くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

まいたけの栄養やカロリー・美容やダイエット効果!妊婦や子供へは?

まいたけ

どんな食材ともよく合う、
まいたけは家庭の食卓にも度々登場する
使い勝手のいい食材ですが、
一体どんな栄養素が含まれているか、知っていますか?
妊婦や子供が食べても良い効果があるのか?
ダイエットには向いているか?
まいたけを徹底解剖してみました。
あなたの食卓のまいたけが、
どのような効能があるのかをご紹介します。

まいたけの冷蔵・冷凍の保存方法と注意点!期間は?保存食レシピを紹介!

スポンサーリンク

まいたけの栄養や、カロリーは?ぶなしめじと比べて?

今、まいたけを含むきのこ類の健康効果が注目されています。
中でもまいたけは、
高い健康効果が期待されているきのこの一つなのです。

カリウム、葉酸、亜鉛、ビタミンD、ナイアシン、食物繊維、
アミノ酸、多糖類などが含まれていて、
カロリーは100gあたり、15kcalとローカロリーです。

ぶなしめじが18kcalなのでまいたけの方が少しカロリー低めということになります。

カリウム、葉酸、ナイアシンなどの栄養素が、ぶなしめじよりも多く含まれています。

スポンサーリンク

まいたけの栄養にはどんな効果がある?美容やダイエットは?

まいたけには様々な体に良い栄養素が含まれていることがわかりましたが、
その中でも注目したいのが「βグルカント」です。
これは多糖類の一種で、体の免疫力を高め、抗がん作用があります。
きのこ類の中でも、まいたけから抽出したものは「MDーフラクション」と言って、しいたけに含まれるβグルカント(レンチナン)とは化学構造が異なり、より効果が高いと注目されています。

そしてまいたけの多糖類はそれ以外の成分も含んでいます。
それが「MX-フラクション」です。
これは、悪玉コレステロールを減少させ、血液中の中性脂肪を分解してくれるので
新陳代謝がよくなり、体内に蓄積された脂肪分を減らし、
結果として体重を減少させる効果があります。

そして腸の動きを活発になることで、
余分な脂肪の吸収も抑えます

これはきのこ類ではまいたけにしか含まれていません

もう、お分かりですね。
まいたけは、カロリーも低く、
腸の働きを活発にして脂肪の吸収も抑えるので、
とてもダイエットに向いている食材だと言えます。

腸の働きが良くなることで老廃物も外に出やすくなるので、
美容、特に美肌効果に期待できそうなので
上手く取り入れたレシピを活用して
積極的に摂っていきたいですね。

しめじの栄養やカロリーや効能は?妊婦やダイエットには?加熱や冷凍では?

しめじの冷凍保存はまずい?臭い?食感も悪い?コツを紹介!弁当レシピは?

まいたけの栄養は、妊婦や子どもには?

では妊婦や子供には、
まいたけはどんな効果が期待できるのでしょうか?

先ほども少し触れましたが、まいたけには葉酸が
他のきのこ類に比べて多く含まれています

葉酸はお腹の中の胎児や、乳幼児の脳を形成する上で
とても重要になる栄養成分
でこれが不足すると、
脳の発達に影響を及ぼすと言われています。

妊婦や乳幼児は、葉酸を食物から継続的に取る必要があります。
その大切な葉酸が、乾燥したまいたけなら、
生のものより3・5倍も増えるのです。
乾燥まいたけは、
市販されている生のまいたけを使って家庭でも簡単にできます。

まいたけを小房に分けて、ザルやネットの広げ
すぐに食べるのなら4時間から半日ほど干せば出来上がります。

乾燥まいたけも生と同じような調理法で調理できるので
どんどん利用したいですね。
(上で紹介している動画で詳しく解説しています。)
妊婦や小さいお子さんがおられる家庭には、是非お勧めします。

まいたけはたくさんあるきのこ類の中でも、
ガンを抑制したり、
脂肪の吸収を妨げたりする
素晴らしい効果があることがわかりました。

また、干せば葉酸以外の栄養素も格段に増えるので
更に健康効果も期待できます。
上手に料理に取り入れ、
健康に役立てていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

らっきょう
らっきょうの効果!食べ過ぎでおならが出るのはなぜ?腹痛や下痢に注意

美味しくてついつい食べすぎてしまうらっきょうですが、食べすぎてお腹が痛くなったこ …

マッシュルーム
マッシュルームの栄養やカロリー・効果は?妊婦に必要な成分も!

洋食に入っているきのこと言えば、 マッシュルームですよね。 缶詰でも売っていて、 …

アボカド
スライスやサイコロ、角切り、サラダや刺身、簡単なアボカドの切り方

まったりとそれでいて爽やかな口当たりのアボカド、おいしい果物ですよね! アボカド …

アロエ
アロエヨーグルトの栄養やカロリーや効能は?妊婦は食べて大丈夫?

アロエヨーグルトといえば森永乳業ではありませんか? 緑色と白色のパッケージでお馴 …

冬瓜
冬瓜の栄養やカロリー効能は?ダイエット・妊婦や子どもには?

夏が旬の冬瓜ですが、なぜか名前に冬がついています。 夏野菜なのに「冬」。少し不思 …

パイナップル
パイナップルのアレルギーの原因・症状は?舌がピリピリの対処方法は?

パッションフルーツのなかでも、身近な果物のパイナップルですが、食べると口の中が痛 …

バーニャカウダ
バーニャカウダとは?野菜スティックとの違い!どんな野菜で?食べ方は?

普段から野菜をきちんと食べないと 肌トラブルの原因になったり 便秘になったりと …

三つ葉
三つ葉の栄養やカロリーは?効果・効能は?妊婦や子供、犬には?

三つ葉、身近な葉物で、香りもよく、使い道もたくさんありますよね。 今回は、三つ葉 …

そうめんかぼちゃ
そうめんかぼちゃとは?茹で方は?おすすめの食べ方やレシピ

色鮮やかなそうめんかぼちゃは暑い夏にササッと喉越しよく食べられる美味しい野菜です …

マンゴー
マンゴーの食べ過ぎは太る?栄養やカロリーは?アレルギーや下痢に?

甘くてジューシーなマンゴー!ついつい好きだとたくさん食べたくなりますよね! ただ …