くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

さつまいもの栄養やカロリー!効果は?妊婦にはいい?かぼちゃ、ジャガイモの比較

さつまいも

さつまいもといえば、
ご飯のおかずとして、おやつとして、
天ぷら、焼き芋、大学いもなど
食卓でよくみかけるかと思います。

さつまいもには多くの栄養素が
バランスよく含まれているので、
NASAの研究で「準完全食品」として
注目されているそうです。

一体どのような栄養素が含まれているのでしょうか。
今回はサツマイモの栄養についてご紹介します。

さつまいもの保存方法!冷蔵・土に埋める・切った後!保存食レシピは?

スポンサーリンク

さつまいもの栄養成分やカロリーは?かぼちゃやジャガイモと比べては?

さつまいもの主成分はでんぷんです。

ビタミンやミネラル類を豊富に含んでおり
加熱することで、
でんぷんの一部が糖(甘味)へと変化します

さつまいものでんぷんを糖へと変えるのは、
酵素の働きによるものですが
酵素は加熱する時間が短いと十分に働かないため、
糖が作られないうちにさつまいもに熱が通ってしまい
甘みが少なくなってしまいます。

調理する時に弱火でじっくり加熱することで、
さらに甘味が増加するのです。

◇さつまいものカロリー
100g当たり135kcal

◇さつまいもの栄養成分
食物繊維
ビタミンB1
ビタミンB6
ビタミンC
ビタミンE
カリウムなど

さつまいものビタミンCは、
りんごの約10倍といわれています。

通常ビタミンCは熱に弱いため、
加熱すると栄養素が壊れてしまうといわれていますが、
さつまいもに含まれるビタミンCは
デンプンの働きで加熱しても
壊れにくいといった特徴があります。

同じいも類のじゃがいもは、
100g当たり 70kcalです。
じゃがいものビタミンCもさつまいもと同様に、
加熱されることでのり状となったでんぷんが
ビタミンCを守ることから、
加熱に強いといわれています。

かぼちゃですと、
100g当たり60kcaです。
栄養成分を比較して特徴的なことは、
緑黄色野菜のかぼちゃは、
カロテンが豊富ということです。

スポンサーリンク

さつまいもの栄養の効能は?

ビタミンB群は、
疲労回復や脳の活動に関与しています。

ビタミンCは、
免疫力を高めて風邪の予防に効果的だとされています。

ビタミンEは、
動脈硬化などの生活習慣病の予防と
冷え性や、更年期障害の改善に効能があるといわれています。

カリウムは、
老廃物の排泄を促してナトリウムを排出する働きがあります。
塩分の過剰摂取や、高血圧予防に効果が期待できるといえます。

さつまいもを切ると、
切り口から白い液体が出てきます。

この液体はヤラピンという栄養成分です。

ヤラピンには腸の働きを整えるといった効果があります。

ヤラピンと食物繊維の相乗効果で便秘に大変効果的といえます。

さつまいもは皮に食物繊維が豊富に含まれているため、
皮ごと食べることをお勧めします。

さつまいもの栄養妊婦さんにはいいの?

さつまいもは、妊婦に必要とされる葉酸や
便秘の改善に効果的な食物繊維を含みます

腹持ちも大変良いので、
体重の増加が気になる時にも嬉しい食材です。

ただし、
過剰に摂取してしまうと
下痢や胸焼けを起こしてしまう可能性があります

食べ過ぎにはくれぐれも注意してください

さつまいもの種類で甘くて美味しいものは?

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

長芋 山芋 自然薯 大薯 とろろ
長芋のアレルギーの症状は?起きた時の対処方法!離乳食にも大丈夫?

長芋のアレルギーの症状は?起きた時の対処方法!離乳食にも大丈夫? とろろにしてご …

納豆
納豆の成分や栄養価・効果とは?挽き割りは?混ぜる回数で変わる?

納豆は栄養がある!といいますが、 実際栄養ってどんなものが含まれているか みなさ …

コーヒー
カフェインは交感神経を刺激、覚醒・血管拡張の効能!副作用の危険性も!

私たちの身近にあるカフェインは、 眠気覚ましや、 日頃の水分として摂取することが …

数の子
数の子の塩抜きのやり方!冷蔵庫・常温?時短方法は?真水ではダメ?

数の子の塩抜きについてお教えします。 お正月のおせちに欠かせないメニューです。 …

ハーブティー
ラベンダーティーの効果、飲み過ぎの副作用は?飲む時間は?妊婦には?

ハーブの中でも人気の高いラベンダー、 ラベンダーを使ったハーブティーは 香りが高 …

梅干し
梅干しは初心者も作れる?どんな梅がいい?作る時期や注意点は?

梅干しは、日本で昔から食べられている代表的健康食品の一つです。 長く保存ができる …

ブロッコリー
ブロッコリーの栄養やカロリー・効能!カリフラワーと比較!妊婦には?

茹でたものをお弁当の彩りに入れたり 野菜サラダに加えたりすると きれいな濃いグリ …

豆乳
豆乳のアレルギー アイスやプリンでは?加熱でシチューやグラタンは?

健康や美容といった面にとてもよいとされ、近年、よく飲まれている豆乳ですが、思わぬ …

牛肉
茶色、緑色に変色した牛肉の原因は?大丈夫?賞味期限は?解凍、臭いは?

うっかり買い物して冷蔵庫に入れっぱなしの牛肉が数日後に変色してしまった! これっ …

きくらげナムル
キクラゲの栄養素、成分の特徴とは?カロリーや効能は?妊婦には?

コリコリとした食感の「キクラゲ」中華料理などに入っているのを見かけますね。 キク …