くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

BCAAとは?飲み方は?ダイエットには?メリット・デメリットは?

投稿日:

ダイエット

男性なら筋肉をつけるため、女性ならダイエットするのにBCAAという食品が効果があると話題になっているようです。
でもプロテインなら聞いたことがあるけど、BCAAはどんな食品?
試してみたいけど、どんなものかわからないと言う方が多いと思います。
そのような方に、BCAAとはどんな食品なのか、ダイエットに効果があるのかを、まとめたものをご紹介します。

スポンサーリンク

BCAAとは?どんな事に効果があるの?

BCAAとは、バリン、ロイシン、イソロイシンという必須アミノ酸のことを言います。
必須アミノ酸とは、人間の体内でつくることができない栄養素で、サプリメントなどの食品摂取でないと摂ることのできないものです。
人間のたんぱく質を構成する必須アミノ酸の約35%をBCAAが占めていると言われます。

BCAAは。筋肉を造る上で重要な栄養素で、筋トレやランニングなどの強度のある運動中に分解してしまう量がかなり多いようです。
運動により筋たんぱく質の分解が起こり、BACCも分解が促進されます。

BCAAの効果は、あらかじめBCAAを摂取しておくと、摂取したBCAAが筋肉中のBCAAに代わって分解するため、結果的に筋たんぱく質の分解を抑制することになります。
老人など筋力が弱ってきた方が、サプリメントのBCAAを飲んで適切な運動をすると、体力の衰えをカバーできると期待されています。

スポンサーリンク

BCAAはダイエットに効果があるの?メリットを教えて?デメリットは?

ダイエットは筋肉量を増やすことで、体の基礎代謝を増加させカロリーを消費し、太りにくい体をつくることだと言われます。
そして筋トレや運動と供に筋肉の分解を抑制するBCAAをサプリメントで飲むことで、より効果が上がります。BCAAは薬局や通販でも、ご購入できます、
BCAAには、主に次のメリットがあります。

・筋肉アップ及び維持・・・ダイエット時の筋トレで破断された筋肉が回復するときの栄養になり、筋肉アップと維持に効果が期待されています。

・持久力の向上・・・疲れにくくなり、持久力の向上につながります。

・疲労回復・・・運動で疲れた筋肉や筋肉痛の軽減の効果があると言われています。

・肝機能の向上・・・日常の疲労で運動による肝臓が疲れているときに飲むと良いでしょう。

デメリットは、副作用ではないですが、過剰摂取するとたんぱくの過剰部分は、尿として排泄されます。その時に腎臓に負担がかかり、腎機能障害がこす可能性があるので、注意しましょう。

BCAAの効果的な飲み方は?摂取量はどのくらい?

ダイエット時に飲むタイミングは、運動前30分以内、運動中、運動後30分で、最も効果的なのは運動後と言われます。筋トレしない日でも、筋肉は回復をしているので、1日1回位は飲んでも支障はありません。

摂取量は1回当たり5~6gで良いでしょう。
体重の重たい方であればもう少し接収量を増やしても良いようです。
BCAAを効果的に飲むには、適切な運動が必要で、運動と供に長期間飲むことをオススメします。
また、筋肉強化や瞬発力を高める栄養素の中に、クレアチンがあります。そのクレアチンとBCAAを併せて飲むことで、さらに運動機能が高まるのが期待できます。

プロテインはどんな時に飲む?飲み方や味は?女性のおすすめは?

プロテインの飲み過ぎは肝臓や腎臓の病気に?腹痛や吐き気?量は?

プロテインを飲むと太る?体重を増加させるためのプロテインは?

 

スポンサーリンク

-サプリメント
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.