くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

ゴールドキウイの旬や収穫時期は?カロリーや栄養素。美容や健康によい?

更新日:

ゴールドキウイ

ゴールドキウイの旬や収穫時期や食べごろは?

最近ではキウイもいろいろな品種が増えてきていますが、今回はゴールドキウイ(ゴールデンキウイ)について書いてみます。

スーパーに行けば年中売っているイメージですが、それは、輸入物もあるためです。

収穫時期や旬の季節を抑えることで、値段も安く、糖度も高い美味しいキウイがいただけます。

種類によっても多少は異なるのですが、国産キウイでセスプリなどの黄色果肉のものは、収穫地域によっても多少異なりますが、10月下旬から11月上旬が旬の季節です。

ちなみにキウイは、洋梨と同様追熟果実なので、収穫後1ヶ月位市場には出回りません。

ニュジーランド産やアメリカ産などの輸入品もあるので、市場では大体年中出回っています。食べごろの選び方は、熟しているかを調べます。その方法は、キウイの芯の部分を縦に押して適度な柔らかさになっていることです。

スポンサーリンク

ゴールドキウイのカロリーや栄養成分は?

カロリーは、キウイ1個で約49kcalです。

キウイフルーツに含まれる栄養素は、ビタミンC、カリウム、食物繊維、アクチニジン(タンパク質分解酵素)、ビタミンEなどが含まれています。

その中でもゴールデンキウイは、ビタミンCやビタミンEが多く含まれています。

キウイフルーツは、様々なビタミンや食物繊維、ミネラルが含まれている割には、カロリーは低めなので、ダイエットに使っている女性も多くいます。

キウイダイエットで朝バナナダイエットと同じようにキウイを食べている人も多いようです。

スポンサーリンク

ゴールデンキウイの美容・健康に関するうれしい効能は?

キウイフルーツは、上で紹介しているような栄養価があります。

食物繊維は、整腸作用があり便秘予防などに効果があります。

ビタミンCは、ミカンのおよそ倍含まれていて健康面では、風邪予防、疲労回復や美容面では、肌荒れ予防美肌効果があります。

カリウムは、ナトリウムを体から排出する役割があり、むくみ解消、高血圧予防、長時間の運動による筋肉の痙攣の予防などの効能があります。

学会発表では、血糖値を下げる効果や、癌の抑制効果などの多くの健康に関する効果が発表されていて、『おもいっきりTV』や『あるある大辞典』、『はなまるマーケット』、『あさイチ』、『ためしてガッテン』などの情報番組でも度々紹介されています。

ちなみに、ビタミンを多く摂取したいのであればゼスプリなどの黄色果実のキウイフルーツ、食物繊維を多く摂取したいのであれば、ヘイワードや香緑などの緑色果実のキウイを食べるのがオススメです。
そのままデザートとしても食べていいですし、ヨーグルトに混ぜて食べても美味しいですし、ミキサーにかけてジュースやスムージーにしたり、タンパク質分解酵素をうまく活かして料理やソースにしたりと食べ方は色々あります。

ただし、ゼリーにする場合には、注意が必要です。

タンパク質分解酵素の働きでゼラチンが固まらないので、一度キウイを加熱して酵素の働きを弱める必要があります。

クックパッドやYouTubeなどにも色々な食べ方が紹介されていますので参考にしてみてください。

ちなみにキウイの栄養やカロリーは?でもキウイのことについて書いています。

スポンサーリンク

-フルーツ
-, , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.