くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

かぶの保存方法は根と葉で違う!離乳食の場合は?保存食レシピを紹介!

葉が付いているかぶ

おいしそうなかぶを買っても葉はすぐ傷んでしまいます。
葉も食べられるのは知っているけどそのために捨ててしまう、
という人はいませんか?
そんな悩みを解消できる、
かぶの保存方法をご紹介します。
かぶの栄養やカロリー!妊婦や子どもによい効果も!大根と似ている?

かぶの葉や茎の栄養やカロリー!根とは別物!妊婦や子どもに嬉しい効果!

スポンサーリンク

かぶの冷蔵保存と冷凍保存 葉っぱと根では保存方法が違う?

かぶは比較的長く冷蔵保存できる野菜です。

かぶの保存で一番に注意することは、葉と根に切り分けてから保存することです。

なぜなら葉つきのままでは葉に水分が吸われてしまうため、
根の部分が乾燥してしまうためです。

葉はラップやフリージングパックにいれて冷蔵庫で保存します。
湿らせたキッチンペーパーでくるんでから密閉すると持ちが良くなります。

すぐに使う予定の無い場合は、より新鮮なうちに冷凍保存するのがおすすめです。

かぶの葉は、生でも冷凍できます
洗ったらキッチンペーパーで水気を取り、
使いやすい長さ切ります。
あとはフリーザーバックに入れて、冷凍するだけです。

加熱用にストックに便利です。
軽く茹でてから冷凍保存すると生で冷凍するよりも長期保存が可能です。
沸騰したお湯に塩を少々入れ、サッと固めに茹でます。
よくお湯を切り軽く絞ったら、使いやすい長さに切り、
フリーザーバックに入れて冷凍します。
加熱してから冷凍すると保存期間は1カ月程度可能です。

根の部分は冷蔵庫でも比較的長持ちする上に、
冷凍保存後に調理すると食感が悪くなるのでお勧めしません

ですが、どうしても冷凍で長期保存したい場合は、
生のままで使いやすい形に切り、
バットなどに並べ一気に凍らせます。
凍ってからフリージングパックなどに入れて冷凍します。

スポンサーリンク

かぶの離乳食とその保存方法

かぶはビタミンCが豊富で、
淡白な味なので離乳食にも向いています。

その肉質もやわらかく、
短時間でゆでてしまえるので離乳食作りの味方と言えます。
しかも離乳食初期から完了期まで使えるという
なんとも嬉しい食材です。

カブの葉にはビタミンCやカルシウムなど
赤ちゃんに必要な栄養素が豊富に含まれています。

ですがアクもあるので、離乳食に使う際には中期以降からにしましょう。

少量の離乳食を毎度作るのは大変です。
そんな時には冷凍保存しておきましょう。

離乳食にしたかぶを冷凍保存する時には、
ゆでて、離乳食時期に合った大きさに刻むか、ペースト状にすりつぶしてお湯でのばして冷凍します。

製氷皿で冷凍し、凍ったらフリーザーパックに移し変えたり、
フリーザーパックに板状に伸ばし、
1回分ずつ箸などで線をつけて冷凍しましょう。
こうすると必要な分だけ使うことができて便利です。

かぶの保存期間

最近は1年中出回っていますが、
かぶの旬は秋から冬にかけてです。

かぶの保存最適温度は0℃ですので、
旬の冬場なら冷蔵庫に入れなくても常温で保存できます。

保存するとき、葉と根と分けたら、
それぞれラップやフリージングパックに入れて冷蔵庫で保存します。

かぶの根の冷蔵保存期間は、4~5日
長くて1週間程度です。

葉の冷蔵保存は、持ちが良くなるように
湿らせたキッチンペーパーでくるんでから、
ラップやフリージングパックに入れます。
それでも根に比べるとしなびやすいので、
2~3日程度で調理するのがベターです。

根、葉ともに、冷凍すると保存期限は1カ月程でしょう。
新鮮なものが手に入ったら適切に保存して、
長くおいしく楽しみましょう。

かぶの保存食のレシピをご紹介!

かぶの保存食の定番と言ったらお漬物ではないでしょうか?
糠漬けやみそ漬け、甘酢漬け、ピクルスなど
その種類も豊富です。

例えば、甘酢漬けは白いかぶでも、赤かぶでもおいしくできます。
かぶの甘酢漬けのレシピは、
ビニール袋に、皮ごと1cmほどの厚さのいちょう切りにした
かぶと塩小さじ3を入れてもみます。
5分おいたら出た水を捨てます。

そして密閉容器に2cm角に切った昆布、
酢3/4カップ、
砂糖大さじ4を合わせ、
先ほどの塩でもんだかぶを入れて漬たら出来上がりです。

茎を少し残して作るピクルスは、
根のやわらかさと茎のシャキシャキ感、
2つの食感が楽しめます。

かぶは茎を2cmほど残して縦割りに4~6つにして皮をむきます。
鍋にピクルス液(酢1と1/4カップ、
水3/4カップ、砂糖大さじ5、
塩小さじ1強、ローリエ1枚を入れて煮立てます。

そこに先ほどのかぶを加えて、
もう一度煮立たせたら火を止め、粗熱を取ります。
味がなじむまで15分ほどおいたら、
保存容器に移します。

表面に膜を作るように、
オリーブ油(大さじ2と1/2)をかけたらできあがりです。

かぶ以外に
カリフラワー、ブロッコリー、ニンジンなど
お好みの野菜と一緒に作っても楽しめそうです。

続いては、冷凍保存しておいたかぶの葉を使った
ふりかけはいかがでしょうか?
常備菜として大活躍すること間違いなしですよ!

かぶの葉65g、シラス25g、かつおぶし6g、
しょう油・みりん小さじ1、ゴマ油適量、
汁気がとぶまで炒めて完成です。

冷蔵庫で1週間弱はもちますので、
そろそろ期限の冷凍保存のかぶの葉が残っていたら
ぜひふりかけにしてみましょう。
簡単で、ご飯のおともに、おつまみにと大活躍してくれます。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

レタス
レタスの栄養・カロリー、効果は?キャベツやきゅうりと比較!

レタスは、いくら食べてもお腹の負担にならないイメージがあり、シャキシャキ食感がサ …

味噌
味噌の種類、栄養の含有量、特徴や塩分濃度の違い、熟成期間や選び方!

古くから日本の食卓にあった「味噌」 種類ってどれくらいあるかご存知ですか? 地域 …

竹の子
竹の子には驚くべき栄養効果が!チロシンとは?ダイエットにも良い食材!

春の旬の山菜で美味しいたけのこですが、非常に香り高く、食感も良くて日本人に好まれ …

とうもろこし
スウィートコーンの栄養やカロリー!!効果は?おすすめの食べ方を紹介

スウィートコーンはみなさんがよく知っているとうもろこしです。そのほかにもベビーコ …

豆乳
豆乳ヨーグルトの簡単な作り方!玄米や乳酸菌、ケフィアでは?効果は?

ヨーグルトは牛乳だけに限らず、豆乳からも作れるのはご存知でしょうか? 大豆製品は …

しじみ
しじみの栄養やカロリー・効果!子どもや妊婦には?冷凍では変わる?

貝類の中でもなじみのある美味しいしじみ。 比較的手に入りやすく食卓のメニューに加 …

ピーマン
ピーマンのカロリーや栄養や効果は?種には?妊婦や子供には?

ピーマン嫌いの子供さんも多いですが、今回は、ピーマンの知られざる栄養価や効果効能 …

塩麹
塩麹の魚や野菜、きのこ、肉類への美味しい使い方やレシピをご紹介!

人気のある調味料「塩麹」ですが、買ったり作ってみたけど以外と使い方に困ってるなん …

ハンバーグ
ハンバーグの焼き方のコツとは?冷凍は?フライパン?オーブン?

ナイフを入れるとジュワっと肉汁が溢れる ふんわりしたハンバーグ。 お店の様な焼き …

ブロッコリー
ブロッコリーの栄養やカロリー・効能!カリフラワーと比較!妊婦には?

茹でたものをお弁当の彩りに入れたり 野菜サラダに加えたりすると きれいな濃いグリ …