くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

味噌汁の栄養や具の組み合わせ!わかめ・豆腐・ほうれん草やサツマイモ

味噌汁

野菜不足解消に味噌汁をプラスすると思いますが、
具材の組み合わせがマンネリ化することってありませんか?

基本の具材を踏まえながら
味噌汁の具材の組み合わせを増やす方法、
ご紹介したいと思います。
味噌汁の基本の作り方!一人分の簡単な作り方は?ジャガイモや大根は?
味噌汁の保存、冷蔵庫や冷凍での保存方法や期間は?冬の常温は?

スポンサーリンク

味噌汁の栄養とは?

具を抜いて「味噌汁」のみの栄養について、
主原料である大豆を発酵させることで
本来の大豆にはない栄養を蓄えています。

酵素によって分解されアミノ酸となり、
生命を維持するのに不可欠な”必須アミノ酸”が
8種類がすべて含まれている点

他にもビタミンB1・B2・B6・B12・E・K、
ナイアシンや葉酸、パントテン酸、ビオチン、
カルシウムやマグネシウム、リン、鉄、亜鉛など
多くの栄養素を含んでいます。

また、良質なたんぱく質も身体を作る
大切な栄養素、それらを簡単に摂取しつつ、
さらに具材によって栄養をプラスすることが出来る面、
満腹感も得られるので食べ過ぎを防止する手助けにもなります。

気になる塩分ですが、
お味噌汁1杯に含まれる量はおよそ1.4g程度とされ、
厚生労働省で推奨されるナトリウム摂取目標量は

・男性で8.0g未満
・女性で7.0g未満

塩分も不足すれば支障があり、
多過ぎても身体に大きな影響を与えるもの。

スナック菓子やジャンクフードで塩分を摂るなら、
味噌汁で栄養を摂りつつ得るほうがずっと健康にいいです。

スポンサーリンク

味噌汁の具の組み合わせ、わかめ・豆腐、なめこ・玉ねぎや大根・麩は?

わかめはシンプルにそのままでもよいですが、
味が淡白でツルっとした食感である麩(ふ)、
豆腐と組み合わせてもおいしいお味噌汁になります。

なめこは案外そのまま食べる事が多いですが、
豆腐との組み合わせや食感を楽しむ麩も相性がいいです。

玉ねぎは、じゃがいもや卵、大根との相性がよく、
煮くずれない様にするにはメークインを選ぶとよいでしょう。

 

大根は我が家では油揚げと組み合わせたり、
わかめや大根の葉を刻んだ物などもとても美味しくなります。

味噌汁の具の組み合わせ、ほうれん草やかぼちゃ、さつまいもやキャベツ、なす、油揚げは?

味噌汁

ビタミンAの多い緑黄色野菜は、
油と摂取すると吸収率がアップするということもあり、
油で炒めてから味噌汁にするという方も少なくありません。

そこで、油揚げをプラスすることで、
余計な油は不要でコクのある味噌汁が出来ます。

ほうれん草はその他、卵であったり、
豆腐などとも相性がいいです。

かぼちゃやさつまいもを具材にする場合は
割と少数の様ですが味噌のうまみととてもよく合います。
餅を入れたりかぼちゃやしいたけなどと合わせて
主食に近いお味噌汁などもおすすめです。

そのままや、大根と合わせたりもちろんそこに油揚げを足せば
かなりの具沢山なお味噌汁になります。

キャベツもシンプルながらそのままや、
油揚げ、卵、絹さやなどクタクタに煮ないで、
短時間でシャキシャキした食感を楽しむといいですよ。

茄子は切ってそのままでもよいですが、
油で素揚げか揚げ焼きしてから味噌汁を注ぐと
コク深いお味噌汁になります。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ ,

  関連記事

なめこ
なめこの冷蔵・冷凍の保存方法や期間は?所存食レシピを紹介

美肌にいい栄養素がいろいろと含まれていてカロリーも低いなめこはもっと食べたい食品 …

マカダミアナッツ
マカダミアナッツオイルの栄養・効果?使い方・食べ方?注意点は?

一昔前は「油は体に悪い!」といった風潮が大勢でしたが、 昨今では、健康に美容に良 …

大豆
大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減少させて血流を促進するレシチンや、脂 …

ズッキーニ
ズッキーニの栄養やカロリー!効果は?加熱は?妊婦や子供には?

ズッキーニは、日本ではあまり、なじみのないお野菜ですが、 その栄養成分やカロリー …

そうめんかぼちゃ
そうめんかぼちゃとは?茹で方は?おすすめの食べ方やレシピ

色鮮やかなそうめんかぼちゃは暑い夏にササッと喉越しよく食べられる美味しい野菜です …

ニラ
ニラの栄養やカロリー・効能は?加熱すると変わる?おすすめの食べ方!

寒くなってくると美味しくなるのが鍋料理ですね。 色んな鍋料理がありますが、 ニラ …

ニラ
ニラの保存方法は冷蔵・冷凍?保存期間は?保存食のニラ醤油レシピ

鍋料理に入れても、炒め物にしても、また生食でも美味しいニラですが買ってきてすぐに …

ピーマン
ピーマンの苦くない方法!焼肉、焼きそば、野菜炒めの切り方!

ピーマンは、水溶性のビタミンが含まれているため、炒め過ぎると栄養価を失ってしまい …

銀杏
殻付き銀杏の電子レンジや封筒を使った食べ方は?実はフライパンのほうが美味しい?

わりとクセのある銀杏は、あまり私たちの口へとなかなか運ばれないですが、料理の引き …

ジャガイモ
ジャガイモの種類や特徴・用途による違いは?サラダやカレーには?

じゃがいもの種類や見分け方、 特徴を知って美味しく食べよう! じゃがいもといえば …