くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

チンゲン菜の栄養やカロリー・効能は?妊婦にはどんな効果がある?

投稿日:

チンゲン菜

健康に気をつけている人なら
普段から野菜や果物を
食生活に採り入れているでしょう。

外食に頼らずに自分で料理している、
という人も多いと思います。

最近はネットでも簡単に
いろんな食材のレシピを
検索することができてとても便利ですね。

菜っ葉の野菜は種類も豊富で
いろんな栄養素があるので魅力的です。

青菜類には各種のビタミンが
たっぷりと含まれています。

とくに女性には大切な栄養素である
「葉酸」は青菜類が重要な補給源です。

それだけではなく、食物繊維や
カルシウム・カリウムといった栄養素も豊富です。

加熱してもシャキシャキとした歯ざわりがあり
食べやすいチンゲン菜は葉物野菜は苦手、
と言う人にも食べやすい野菜です。

お料理が苦手と言う人にも扱いやすい
チンゲン菜の栄養について調べてみました。

チンゲン菜の保存方法!期間や方法!離乳食や弁当のおかずにも

スポンサーリンク

チンゲン菜の栄養素・カロリーや成分について

チンゲン菜にはミネラルや食物繊維
豊富に含まれています。

特にβカロテンの含有量はピーマンの
約6倍にもなります。

その他のビタミンはビタミンC・葉酸などです。

ミネラル類として
鉄・リン・カルシウム・カリウム
などの名前が挙がります。

栄養価が高い野菜といえると思います。

ピーマンには独特の風味があって
食べにくいという人もいるかもしれません。
特に小さいお子さんは
苦手かもしれないですね。

チンゲン菜にはクセがないので
βカロテンの吸収源として便利です。

生の状態でカロリーは
100グラムあたりで約9kcalとなります。

油との相性がよくて炒めたりすると
ビタミンの吸収もよくなります。

茹でると色も鮮やかになり
見た目もきれいです。

炒め物やスープなどに使うと
満足感もあって美味しい食材です。

スポンサーリンク

チンゲン菜の栄養の効能・効果は?

チンゲン菜に豊富に含まれている
βカロテンは抗発ガン作用・
免疫力を活性化させる作用があります。

活性酸素を抑制する働きによる
抗発ガン作用は注目の働きです。

またβカロテンは体内で必要な分だけ
ビタミンAに変化する成分でもあります。

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ・
肌・皮膚が乾燥してガサガサにならないように
潤いを与えてくれるビタミンでもあります。

視力の維持にも大切な栄養素といわれ、
ドライアイを防ぐのにも効果的です。

喉・肺といった呼吸器系統を
守る働きもあります。

ビタミンCには
風邪の予防・疲労回復・美肌維持
などの働きがあります。

カリウムには塩分であるナトリウムを
体外に排出する作用があります。
この働きにより高血圧の予防に効果的です。

その他に長時間の運動などによる
筋肉の痙攣を防いでくれる働きもあります。

カルシウムは健康で丈夫な
骨や歯を作るのに欠かせない成分です。

またイライラを解消する働き
もある栄養素です。

妊婦にとってのチンゲン菜の効用

妊娠中は鉄欠乏製貧血になりやすいです。

食物繊維も豊富なチンゲン菜は
鉄分も採ることができて、
便秘も防ぐことができるので
妊婦さんにはいい野菜です。

カリウムでむくみも解消でき、
赤ちゃんに必要なカルシウムも摂取できます。

またカロリーも低いので
体重管理に気をつけたいときも
安心な食材といえます。

赤血球を作り出すのに
重要な役割を果たす
葉酸は妊婦さんにとって
重要な栄養素です。

赤ちゃんにとっても
神経や脳の生成に大変重要な栄養素です。

妊娠前後は
通常の場合の1.7倍必要になる
といわれています。

葉酸はとりすぎると
自分は発熱やじんましんを
起こしやすくなり、
赤ちゃんは
喘息になるリスクが高くなる
と言われています。

取りすぎを心配する妊婦さんも多いでしょう。

青菜類に含まれる葉酸は
調理による加熱で消失する割合も高いので
通常の食事をしている場合は
心配することはありません。

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.