くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

10月の誕生石は?オパール以外は?宝石言葉の意味や伝説由来は?

投稿日:

オパール

過ごしやすい季節の10月。
さわやかな風が吹き、行楽にぴったりな時季でもあります。
そんな10月の誕生石はどんな石なのでしょうか。

スポンサーリンク

10月の誕生石は?オパール以外は?

10月の誕生石はオパールです。
幸せなエネルギーを放ち、幸福の石とも呼ばれています。
ラテン語で宝石という意味からやギリシャ語で目という意味からきていると言われています。
和名はたんぱく石です。
そのように言われるようになったのは、ゆで卵の白身のところに形が似ていたからと言われています。
とてもやわらかい石で注意しないとすぐに割れてしまいます。
プレシャスオパール、ブラックオパール、ファイヤーオパールなど様々なオパールがあります。

オパール以外の誕生石として
トルマリン、
ローズクオーツもあります。
宝石言葉は希望・潔白・寛大です。

昔、アムステルダムの宝石商が暖かい日なたに置いてあったトルマリンにほこりが付いたことから静電気が発見されました。
クリア・ホワイト・ブラック・グリーンなど様々な色があります。

ローズクオーツは水晶の一つでピンク系統のもののみがローズクオーツとして呼ばれています。
宝石言葉は恋愛・優しさ・情緒です。色あいから恋愛に力を持つ石として女性に人気です。

スポンサーリンク

10月の誕生石の宝石言葉の意味は?効果は?

オパールの宝石言葉は幸運・幸せ・人生を謳歌するなどです。
幸せなエネルギーを持つオパール。自身に満ち足りていないなと感じるとき、オパールを持つことで幸福感を補ってくれると言われています。

自身が満たされていない時、人の幸せを祝うことが出来そうにない時はオパールを持ってみるのもいいかもしれません。

10月の誕生石の伝説や由来は?

古代からオパールは幸せになれる石として信じられ、様々な伝説も語り継がれてきました。

その中からオーストラリアの先住民であるアボリジニーの伝説を紹介します。
昔、ある狩人が昼寝をしていたら、キラキラ輝くカンガルーが出てきました。長く追いかけ、やっと捕まえ、やりで一突き。
おなかがすいた狩人はすぐに火を起こし食べました。

でも、すべてを食べきることが出来ず、土に埋め、次の日に食べることにし、目印にやりを立てたというところで目覚めました。
それがあまりに鮮明だったため、その場所を探すことにしたところ、やりが立つ場所があるではありませんか。
その場所を掘ってみると、キラキラ輝く石が出てきたということです。

幸福の石と呼ばれるオパールを身につけ、幸せに過ごしたいですね。

9月の誕生石サファイヤの宝石言葉の意味は?効果は?伝説や由来は?

8月の誕生石のペリドットの石言葉は?意味や由来や効果をご紹介

7月の誕生石のルビー由来や効果は?パワーストーンでは何がある?

 

スポンサーリンク

-誕生石
-, , , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.