くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

大人の手足口病の症状は?冬にも!うつる期間は?仕事は?復帰は?

更新日:

熱の女性
「手足口病」というと子どもがなる病気と思われますが、
実は大人も発症する病気です。

大人の手足口病はどんな症状?
仕事へはどれくらいで復帰出来るの?
発症までどれくらい?

といった大人の手足口病について解説します。

プール熱の大人の場合の症状・感染経路は?会社への出勤は?

スポンサーリンク

手足口病、大人にもうつる?症状は?冬でも?

手足口病は主に1歳~5歳くらいの幼児がかかる
病気と言われています。

初期の症状はとても風邪に似ていて
夏風邪や
ヘルパンギーナ・
水疱瘡と間違えやすい
です。

主な症状としてはその病名からもある様に、
手・足・口に水疱状の湿疹が出現して、
熱が出る事もあります。

 

夏場の高温多湿を好み、
エンテロウィルスやコクサッキーA16感染症の1つとして
引き起こすものが一般的の様ですが、

秋~冬や冬~春にも大流行した事があります

髄膜炎を伴う手足口病もあり、
エンテロ71により引き起こされます。

スポンサーリンク

手足口病、大人は軽い?口内炎、喉の痛み、うつる期間は?

大人がかかる手足口病はお子さんがかかるものより
症状が重く40度近い高熱が出たり、
皮膚のかゆみや口内炎の痛みが強い様ですが、

中には熱もそれほど出ず症状が軽い方もいますので、
大きく個人差があります。

感染経路は風邪などと同じく飛沫感染や、
接触、経口、糞口感染でも感染することがあり、
体長不良時や疲れ気味など抵抗力や体力が落ちているときは
注意が必要です。

例えば手足口病にかかった自分のお子さんの看病で
最もうつりやすいケースでもあります。

外出時や看病の際には手洗い徹底と、
マスクの着用で予防しましょう。

また、潜伏期間は3~7日
発病から治癒までは1週間~10日です。

口内炎や水疱などは中期症状であり、
倦怠感や筋肉痛の様な足の痛み、
中には発症から1~2ヶ月後に
痛みや出血を伴わない手足の爪の剥がれが
起こる事もありますが、次第に新しい爪が生えてきます。

忘れた頃にやってくるので
非常に驚かれる事がある様です。

手足口病・大人、仕事は?復帰までは?薬は?

大人ともなれば仕事を持っていますが、
人にうつるとなると気になるのが「出勤停止

医師によっては
特に仕事を休む様言われる事がない場合もあり、

学校などの様な出席停止になる様なものな定義がありません

発病から1週間はくしゃみや咳などから感染するので、
出来れば職場の方への感染リスクを減らすために
出勤は避けておきたい所ですが、

発病したら即会社に一報をいれ、
指示を仰ぐといいと思います。

 

また、手足口病は1度かかると
免疫が出来ますが発症原因になるウィルスが
複数あるので別なウィルスによってまた発症する
といったこともあります。

そして特効薬がないため、
基本的にはまめな水分補給と解熱剤の服用、
発疹のかゆみには抗ヒスタミン剤を短期間使用するなどで
抑えられます。

ちょっと変だな?と思ったら内科へ受診しましょう。
その際はマスクの着用を忘れずに!

他の方にうつさない様にする最低限のマナーです。

手足口病の妊婦の症状?胎児への感染や影響?

スポンサーリンク

-健康・医療
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.