くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

妊娠線のケアはいつから?予防で消える?クリームは?ニベアでもいい?

臨月

妊娠するとお腹が大きくなるにつれて
出来てしまう「妊娠線
多くの妊婦さんが出来るとされています。

しかし、ケアをしっかり行なう事で
出来にくくなったり目立たなくさせる事が出来ます。

では、妊娠線はいつからケアすべき?
今回は妊娠線の出来る原因から
ケアの方法迄ご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠線とは?いつからできるの?

お腹が次第に大きく成長すると
色々と不安になる事もありつつも
日々赤ちゃんとの対面までが楽しみであります。

お腹の赤ちゃんの成長も楽しみな反面、
妊婦さんには内面や外面の悩みもつきませんが、
「妊娠線」はつきものの様です。

妊婦さんのおよそ8割は出来るとされる「妊娠線」とは、
お腹の皮膚にヒビが入った様な
編目状に線が入ることをいい、
出産後に消すのがなかなか厳しいという声があがります。

これは妊娠によってお腹の皮膚が急激にのび、
皮下組織が避けてしまった状態をいいます。

 

さらに妊娠中はホルモンバランスが崩れている状況であり、
皮膚の弾力性を司るコラーゲンの生成が妨げられるため
通常の皮膚代謝よりも低下している状態ゆえ、
妊娠線ができやすくなるといいます。

また、妊娠によって体重増加などによって
脂肪を蓄えてしまったことによって
お腹以外にも太腿や臀部、二の腕やバストといった
脂肪を蓄えている箇所に出来やすくなります

スポンサーリンク

妊娠線はいつから予防?消える?

妊娠線はケアをきちんと行なうことで
出来にくくなりますが、
出来やすい状況かどうかにもよって違いがある様です。

主にお腹が急激に大きくなる「6ヶ月頃
さらに妊婦さんの体重も増加する頃であるといいます。

そこで伸縮性が乏しい皮下脂肪が多い方は
皮膚の伸びが悪くお腹が大きくなる事で裂けてしまいます。

さらには多胎妊婦さんや経産婦さん、
日ごろより乾燥肌傾向の方は妊娠線が出来やすいとされてます。

ケアを始める時期に「6ヶ月頃」と申しましたが、
肌にはサイクルがあるので塗ったすぐ側から
肌が変わる事はないので早めの「4ヶ月頃」から
本格的にケアを始める事をおすすめします。

妊娠線のケアはいつから?消える?クリームは?ニベアでもいい?

妊娠線の原因は「皮膚が裂ける事」ではありますが、
できやすいかどうかはその状況によって
違いは有れど「ケア」については”保湿”など、
皮膚を柔らかく保つ事で目立たなくなるといいます。

消えるかどうか?においても
「個人差」があるので過大評価は避けて置きます。

妊娠線を出来にくくさせるには、
保湿以外にも妊娠中の体重増加をさけるべく
体重のコントロールが必要であるといいます。

妊娠線の予防として「妊娠線クリーム
といったグッズもあるので上手に使ってみましょう。

朝・夜の2回クリームをしっかりと塗り込み、
特に皮膚が柔らかくなるお風呂上がりはしっかりと
ケアしておきたい時間であり、
妊娠線が出やすい箇所にもきちんと塗り込みましょう。

そこで使用するクリームに注目される
「ニベア」に際しては賛否両論です。

コスパはよいものですが、
ケアするならば妊娠線に特化したクリームのほうが
必要成分が揃っているのでおすすめです。

妊娠糖尿病の原因はつわりや食事?治療は?胎児が先天奇形に?

妊娠5・6・7ヶ月の妊婦の足がつる原因や食事やマッサージは!

妊婦は飛行機にいつまで乗れる?国内線・国際線では?妊娠何週まで大丈夫?

 

スポンサーリンク

 - 妊娠・妊婦・産後 , ,

  関連記事

妊娠 妊活
妊活とルイボスティーや食事!サプリは?男性は?

妊活は早めに行う方が有効で、 女性だけではなく男性も行う必要があります。 最も体 …

腹痛の女性
産後の下痢や腹痛の原因は?帝王切開だと起こりやすい?対策や薬は?

産後、下痢や便秘などのトイレのトラブルに悩むお母さんは多いそうです。 赤ちゃんの …

妊婦
羊水検査の費用の自己負担金額とは?保険は?医療費控除や高額医療は?

羊水検査を受けようか、費用がどのくらいでどんな意味があるのかご存知でしょうか。 …

哺乳瓶
赤ちゃんのミルクの飲み過ぎ!下痢?寝ない場合?サインや対処法は?

新米ママさんには心配事は尽きないと思いますが、 成長にも関わる「ミルクの飲み過ぎ …

体温計
基礎体温を上げる方法や低い原因は?食事や漢方・サプリ・ストレッチ

妊娠を望む場合やダイエットや健康など そうした際に基礎体温を上げると効果的である …

母乳・授乳
母乳の栄養は?ミルクとの比較や違い!免疫はいつまで?

お母さんが赤ちゃんにおっぱいをあげている様子は 本当に温かいものです。 一生懸命 …

悩む女性
黄体機能不全の改善、薬や漢方、食事やサプリメントで改善するには?

「黄体機能不全」という不妊や流産の原因の1つ、改善しようと思うけれどどうしたらい …

野菜
妊婦は青汁を飲んで大丈夫?ノンカフェイン?人気の青汁は!効果は?

栄養と身体のバランスを保つため、 妊婦さんの食事は注意する必要があります。 そこ …

妊娠線
妊娠性湿疹の原因や症状は?跡は?産後は?対策や予防の方法は?

女性は妊娠した際には様々な体の変化があります。 当然お腹は大きくなりますが、その …

困る女性
茶オリの原因は?妊娠の可能性?痛みや腰痛も続く時期は?流産の危険?

生理の予定日や妊娠初期に見られる「茶オリ」妊娠を望んでいる期間ではないときや、そ …