くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

烏龍茶の効能や入れ方!やかんでは?簡単・冷たい入れ方!台湾では?

ティーポット

烏龍茶をおいしく入れる方法をご存知でしょうか。

いつもなんとなく入れてて、
なんとなく飲んでるといった方に、
正しい烏龍茶の入れ方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

烏龍茶の入れ方、効果とは?

烏龍茶といえば中国や台湾といった
アジア諸国で飲まれているお茶で、
日本でも随分と以前からポピュラーになりました。

家庭でも楽しむ事ができ、
こだわる方は茶器まで準備して
本格的に入れて楽しまれている方も少なく有りません。

烏龍茶が持つ効果とは、
有名なのが「ダイエット」ですね。

烏龍茶に含まれているポリフェノールにより
小腸で吸収されようとする脂肪を吸収させず、
体外へと排出されることにより、
脂肪の蓄積を抑えるという働きによるものです。

また、他にも美肌効果や、
アンチエイジング効果といったものも期待が出来、
女性にとっては嬉しい効果を多く持っています。

他には虫歯菌の発生を抑えたり、
抗アレルギー作用といった働き、

カフェインによる利尿作用により
むくみや高血圧予防といった働きも持ちます。

美容だけではなく、
健康にもよいお茶である事は既に皆さんが
ご存知の通りです。

スポンサーリンク

烏龍茶の入れ方、やかんでは?簡単・冷たい入れ方は?

烏龍茶の入れ方は、
その茶葉の状態に寄るかもしれませんが、
多くはティーバッグ状になっているものが
主流かと思います。

やかんで行う方法の場合は、
まず沸騰させてからティーバッグを入れて、
「3分」を目安に好みの濃さになるまで煮出します

そこで一旦ティーバッグを取り出し、
冷ましてからウォーターポットなどに入れ、
冷めたら冷蔵庫へ入れます。

簡単に冷たい烏龍茶の入れ方としては、
もちろんこの煮出した烏龍茶に氷を入れるだけ
といった方法がよいですが、

時間がある方は「冷水出し用」の
烏龍茶を購入しましょう。

これならウォーターポットにティーパックを入れ、
30分以上置いて好みの色になったら取り出すだけです。

急ぐ場合にはやはり熱湯を使用して
手早く抽出してから氷を入れて飲む方が早いですが、

入れ方の簡単さといえば、
冷水で抽出する方が手軽です。

烏龍茶の入れ方、台湾では??

烏龍茶といえば中国以外にも
台湾でもとても有名で有り、
普段私達が飲むお茶の入れ方とは
少々違いが有ります。

茶器である急須や湯のみを
しっかりと温めつつ、
茶葉をよく開かせる様な入れ方で、
少々手間と感じてしまう方も少なく有りません。

ただ、この入れ方をすれば、
台湾茶のおいしさを存分に楽しむ事ができ、
お茶の世界の楽しみをまた1つ増やしてみるのも
お茶好きさんの醍醐味ではないでしょうか。

LDL悪玉コレステロールを減らす食事や食べ物!お茶やヨーグルト・酢

びわの栄養やカロリーは?効能は?お茶も妊婦にうれしい効果が!

ウーロン茶の飲みすぎ、カフェインは?症状は胃痛や下痢?寝る前は?

 

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ

  関連記事

そば
そばの食べ過ぎは太る?妊娠中は?アレルギーの危険!

のどごしがよく、体によい「そば」 そばって食べ過ぎると良くない事はあるのだろうか …

なめこ
なめこの冷蔵・冷凍の保存方法や期間は?所存食レシピを紹介

美肌にいい栄養素がいろいろと含まれていてカロリーも低いなめこはもっと食べたい食品 …

ヨーグルト
L8020乳酸菌の効果!虫歯、歯周病、口臭予防!

皆さんの日常生活の悩みの中には、虫歯や歯周病などがありませんか? いくら歯を磨い …

こんにゃく
こんにゃくの栄養やカロリーと効能?グルコマンナンとは?妊婦には?

海草とならび、低カロリーな食材として知られているこんにゃく。 さて、このこんにゃ …

はまぐり
はまぐりの砂抜きの方法や時間は?時短テク!!開かない原因は?

お吸い物や酒蒸しなどがおいしいはまぐり。 潮干狩りでもお馴染みですね!はまぐりの …

たらの芽
山菜のたらの芽の栄養やカロリーは?下ごしらえやおすすめの食べ方!

冬が終わり、暖かくなってくると山や野原で様々な植物が芽吹きます。 その一つである …

ハーブ レモングラス
レモングラスの効能?ハーブティーの特徴?妊婦さんには良くないの?

よく知られたハーブひとつ、レモングラス。 名前どおりレモンのような香りが甘さも感 …

豆腐
豆腐の食べ過ぎは下痢や病気に?ダイエットは?妊娠中は?

カロリーが控えめで腹持ちもいいので、ついダイエットや健康の為にと食事に、豆腐を食 …

しめじ
しめじの冷凍保存はまずい?臭い?食感も悪い?コツを紹介!弁当レシピは?

値段も手頃で、いつでも買える、 そしてどんな料理にも使えるしめじ。 つい便利で作 …

みょうが
みょうがの栄養成分・カロリーは?どんな効果がある?妊婦さんには良い?

暑い季節、みょうがを素麺や冷奴の薬味として召し上がる方が多いのではないでしょうか …