くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

スイートポテトの作り方、トースターやオーブンで簡単!人気レシピ

スイートポテト

秋には旬を迎えるさつまいも、
芋掘りなどでもたくさん手に入ったりしますが、
そんな時!おいしいスイートポテトを作りませんか?

それほど難しくなく、
自分好みの甘みを付ける事も出来、
上手に出来たらお裾分けして楽しみましょう。

スイートポテトの作り方についてご紹介しましょう!

スポンサーリンク

スイートポテトの作り方、トースターやオーブンで簡単!

スイートポテトを作るのが面倒くさい

なぜそう思うのでしょうか?

実際に私自身もさつまいもの時期になると作りますが、
おそらく潰してから「裏ごしをする」
という点が面倒くささを助長しているかに思います。

裏ごしすればその裏ごし器を洗う手間、
なかなかキレイにならず面倒臭さを感じます。

 

しかし実際には裏ごしする必要はなく、
柔らかくさつまいもを茹でてから、
スプーンなどで潰す程度で充分です。

柔らかく加熱する際も電子レンジでの加熱でも出来ますし、
仕上げに焼きますがトースターなどで焼き目をつければ
充分なので非常に簡単なのです!

スポンサーリンク

 

スイートポテトの作り方、牛乳?生クリーム??

マッシュしたさつまいもをなめらかにし、
コクを加えるために入れる「牛乳」や「生クリーム」

レシピによっては違いがあり、
中には入れずに作るといった方もいらっしゃいます。

いずれも「自由」でありつつ、
濃厚なコクが好みであれば「生クリーム」がおすすめですし、
ダイエット中でカロリーを控えたい場合には
「牛乳」でなめらかにさせるという方もいらっしゃいます。

スイートポテトの材料には他にも
バターやマーガリンといった油分を加えるものですが、
これらも実際には好みでは入れようが入れまいが
基本は入れるとしても抜いて差し支え有りません。

寧ろ生クリームを少量入れただけでも
充分なコクは出ると思うのでバターなどを抜く
といった「好み」に合わせて作れば良いとおもいます。

お砂糖も入れますが、
ここでもグラニュー糖を使う方、
てん菜糖を使う方やダイエット甘味料などもありますが、
黒糖は色が付いてしまうので完全お好みになります。

スイートポテトの作り方、おいしい人気レシピは?

おいしく簡単に作れる人気レシピ、
レシピといえば「クックパッド」を思い出します。

たくさんのレシピがある中、
話題入りし人気となっているレシピがあります。

材料も至ってシンプルで、

・さつまいも
・バター(もしくはマーガリン)
・砂糖
・牛乳
・塩
・卵黄(つや出し用)

これだけです!

さつまいもの皮を剥いたら3分ほど水にさらして
耐熱皿に広げラップをかけてレンジで柔らかくなるまで加熱し、
その後潰して熱いうちに卵黄以外の材料を混ぜましょう。

アルミカップに乗せたら卵黄をといた物を
表面に塗ってトースターなどで焼き目が付くまで焼けばOKです。

*簡単*スイートポテト

さつまいもの栄養やカロリー!効果は?妊婦にはいい?かぼちゃ、ジャガイモの比較

さつまいもの種類で甘くて美味しいものは?栗きんとんには?

大学芋の簡単にカリカリになるレシピ!揚げないカロリーを抑えた方法!

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

はちみつ
はちみつの栄養やカロリー・種類や、効能は?咳や風邪に効果的!

栄養があると言われるはちみつ、 どんな栄養があるかご存知ですか? 知る事でもっと …

ブロッコリー
ブロッコリーの茹でる場合、生の場合の冷蔵・冷凍の保存方法!期間は?

ブロッコリーはとても栄養価の高い野菜です。 含まれている栄養素は 風邪の予防や …

油
えごま油の効能や摂取量は?妊婦やうつ病・認知症にも嬉しい効果!

最近なにかと身体によい植物油が注目されていますが、 その中に「えごま油」がありま …

ピーナッツ 落花生
ピーナッツの食べ過ぎで腹痛・下痢や胃痛・頭痛に!鼻血に?

  ついつい食べ過ぎてしまうピーナッツ、美容にもよいとされていますが、 …

油・オイル
グレープシードオイル(ブドウ種子油)のカロリーや栄養、効果・注意点?

グレープシードオイルは、 ブドウの種子を乾燥させ圧搾し精製されます。 このオイル …

味噌煮込みうどん
味噌煮込みうどんの具、食べ方は?本場名古屋では?作り方を紹介

名古屋名物である「味噌煮込みうどん」 各家庭でも思い思いの具を使いレシピがあると …

野菜
バーベキューの野菜の量は?下ごしらえや保存!焦げない焼き方は?

バーベキューといえばお肉がメインですが、お野菜だって食べたいですよね。 ただ焼く …

数の子
数の子の栄養や効能、カロリーは?動脈硬化予防や、内臓脂肪を減少?

寒くなってくると唱えてしまう毎年恒例のこのフレーズ、「1年ってあっという間ねぇ」 …

らっきょう
らっきょうの効果!食べ過ぎでおならが出るのはなぜ?腹痛や下痢に注意

美味しくてついつい食べすぎてしまうらっきょうですが、食べすぎてお腹が痛くなったこ …

葉が付いているかぶ
かぶの葉や茎の栄養やカロリー!根とは別物!妊婦や子どもに嬉しい効果!

かぶの葉は食べられると知っていても、根の白い部分と違い、使い切れずに余らせてしま …