くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

手足口病の妊婦の症状?胎児への感染や影響?臨月や後期の妊婦は?

投稿日:

妊婦

手足口病は今やお子さんがかかるだけではなく、
大人もかかる病気なのはご存知ですか?

特に気をつけたい妊婦さんが、
手足口病になった場合の影響とは?

また症状とはどんなものか?
今回は手足口病と妊婦さんについて解説します。
大人の手足口病の症状は?うつる期間は?仕事は?復帰は?

スポンサーリンク

手足口病、妊婦の症状とは?

手足口病は本来、幼児がかかる病気で、
病名と同様に手や足、口の中に水疱の様な湿疹が広がり、
特に女性は痕が残るのではないかと心配になるほどです。

夏頃に流行る傾向ですが、
現在では秋~冬や冬~春にも流行することがあり、
季節を問わずにかかることもあります。

他には高熱や酷く痛む口内炎症状といった
症状が一般的です。

特効薬がない為通常であれば、
高熱には解熱剤、
口内炎が酷い場合は痛み止めを飲む
といった処置程度しかありません。

 

妊婦さんともなると簡単に痛み止めを飲む事が出来ないので、
口内炎の痛みで食べ物が食べられず脱水症状を起こさぬ様、
水分補給を特に意識することが大切です。

感染ルートは風邪と同じ飛沫・接触などなので、
例えば現在手足口病を発症しているお子さんが

家族にいる場合などは便などにも菌がいるので、
本来なら接触しない方が一番ですが、
手洗い・マスクはもちろん徹底しましょう。

スポンサーリンク

手足口病・妊婦、胎児への感染や影響は?

手足口病の妊婦から胎児への感染について、
一番心配される点だと思います。

妊婦から手足口病が胎児へ影響を及ぼすといった
医学的根拠や症例の報告などは無いに等しいですが、

胎児への影響を示唆されたケースに、
流産や胎児異常がエンテロウィルス感染症(手足口病含む)によって
引き起こされたのではないか?という示唆する報告はあった様です。

死産なども極僅か報告がありますが、
実際には手足口病との直接の関連性や根拠は
認められていないです。

しかしながら、かかっても大丈夫!という訳ではない
ケースもありますので、次で解説したいと思います。

手足口病、臨月や後期の妊婦の場合は?

妊娠中の手足口病での胎児への影響はほぼ無い様な
お話をしましたが、

妊娠も臨月に入った方の場合には、
出生児や出産後に感染することがあります。

つまり胎盤を通して感染することはなくとも、
臨月辺りで罹った場合に手足口病の後期と出産が
重なった場合には感染するケースはあります。

手足口病は発症から1週間~10日で自然治癒するものですが、
その終わりに差し掛かった時には要注意。

としたいところですが注意出来る事ではありませんが、
万が一感染しても新生児の場合は軽症で済む事がほとんど

 

稀に合併症を起こす可能性もありますので、
かかりつけの産婦人科医や助産師さんへは、

出産時には自身が手足口病であることを
伝えたほうがよいです。

スポンサーリンク

-健康・医療
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.