くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

フルーツトマトの栄養や効果は?トマトとの違いは?人気の食べ方!

投稿日:

フルーツトマト

小さいからと馬鹿にしてはいけません。
フルーツトマトはその小さな個体に、高い甘みとずっしりとした豊富な栄養を秘めています。

文字通りフルーツと言えるその味わいを確認してください。
他の食材と組み合わせても美味しくいただけます。
フルーツトマトのご紹介です。

スポンサーリンク

フルーツトマトとは?普通のトマトと違いは?

フルーツトマトとは、普通のトマトを栽培時の水分を極力抑え、糖度を高めたトマトの総称で、特定の品種ではありません。

普通のトマトとの違いは、栽培方法の違いです。
例えば栽培時に水分を限界まで与えないとか、過酷な状態で栽培すると、少し小さいですが、糖度が高く甘いトマトができます。

普通のトマトは糖度が4~5ですが、フルーツトマトは糖度が8度以上になります。
代表的な種類としては、アメーラ、レッドオーレ、桃太郎、塩トマト、ブリックスナイン、とさかみなどがあります。

あるサイトの人気ランキングでは、
1位:とさかみトマト(高知県産:糖度10以上)
2位:アメーラ(静岡県産:糖度7~8以上)
3位:スィートピュア(静岡県産)
4位:ブリックスナイン(群馬県産:糖度9以上)
5位:塩トマト(熊本県産:糖度8度以上)

スポンサーリンク

フルーツトマトの栄養は?効果効能は?

トマトは、カリウム、βカロチン、葉酸、ビタミンCが豊富でカロリーがとても少ないので、ダイエット向きの食物として有名です。

免疫力向上、高血圧予防、体のむくみ防止、疲労回復、風邪予防などに効果が期待されます。

また、トマトの赤い色素はリコピンという成分で、抗酸化作用が強く、老化防止や活性酸素の抑制、美肌効果、疾病予防に効果があると言われています。

フルーツトマトは、そのトマトの栄養を更に凝縮し、糖度を高くしたものなので、生のままでも良し、他の料理の具材として利用しても良しと、色々なレシピで紹介されています。

 

フルーツトマトはどう食べるの?人気の食べ方は?

ネットのレシピサイトを参考にすると、様々な料理が見つかります。
例としては、
(冷しフルーツトマトのカッペリーニ)パスタでも同様にできます。
①湯むきしたフルーツトマトを小さくカットし、冷蔵庫で冷やします
②カッペリーニを茹でます
③茹でたカッペリーニの上に、冷やしフルーツトマトを載せ、オリーブオイルで混ぜます
④お好みでバジルの葉や香辛料を加えて出来あがりです。

他にもフルーツトマトを使用したスープやサラダ、スープなどの料理が豊富にあります。

また、もっと簡単にフルーツトマトの味わいを体験するなら、デルモンテフルーティトマトはどうでしょう。
いわゆるトマトジュースですが、コップ1杯でトマト2個分入っています。

スープやデザートの食材としても、フルーツとしても栄養を摂取することができます。
トマトは好きな野菜のランキング1位の食材です。色々試してオリジナル料理を開拓するのも楽しいと思います。

水耕栽培のやり方!キャベツやレタス・トマトやバジル、ミントは?

トマトの栄養やカロリーは?妊婦・妊娠中への効能は?食べ過ぎは?

トマトジュースの効能とは?肌や育毛の効果?メタボ対策や血圧にも良い効果が!

 

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-, , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.