くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

食べ方と血糖値・計り方!上がらない食べ方は?食べる順番?

更新日:

食事をする女性

血糖値をグーンと急激に上げないことは、
健康および相通じるダイエットには大切な事ですよね。

持病がありちょっとした事でも
上がりやすいという事は抜きに、
一般的に言われている血糖値を急に上げない方法、
「食べ方」について調べてみました。

今日からでもすぐに出来る方法なので、
いち早くはじめましょう。

スポンサーリンク

食べ方と血糖値、測り方とは?

血糖値が高いと引き起こるのは、
肥満以外にも高血圧や糖尿病といった、
生活習慣病に通じて言われる事が多いのですが、

なかなか自身が血糖値が高いのかどうか
調べる方法には病院で測る事が1つに上げられます。

身近なものでは「健康診断」がありますが、
その際に前夜などから食事を摂らなかったり、
朝食抜きを強いられるのには「空腹時」の血糖値を
測定するからであるといいます。

自分自身で測定する方法としては、
「血糖測定器」というものがあり、
一般的に購入も出きるものですが、

血液を少々採取する必要があるので、
「穿刺(せんし)」や他必要なものも出て来ます。

なお血糖値の基準値においては
・空腹時血糖 70~109mg/dl未満
・食後2時間血糖 70~140mg/dl未満

自身の血糖値を直ぐに確認出来る点は
健康に気遣う点ではよいと思いますが、
自己判断は血糖値が安定しているからと
他の病気に気付かない場合もあるのであまりおすすめしません。

スポンサーリンク

食べ方で血糖値を上げない、上がらない食べ方は?食べる順番?

血糖値はどんな食べ物や飲物を飲んだとしても
あがるもので決してゼロではありません。

どれだけ緩やかにするか?が問題で、
最もポピュラーなものは「食べる順番」です。

メニューには複数料理が並び、
それを交互に食べたり、
順を追って食べる事が一般的ですが、
食べ方で血糖値をゆっくりと上げる方法には、

「野菜→主菜(肉や魚)→主食(ご飯や麺類・パン)」

始めに入った食べ物を胃は消化し始め、
腸へと順に送り込まれて吸収しますが、
その際に血糖値の上がり方がゆるやかな物から
いただくことがポイントになります。

それはサラダ以外にも野菜をたくさん入れた
スープやお味噌汁といったものでも良く、
飽きずに続ける工夫の1つであると思います。

食べ方と血糖値、食べ過ぎ防止!ゆっくり食べる!下がり方は?

血糖値を急激にあげない方法には、
「ゆっくりと食べる=よく噛む」という事もよいとされています。

一口を30回ほどしっかりと噛む事で
満腹中枢を刺激するのですが、
刺激になるまでには「15分ほど」かかるとされ、

ゆっくり食べれば最後に食べる主食に到達する頃には
お腹が膨れて自然と糖質を押さえる事が出来といいます。

また、健康な方であれば食後1時間位からゆっくりと下がり、
2~3時間くらいには元の血糖値に戻るとされています。

血糖値コントロールだけでは痩せる事は出来ないので、
やはり適度な運動など合わせた上で行う事をおすすめします。

糖尿病改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラム

妊娠糖尿病の原因はつわりや食事?治療は?胎児が先天奇形に?

 

スポンサーリンク

-健康・医療
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.