くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

シンバイオティクスとは?腸内の健康やダイエットにいい!

投稿日:

最近、腸から健康にということで、シンバイオティクスという言葉を聞くことがあると思います。
そのシンバイオティクスとは一体何でしょうか?
新しい腸内ケアと言われるシンバイオティクスの効果と摂取方法について、ご紹介します。

スポンサーリンク

シンバイオティクスとは?腸内の健康に良いって本当?

私達の腸の中には、腸内フローラと言われる、腸内細菌が約100兆個、約300種類住んでいる生態系があります。
その腸内細菌の中には、プロバイオティクスという腸の働きを良くする善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)がいます。
胃酸や胆汁酸などで消化されないので、腸まで届いて増殖し、腸内の腐敗物質を減らします。
この善玉菌の働きを助ける食品成分(エサ:オリゴ糖、植物繊維等)のことをプレバイオティクスと言います。

オリゴ糖は食事で摂ることができますが、サプリなどで定期的に補うことができます。
シンバイオティクスとは、これらのプロバイオティクスとプレバイオティクスをバランス良く組み合わせ健康状態を促進し、腸内環境を整える方法のことを言います。
既に臨床現場では、シンバイオティクス療法として注目され、健康効果の増大や手術の術前、術後の体調管理に効果があるとも言われています。

シンバイオティクスの効果を教えて?ダイエットにも良いの?

シンバイオティクスには、次の効果がある、または期待されています。
・腸内の環境改善・・・下痢症、便秘、整腸作用。

・発がんリスクの低減・・・実験では発酵乳の摂取により、乳がん、膵がん、大腸がんなどの発症の軽減、予防効果。

・免疫能調節作用・・・ウイルス感染やがんなどの免疫力を高め、予防や治療効果。

・アレルギーの低減作用・・・アトピー、花粉症などのアレルギーの低減作用。

・インフルエンザ感染予防・血圧降下作用・胃内ピロリ菌低減作用など。

また、シンバイオティクスの作用により、脂肪の吸収を抑制し体外への排出を促します。プロテインなどのたんぱく質と併用し筋トレをすることで、筋肉を増やし脂肪を減らす働きをするので、ダイエットにも効果が期待されています。

シンバイオティクスサプリにはどんなものがあるの?

シンバイオティクスは、主に食品やサプリで摂取します。
・プロバイオティクを増やす食品やサプリ・・・ヨーグルト、納豆、酒粕、ビフィズス菌、ぬか漬け、味噌、ケフィア、紅茶きのこ、キムチなど。

・プレバイオティクスを増やす食品やサプリ・・・豆類、キャベツ、ブロッコリー、芋類、きのこ類、寒天、とうもろこし、果物、たまねぎ、海藻類、バナナ、こんにゃくなど。
他にも、シンバイオティクス食品として、乳酸菌と植物繊維などを配合した「ビスコシンバイオティクス」や乳酸菌シロタ株と、ラクトオリゴ糖などを配合した「シンバイオティクスヤクルトW」などがCMで流され販売されています。
逆にプレバイオティクスを減少させる食品には、抗生物質、砂糖、穀類、遺伝子組み換え食品、食品添加物などがあるので、日常的に注意しましょう。

腸内フローラの増やし方、増やす食べ物や食品は?検査は?

R-1とは?いつ飲むの期間は?インフルエンザや風邪の予防になる?

 

スポンサーリンク

-サプリメント
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.