くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

妊娠5・6・7ヶ月の妊婦の足がつる原因や食事やマッサージは!

投稿日:

足がつる妊婦

妊婦さんになると「足がつる」ということを
多く経験されると思います。

今までつったことがなかったのに、
妊娠を期に足がつる様になったという声は
多くあがります。

妊婦さんの足がつる原因や対策についてまとめました。

スポンサーリンク

5ヶ月・6ヶ月・7ヶ月の妊婦の足がつる原因とは?

妊婦さんの「足がつる」という症状は、
丁度体重が増え始めて来る5ヶ月あたりや、
6ヶ月、7ヶ月個人差はあるものの、
妊娠中期から後期に渡り増え始めて来ます

その原因は、お腹の赤ちゃんの成長により、
お腹も大きく成長し、それにつれて体重も増える事で
足の筋肉に負担がかかることで下半身を圧迫します

そうなることで下半身の血流が悪くなることで
起こるとされています。

いわゆる「血行障害」なのですが、
間接的に筋肉疲労・カルシウムやマグネシウム不足、
冷えといったことも関係しています。

お腹の成長は致仕方ありませんが、
筋肉にカルシウムやマグネシウムがわたる様に、
そうした成分を多く含む食材を食べるなど。
バランスのよい食事をする様心がけましょう。

また、足が冷えない様に、下半身を冷やさない様な
服装を心がける様にしましょう。

スポンサーリンク

妊婦の足がつる、ふくらはぎ対策、メディキュットやシップは?

ふくらはぎのむくみ対策ということで、
メディキュット」や
シップ」といったものがありますが、

メディキュットに関しては「圧力」の選び方が重要
通常のメディキュットだと圧力がかかりすぎ
返って足がつるといった事が起こります。

妊婦さんには、初めて使う方用の「メディキュットライトタッチ
などがおすすめです。

また、「シップを貼る」ということも、
妊娠中以外でも行う方法ですが、
対策には「温湿布」を使用します。

痛みがあるからと冷湿布を貼ってしまうと逆効果、
温湿布の代わりに温めたタオルなどでも代用出来ます。

眠る前に足をよく温めてから眠ると、
足のつりを予防することが出来ます。

妊婦の足がつる対策法、食事やマッサージは?ずっと痛い場合は?

足がつる場合の食事は体を温めたり、
血流がよくなる様な食事を心がけましょう。

冷たい飲物よりも温かいもの、
ネギや緑黄色野菜、適度な魚や肉類を
バランスよく!砂糖は体を冷やすので出来るだけ
体を冷やさないてん菜糖などを使うとよいでしょう。

また、足がつった時は案外と力んでしまいがちですが、
足の力を抜いて痛みが強い場合はマッサージや、
筋肉を伸ばす運動を行いましょう。

足がつった後にずっと痛みがあり、
筋肉痛の様になった場合は、

・筋肉をのばす
・血行を促す
・温める

この3つに尽きます。

マッサージの方法は、ふくらはぎの部分を
下から上へと向かって優しくもみあげます。

そして膝の裏側を揉んで足首を回すといった方法で
だいぶ痛みを軽減させることが出来ます。

足がつる こむら返りの原因は?

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© くらしの豆知識 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.