くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

インゲンの栄養・カロリーは?成分の効果は?妊婦には?下ごしらえ!

いんげん

皆さんは、〝インゲン〟って聞いて何を想像しますか?
耳にはしますが、なんとなくぼやっとした印象じゃないですか?
主役を飾らない、わき役というか・・・。
そんな〝インゲン〟って実はすごいやつなんです。
今回は栄養やカロリー、効能などについてお知らせします。

スポンサーリンク

インゲンの栄養、カロリーは?

インゲンの主成分は糖質です。
タンパク質も多いのでが、
脂質の含有量が少ないのが特徴的です。
カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルも豊富に含んでいます
鉄分が多い食物は貧血予防に最適なのはご存知ですよね。

インゲンの成分のなかには必須アミノ酸が含まれているので、カルシウムの吸収促進、あわせてカルシウムの効能である疲労回復、抜け毛防止などの効果を促進してくれる嬉しい作用ももっているのです。

そして、さつまいもの約3倍といわれる程の食物繊維が豊富に含まれています。
便秘解消、満腹感の維持、腸内環境改善にも効果が期待できると言えます。

茹でたインゲンは100gあたり約30kcalなので低カロリー。
たくさん食べえてよいうえに、腹持ちが良いのでダイエットにも、効果的な食材です。

スポンサーリンク

インゲンの栄養成分の効果は?妊婦さんにはいいの?

栄養がたくさんあるのは先ほどご理解いただけたかとおもいます。

カルシウム、マグネシウム:イライラ防止、精神の安定効果、ストレス対策
鉄分、モリブデン、ビタミンK:貧血予防、カルシウムの保護
必須アミノ酸:カルシウムの吸収促進、疲労回復、抜け毛予防
食物繊維:便秘解消、満腹感維持、腸内環境改善
サポニン:肥満防止、代謝の促進
ポリフェノール:アンチエイジング、抗アレルギー効果

インゲンの苦み、えぐみにはサポニンという成分があり抗酸化作用のおかげで脂肪の代謝を促進してくれます。

最近では、妊婦さんの体重が増えすぎると産道に脂肪が付き赤ちゃんが出にくくなってしまうほか、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などのリスクが高まるという報告がされています
サポニンは自然のダイエットサプリメントとして無理なく体重増加を防いでくれているんですね。

インゲンを冷凍すると栄養は変わるの?茹で方、下ごしらえは?

下ごしらえの方法
①洗う
②下手の部分を切る
③長さをそろえる
④塩を小さじ1いれたお湯にインゲンを入れる。(インゲンがかぶるくらいの水量)
⑤中火でインゲンがやや硬いくらいでざるにあげる。
⑥冷まして完成

茹でるときは多めにゆでて、食卓へ出さない分を冷凍しておけば、次回使うときに時短できます。
冷凍した際、栄養成分は変わらないか、若干栄養価が下がるそうですので、なるべくなら冷凍せずに食べるのをお勧めします。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

カプレーゼ
カプレーゼとは?意味は?カロリーは?おすすめの作り方や簡単・時短は?

イタリアンレストランやワインバーで前菜に載っている「カプレーゼ」。簡単に作れるう …

バナナ
バナナの変色の原因は?防ぎ方は塩水、砂糖水、レモン汁!離乳食には?

バナナが変色することは、当たり前ではありますが、なぜ、変色するのでしょうか? ス …

えのき茸
えのきの栄養の効果やカロリー!他のきのこと比較!妊婦や子どもには?

白くて長いえのきは、 きのこ類の中でも よく使われる食材ではないでしょうか。 鍋 …

ぶどうマスカット
マスカットの栄養価は?その他のブドウとの比較は?効果やカロリーは!

皆さまはマスカットはお好きですか? マスカットといえば、 マスカット・オブ・アレ …

いちじく
いちじくの食べ方!生で?皮ごと?皮の剥き方!甘露煮、ワイン煮も!

8月上旬~10月下旬が旬のいちじく。 傷みやすく、流通量もさほど多い果物ではない …

カリフラワー
カリフラワーの保存方法や期間!保存食はピクルス!大量消費のレシピ!

ブロッコリーに比べると地味な存在ですが、 カリフラワーの栄養素は がんの予防効果 …

ピーマン
ピーマンのカロリーや栄養や効果は?種には?妊婦や子供には?

ピーマン嫌いの子供さんも多いですが、今回は、ピーマンの知られざる栄養価や効果効能 …

三つ葉
三つ葉の保存方法は?冷凍?乾燥?保存期間や保存食は!

三つ葉は、今やいろいろなものに使われる葉物野菜となりました。 色もきれいで香りも …

醤油麹
醤油麹の特徴や作り方は?使い方は?塩麹との使い分けは?

一時のブームに終わらず便利な調味料として市民権を得た塩麹。その姉妹的な存在である …

ルッコラ
ルッコラの食べ方!栄養やカロリーは?成分の効果は?

イタリア料理に欠かせないルッコラはサラダに入れると綺麗な緑色が彩りも良くなって見 …