くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

烏龍茶の効能や入れ方!やかんでは?簡単・冷たい入れ方!台湾では?

ティーポット

烏龍茶をおいしく入れる方法をご存知でしょうか。

いつもなんとなく入れてて、
なんとなく飲んでるといった方に、
正しい烏龍茶の入れ方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

烏龍茶の入れ方、効果とは?

烏龍茶といえば中国や台湾といった
アジア諸国で飲まれているお茶で、
日本でも随分と以前からポピュラーになりました。

家庭でも楽しむ事ができ、
こだわる方は茶器まで準備して
本格的に入れて楽しまれている方も少なく有りません。

烏龍茶が持つ効果とは、
有名なのが「ダイエット」ですね。

烏龍茶に含まれているポリフェノールにより
小腸で吸収されようとする脂肪を吸収させず、
体外へと排出されることにより、
脂肪の蓄積を抑えるという働きによるものです。

また、他にも美肌効果や、
アンチエイジング効果といったものも期待が出来、
女性にとっては嬉しい効果を多く持っています。

他には虫歯菌の発生を抑えたり、
抗アレルギー作用といった働き、

カフェインによる利尿作用により
むくみや高血圧予防といった働きも持ちます。

美容だけではなく、
健康にもよいお茶である事は既に皆さんが
ご存知の通りです。

スポンサーリンク

烏龍茶の入れ方、やかんでは?簡単・冷たい入れ方は?

烏龍茶の入れ方は、
その茶葉の状態に寄るかもしれませんが、
多くはティーバッグ状になっているものが
主流かと思います。

やかんで行う方法の場合は、
まず沸騰させてからティーバッグを入れて、
「3分」を目安に好みの濃さになるまで煮出します

そこで一旦ティーバッグを取り出し、
冷ましてからウォーターポットなどに入れ、
冷めたら冷蔵庫へ入れます。

簡単に冷たい烏龍茶の入れ方としては、
もちろんこの煮出した烏龍茶に氷を入れるだけ
といった方法がよいですが、

時間がある方は「冷水出し用」の
烏龍茶を購入しましょう。

これならウォーターポットにティーパックを入れ、
30分以上置いて好みの色になったら取り出すだけです。

急ぐ場合にはやはり熱湯を使用して
手早く抽出してから氷を入れて飲む方が早いですが、

入れ方の簡単さといえば、
冷水で抽出する方が手軽です。

烏龍茶の入れ方、台湾では??

烏龍茶といえば中国以外にも
台湾でもとても有名で有り、
普段私達が飲むお茶の入れ方とは
少々違いが有ります。

茶器である急須や湯のみを
しっかりと温めつつ、
茶葉をよく開かせる様な入れ方で、
少々手間と感じてしまう方も少なく有りません。

ただ、この入れ方をすれば、
台湾茶のおいしさを存分に楽しむ事ができ、
お茶の世界の楽しみをまた1つ増やしてみるのも
お茶好きさんの醍醐味ではないでしょうか。

LDL悪玉コレステロールを減らす食事や食べ物!お茶やヨーグルト・酢

びわの栄養やカロリーは?効能は?お茶も妊婦にうれしい効果が!

ウーロン茶の飲みすぎ、カフェインは?症状は胃痛や下痢?寝る前は?

 

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ

  関連記事

おから
ドライおからでダイエット!やり方や方法とは?効果や作り方は?

テレビで話題になった 「ドライおから」を使ったダイエット方法! おからと言えばお …

バーニャカウダ
バーニャカウダとは?野菜スティックとの違い!どんな野菜で?食べ方は?

普段から野菜をきちんと食べないと 肌トラブルの原因になったり 便秘になったりと …

枝豆
枝豆の茹で方!冷凍保存も出来る?時間は?砂糖を入れると美味しく?

夏に欠かせない枝豆、家で茹でるとなぜか水っぽくなってしまって塩気が感じられなかっ …

ピーマン
ピーマンの苦くない方法!焼肉、焼きそば、野菜炒めの切り方!

ピーマンは、水溶性のビタミンが含まれているため、炒め過ぎると栄養価を失ってしまい …

生姜
生姜湯の作り方!甘みは砂糖・黒砂糖・はちみつ?生それともパウダー?

身体を芯から温める飲物に「生姜湯」がありますね。飲むとポカポカとしてきてホッとし …

マキベリー
マキベリーとは?栄養やカロリー・効果は?使い方やおすすめレシピ

「マキベリー」。最近テレビや雑誌で取り上げられることも多い、話題のスーパーフルー …

ピーナッツ 落花生
ピーナッツの食べ過ぎで腹痛・下痢や胃痛・頭痛に!鼻血に?

  ついつい食べ過ぎてしまうピーナッツ、美容にもよいとされていますが、 …

豆乳
豆乳の栄養素や成分、カロリーは?効能は?阻害とは?妊婦にはいい?

近年では牛乳よりも豆乳を飲まれる方が多いですが、どんな栄養と効果があるかご存知で …

蜂
蜂の子の栄養!効果は?耳鳴りが改善?サプリメントでの副作用は?

蜂の子は、 古来より貴重なタンパク質の栄養源とされてきました。 世界各地で食され …

おせち料理とお雑煮
おせち料理の詰め方は?仕切り方はどうする?

お正月に食べるおせち料理は、 三が日主婦が台所に立たなくてもいいように作る保存食 …