くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ワイルドライスの栄養やカロリー!効果は?食べ方やレシピは?

ワイルドライス

「ワイルドライス」とても野性的なネーミングですが、米の一種ではありません。

マコモという日本でも沼や河川に生育している植物の種子で、北米大陸では古くから穀物として食されている食材です。

肥大した新芽もマコモダケといい食用にされますが、マコモダケが黒変したものは顔料としてお歯黒、眉墨、漆器に用いられ、日本でも馴染みの深いものです。

近頃スーパーフードとして、ヘルシーで美味しいと言われスープやサラダの具材として活用されています。

スポンサーリンク

ワイルドライスの栄養や成分は?

ワイルドライスの主な栄養100g当り 文部科学省食品成分データより

カロリー 21kcal
たんぱく質 1.3g
脂質 0.2g
ナトリウム 3mg
カリウム 240mg
カルシウム 2mg
マグネシウム 8mg
βカロチン 15μg
葉酸 43μg
ビタミンC 6mg 
植物繊維 2.3g

主な成分を見ると、低カロリー、低たんぱく質、低脂質であることが分かります。

玄米(ごはん)のカロリー(165kcal)の約1/8、タンパク質(2.8mg)と比較すると、約1/2です。

たんぱく質は多くはないですが、さつまいも(1.4g)や、さくらんぼ(1.2g)、バナナ(1.1g)などの果物と同程度です。

カリウムは玄米の約2.5倍で穀類の中でトップクラスです。
魚ではうなぎ(きも)より多く、まぐろの脂身と同程度です。

葉酸は玄米の約4倍でゆで大豆、めかぶわかめ、めざしを上回り、さつまいも、生卵と同程度です。

マグネシウム、βカロチン、ビタミンCも含まれており、バランスのとれた成分です。

スポンサーリンク

ワイルドライスの栄養の効果、効能は?

低カロリー、低脂質なので、肥満や糖尿病・高血圧・動脈硬化・脂質異常症を防ぎ、ダイエットに効果があります。

ナトリウムが少なくカリウムが多いので、ナトリウムによる血圧上昇を抑制することができ、
ナトリウムが過剰摂取された場合でも、ナトリウムとバランスをとり尿中に排泄するので、高血圧の予防や筋肉の収縮を正常に行います。

身体全体の新陳代謝を促進させるので、ストレスの軽減や老化防止に効果が期待できます。

葉酸は赤血球の造血作用、細胞の新生に必要な成分で、妊娠中の女性や胎児の正常な発育のためには不可欠な栄養素です。

ワイルドライスには葉酸が豊富に含まれているので、肌荒れ、老化防止などの美容や健康のため積極的に食することが良いでしょう。

サプリメント以外の葉酸には過剰摂取による健康障害が報告されていないので、妊婦さんも安心して食することができます。

ワイルドライスご飯、食べ方レシピは?

ワイルドライスの基本的な茹で方は、

①水でさっと洗います。

②鍋にたっぷり水を入れて、塩を少々とワイルドライスを入れます。

③30~40分(柔らかめが良い場合は40分)茹でて火から下ろし、ザルなどで水気を切ったらワイルドライスの出来あがりです。

ワイルドライスの代表的な食べ方、ワイルドライスご飯を紹介します。

ワイルドライスは白米よりも炊き上がりに時間がかかり、硬さが異なるので一緒に炊くと芯が残り食べづらくなる可能性があります。

白米と一緒に炊くときは、ワイルドライスを先に茹でて下拵えをしておきます。

下拵え済みのワイルドライスを白米と一緒に炊飯器で炊き上げるとワイルドライスご飯ができます。

合わせて他の具をいれると炊き込みご飯のようになり美味しくいただけます。

下拵えしたワイルドライスを直接食べてもプチプチした食感が楽しめますが、スープ、ピラフ、サラダなどの料理の具として使うと、より一層の香りと食感が味わえます。

ワイルドライスのレシピは、数多く公開されていますが、それらを参考に自分でオリジナルな
食べ方を考えるのも、とても楽しいと思います。

チアシードとは?栄養・カロリー!ダイエットに効果的な食べ方!危険?

フリーカの栄養成分や効果・効能は?ご飯、サラダのレシピは?

アマランサスとは?栄養は?食べ方は?レンジを使った簡単下ごしらえ

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

油・オイル
グレープシードオイル(ブドウ種子油)のカロリーや栄養、効果・注意点?

グレープシードオイルは、 ブドウの種子を乾燥させ圧搾し精製されます。 このオイル …

ピーナッツ 落花生
落花生の茹で方や炒り方!レンジやフライパン圧力鍋で料理するコツ!

ピーナッツって、ビタミンEと、必須脂肪酸が豊富で抗酸化作用があり、美容や、疲労回 …

キウイフルーツ
キウイの追熟方法!リンゴ・バナナ・みかんでできる?追熟剤とは?

キウイは、日本では一年中買うことができる栄養たっぷりの果物です。 でも、中には買 …

アスパラガス
アスパラガスの茹で方、時間は?皮は?電子レンジでは?保存は?

アスパラガスは茹でた方ちょっと難しい、そう思う事はありませんか? 茹で過ぎてしま …

おしるこ
おしるこの小豆からの圧力鍋での作り方!動画でレシピを紹介

甘くて美味しいおしるこ! 鏡開きの日や冬のイベント、 もちろんおやつにと食べる機 …

らっきょう
らっきょう酢の作り方、レシピは?賞味期限は?再利用でピクルスは?

らっきょう酢は市販でも売っていますが、たくさん漬けない場合や余らせてしまっても困 …

わさび
わさびの栄養や効果!寿司やステーキに使う理由?チューブでも同じ?

お寿司やそばを食べるときについているアレといえば、そう、わさびです。 そのまま食 …

ニンジン
にんじんの保存方法は常温?冷蔵?冷凍?葉は?期間や保存食をご紹介

栄養満点で、いろんな料理に大活躍のにんじんですが、冷蔵庫に入れておいたら、いつの …

竹の子
竹の子のあく抜き方法!糠がない時は?重曹や生米、米のとぎ汁を活用

春の訪れを感じさせてくれる筍、もういただきましたか? 期間限定の旬の竹の子、せっ …

しめじ
しめじの栄養やカロリーや効能は?妊婦やダイエットには?加熱や冷凍では?

一年中をとおして、 市場に出回っているしめじはお値段も安定していて、 お財布にも …