くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ピーマンの苦くない方法!焼肉、焼きそば、野菜炒めの切り方!

ピーマン

ピーマンは、水溶性のビタミンが含まれているため、炒め過ぎると栄養価を失ってしまいます。

うまく、栄養素を残しつつ、苦みを抑える方法や、料理方法をご紹介します。

スポンサーリンク

苦くない!苦味を抑えたピーマンの切り方は?

ピーマンの繊維は縦に並んでいるため、横に切ってしまうと、苦みが出てしまいます
それに伴いにおいも強くなります

苦みが苦手な方は、輪切りは適さないため、縦切りをするようにしてください。

どうしても輪切りが使いたい場合は、湯通しもしくは、油通しをすると、苦みは感じにくくなります。

油通しとは、油をくぐらせるだけですので、お手軽ににおいが気にならなくなります。

繊維を切らないように気を付けて下いね。

そして、切る前の下ごしらえとして、わたの部分(白い部分を)を綺麗にのけてしまう

ことが必要です。この過程が丁寧にできていなければ、苦みとにおいは、残念ながら、残ってしまいます。

スポンサーリンク

ピーマンの切り方!細切り、みじん切り、輪切り、乱切りは?

細切りとは、大体4cmぐらいで厚さ3mmぐらいの長さに押しながら切る方法です。

みじん切りとは、千切りにしたものをまた角度を変えてさらに細かく切る方法です。

輪切りとは、ヘタと反対側から等間隔にカットしていく方法です。

しんは、残しておいた方がカットしやすいです。

乱切りは、向きの均等さはなく、向きを一回一回変えながら切る切り方です。

切り方を変えることにより、料理の見栄えも変わってきます。

料理に合った形に切ってみましょう。

野菜の切り方によって、味やにおいも変わってきますので、少し意識してカットをしてみてくださいね。

料理によって、他の野菜との形のバランスもありますので、いろいろな切り方を

是非この機会にマスターしてみてください。

ピーマンの焼きそば、焼き肉、野菜炒め、肉詰め、チンジャオロース,回鍋肉の切り方は?

焼きそばのピーマンの切り方は、焼きそばの邪魔にならない、細切り、もしくは千切りが良いです。

焼肉の場合のピーマンの切り方は、半分に切り、4等分に切る切り方が一般的です。

野菜炒めの場合は、短冊切りが良いです。

長さを2等分ぐらいにし、1cm幅ぐらいに切ります。

チンジャオロースのピーマンの形は、千切りが良いです。

子供にどうにかピーマンを食べさせるために、私自身もカットの仕方を悩みますが、

繊維を壊さないように切り始めてからは、入っていても、きちんと食べるように

なりましたので、切り方を気を付けて、料理ごとに使い分けをしましょう。

パプリカの栄養やカロリー!効果は?赤、黄、オレンジ色の違いは?

にんじんの色々な切り方!鍋・炒め物・焼きそば・きんぴらには?

スライスやサイコロ、角切り、サラダや刺身、簡単なアボカドの切り方

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ ,

  関連記事

ハンバーグとニンジングラッセ
にんじんのグラッセのレンジの簡単な作り方!保存方法や離乳食には?

ハンバーグなどの肉料理の付けあわせの定番に 人参のグラッセがあります。 にんじん …

ハンバーグ
ハンバーグの焼き方のコツとは?冷凍は?フライパン?オーブン?

ナイフを入れるとジュワっと肉汁が溢れる ふんわりしたハンバーグ。 お店の様な焼き …

牛乳
牛乳の栄養成分や効能は?加熱すると変わる?吸収出来ない?

牛乳は栄養があると言われ続けていますが、その栄養とはどんなものかご存知ですか? …

油
亜麻仁油の効能!摂取量!副作用は?認知症、アトピー、不妊症に効果!

芸能人も多く使ってその効能が話題の 「亜麻仁油」 注目されるその秘密、 効能とは …

サムゲタン
サムゲタンとは?食べ方!簡単に手羽先で作る具材は?レシピは?

韓国料理で人気の「サムゲタン」 お店で頼んでみたものの、 身近な料理ではないので …

レタス
レタスの栄養・カロリー、効果は?キャベツやきゅうりと比較!

レタスは、いくら食べてもお腹の負担にならないイメージがあり、シャキシャキ食感がサ …

にんにく
にんにくの食べ過ぎの症状下痢、腹痛、貧血、臭いおならの対処方法は?

「にんにくを食べるとスタミナがつく」とはよく言われていること。 確かに、にんにく …

味噌
味噌の種類、栄養の含有量、特徴や塩分濃度の違い、熟成期間や選び方!

古くから日本の食卓にあった「味噌」 種類ってどれくらいあるかご存知ですか? 地域 …

大豆
大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減少させて血流を促進するレシチンや、脂 …

ほうれん草
ほうれん草の栄養や効果は?妊婦や赤ちゃんにも良い効能が!

お浸しや胡麻和え、野菜炒めなど、食卓に上る機会も多いほうれん草。 どちらかという …