くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

うつ病の原因や治療法は?改善する栄養は?どんな食べ物が良いの?

投稿日:

頭を抱える女性

日本では、自殺を図った者の75%が精神障害であり、その46%がうつ病であるとされています。

その治療については様々な治療法がありますが、近頃食べ物の栄養面からのアプローチする方法が、注目されています。うつ病改善にはどういう栄養が必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

うつ病とは?うつ病の原因は?

うつ病とは、何らかの原因で食欲低下、不眠、あせり、悲壮感、消極的思考、活動意欲の低下などの症状を示す精神障害と言われています。

重症になると体重の減少や増加、自殺願望が現れるものです。
うつ病の原因は、精神的要因や肉体的要因が複雑に絡み合い発症するため、様々な仮説が提唱されていますが、それぞれ説明のつかない要素があり、確立された原因は不明とされています。

原因についての主な仮説は、

・モノアミン説・・・薬の作用などで、神経伝達物質のモノアミン類が低下し、て気分がすぐれなくなりうつ状態になってしまう。

・神経損傷・・・幼少期の体験や心理的ストレスによって、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌され免疫機能を低下し、海馬の神経細胞を破壊するというものです。

・病前性格・・・本人の性格が青年の場合は、自己愛、社会への否定的感情、仕事は熱心でないなどの性格の人が倦怠感や否定的な感情を持ち、衝動的な自傷や自殺を考えます。
中高年の場合は、几帳面で仕事熱心などの性格の人が、仕事がうまくいかないなどで疲弊感や罪悪感、あせりを生じ自殺を企てます。

・社会的要因・・・社会的孤立感や精神的不安、生活上のストレスによる発症。

スポンサーリンク

うつ病改善や治療法にはどんなものがあるの?

うつ病の主な改善や治療法には、次の方法があります。

・自然治癒・・・特別な治療をしないでも、最終的に自然に回復するという考えです。

・休養・・・疲れた脳を休ませるために、通常の睡眠時間、起床時間を維持させるものです。

・認知行動療法・・・精神科医などの精神福祉の専門家が、患者に対してカウンセリングを行い、うつを自覚させ考え方のバランスを取り、ストレスにうまく対応できるような状態をつくるものです。

・薬物療法・・・抗うつ薬を処方して飲む方法です。

・運動療法・・・訓練を受けたコーチの下でグループ単位で、フィジカルトレーニングを行います。

日本では認知行動療法ができる専門家が少ない、患者一人に十分な時間をかけられない、薬物に比べて精神療法のデータが少ないなど人材不足が指摘され、治療が十分に進んでいないのが現状です。

うつ病を改善する栄養は?どんな食べ物が良いの?

偏食や食欲不振などで栄養が偏ることによって、うつ病の原因の一つになっている可能性があると言われています。

不足するとうつ病に悪い影響がでると言われる栄養素と、それを補う食べ物を紹介します。

※ただし、うつ病は食べ物だけで治療できるものではないので、症状がひどい場合は医療機関を受診する事をオススメします。

・ストレス、自律神経の乱れ・・・カルシウム・マグネシウム・ビタミンC・・・桜えび・チーズ・油揚げ・あさり・納豆・バナナ・アボガド・切干し大根など。

・疲労感、食欲不振など・・・鉄分・カルシウム・亜鉛・・・レバー・貝類・卵(卵黄)など。
簡潔に言うとカルシウム・マグネシウム・鉄分・亜鉛・ビタミン類を豊富に含む食べ物を摂取し、栄養面から体質改善を行い、体調を整えることにより、自律神経の安定をサポートするというものです。

うつ病の全てが栄養不足からなるわけではなく、栄養素だけで全てのうつ病が改善するわけではありません。

精神的、肉体的要素の適正な改善・治療を受けながら、うつ病対策の一つとして栄養を摂り入れ、生活習慣や自律神経を正常化することにより、症状を緩和させることを目指すものです。うつ病は、自然に治る可能性もある疾病です。
栄養バランスのとれた食生活で改善できる可能性があるなら、試してみるのも良いと思います。

イライラの原因!栄養不足は何?解消のための食材やサプリ!

朝ごはんは必要?不必要?子供の場合は?栄養は?補助食品は?

 

 

スポンサーリンク

-健康・医療
-, , , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.