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

ゆず茶に風邪予防や美肌効果が!簡単な作り方とおすすめの飲み方は?

更新日:

ゆず,柚子
寒くなってくると温かい飲み物が恋しくなりますね。
コーヒーや紅茶もいいものですが、カフェインの採り過ぎも気になるところです。
ほんのり甘くて美味しく・体も温まるゆず茶はほっと一息つきたいときにもなかなかいいものだと思います。

「美味しい健康茶」としても有名で
ゆず茶は風邪の予防や喉の痛みの緩和・美肌などの美容効果もあるといわれていますが、本当のところ
はどうなのか気になります。
ダイエットをしている人は甘みがあることで飲むのを迷っているかもしれませんね。

韓国のお茶として有名ですが、最近は国産のものもたくさんあります。
でも、健康によくて美容にもいい効果があるのならドリンクの選択肢から外してしまうにはは惜しい飲み物だと思います。

スポンサーリンク

ゆず茶の効能・効果

ゆず茶の成分は原料として使っているゆずによるビタミンCがあげられます。
ゆずにはレモンの約3倍のビタミンCが含まれているそうで、
まるごと使ってつくられたゆず茶はその豊富なビタミンCの効果をあますことなく利用できますね。

その他の栄養素ではカロテン・ビタミンB1,B2,B6,Eや葉酸・パテトン酸・クエン酸・カルシウム・カリウム・ナイアシンが挙げられます。

ビタミンCは美肌に必用なコラーゲンの生成に深く関わっていますし、
葉酸は妊婦さんはもちろん女性には大切な栄養素ですね。

身体を温める効果もありますから、冷え性の人だけでなく寒くなるこれからの季節には最適の飲み物ということができると思います。

爽やかな香りはリラックス効果も期待できます。

スポンサーリンク

オススメ簡単ゆず茶の作り方

ゆず茶はお湯のほかにソーダ割りにしたり、焼酎に入れたり・紅茶にいれても美味しいです。
飲む以外にもパンやホットケーキに塗ったりヨーグルトに入れたりしても美味しく食べることができます。

健康・美容効果を狙うなら毎日少しずつ、工夫して続けてみましょう。
お肉を焼いたときのタレつくりに使っても美味しいです。

採るのは一日のうちのどのタイミングでも構いません。

いろいろたっぷり使いたいという人のために簡単な自家製のゆず茶の作り方をご紹介しましょう。

輪切りや短冊にしたゆずを氷砂糖やハチミツと交互に重ねて密閉容器に入れるだけです。
2週間ほどで氷砂糖などが完全にゆずとブレンドされたらできあがり。
ゆずをよく洗うことと時々ビンをゆすってうまく混ざるようにするのがポイントです。

このシロップをお好みの濃さでお湯で割ればゆず茶になります。

国産柚子を使って自分でこだわりのゆずシロップでゆず茶を作っても楽しいですよ。オリゴ糖を使ってもお通じにも効果があるので、便秘解消でダイエットを気にしている人にもウレシイ飲み物になると思います。

ゆず茶とダイエット

ゆず茶で自体には残念ながら体重を減らしてくれるような働きはありません。
でも、豊富なペクチンが糖分の吸収を穏やかにしてくれます

コレステロールの抑制効果もありますよ。
新陳代謝を活発にしてくれる働きもあります
デトックス効果も期待できるので、身体の中からきれいになれますよ。

また、ゆず茶には砂糖のかわりにハチミツを使ったものがあります。
ハチミツには豊富な栄養がありますしカロリーも案外低いのです。

もちろんだからといっていくらでも飲んでいい、というものではありません。が、ダイエット中の飲み物としては甘味と不足しがちな栄養素が摂れる・デトックス効果もあるということで合格点でしょう。

ダイエット中は甘いモノを控えたりするので、こういうちょっと甘い飲み物がアレば満足できますよね。
そして、新陳代謝がUPしたり、等の吸収やコレステロールへの効能などで、結果的にダイエットにも効果があるといえるのではないでしょうか?

ゆず茶を味方にしながら小まめに身体を動かすことが「ゆず茶ダイエット」の秘訣だと思います。

スポンサーリンク

-フルーツ
-, , , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.