くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ワキの黒ずみの原因は?妊婦の場合は?毛穴のブツブツを軽減する方法!

女性

暑くなってきて薄着になると気になるワキの黒ずみ…女性なら誰もが気になることですね。

気になるからノースリーブの服は着られないと悩む方も少なくないでしょう。
妊娠中にも色が濃くなってしまうことの多い、ワキの黒ずみについて、その原因を探ります。
原因を知って少しでも改善していきましょう!
わき専用の黒ずみ対策ジェル エステ級の高級成分で美わきを自宅で手に入れる!! 無添加処方、医薬部外品【ピューレパール】

ワキの黒ずみの原因は?

ワキが黒ずむ原因には大きく二つ挙げられます。
まず一つ目はメラニン色素の沈着によるもので、これはメラノサイトという細胞が
肌への刺激が起こるときに出る防御反応です。

ワキといえば毛の処理をする方が多いですが
この時に使用するカミソリなどで肌に負担をかけてしまい、それを繰り返すうちに黒ずんでしまうのです。
元々ワキの毛は弱い皮膚を守るために生えているものなので、そのデリケートな部分に刺激が
加わると、肌を守ろうとメラノサイトが働き色素沈着してしまいます。

もう一つの原因は、皮脂や古い角質などの汚れが詰まることです。

着ている衣服がこすれたり汗をかいたときに蒸れを起こしたり、また臭いを抑えるためのスプレーで
ワキの皮膚は様々なものに覆われることが多いです。元々汗や皮脂の分泌の多い部分なので
これらの要因が加わることによってさらに汚れが詰まってしまいます。

ファンデーションを塗って隠すなどは、もってのほかですね…
また、ワキが黒いことに悩んでいろんな化粧品などを使うことが刺激となって
より悪化させているケースも少なくありません。

スポンサーリンク

妊娠中・妊婦のワキの黒ずみの原因は?

妊娠された経験のある方なら思い当たると思いますが、妊娠中にはホルモンの変化が起こるので
ワキや乳首が黒ずむ方が多いです。
妊娠20週くらいになると、エストロゲンという卵胞ホルモンと、
プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が急激に増えてきます。
このホルモンが肌のメラニン色素の細胞、メラノサイトを刺激することでメラニン色素が増え
色素沈着を起こしやすい状態になって、黒ずんでくるのです。
妊娠中や産後の授乳中は黒ずむ状態が続きますが、ホルモンバランスの一時的な変化によるものなので
この時期が過ぎれば徐々に元に戻っていき薄くなります

ワキの毛穴が目立ちブツブツしている原因は?

ワキの下の毛穴が目立ってブツブツする…という方もおられるのではないでしょうか?
この原因も先ほどの黒ずみととても似ています。
毛抜きでワキの下の毛を抜いていませんか?
毛抜きで抜いていると毛穴やその周りの皮膚が傷つくことで、毛穴がふさがれてしまいます。

そして毛が毛穴を覆った薄い皮膚の中で埋もれてしまって埋没毛になり、
黒いブツブツになってしまうのです。
その他には先ほどと同じように、カミソリで沿った時の肌への刺激でカミソリ負けの状態になり
炎症が起きて赤いブツブツが出来てしまいます。これは毛包炎と言って、
傷ついた肌の表面から細菌が入ることで炎症を起こすことで赤いブツブツとなります。

皮脂の汚れが貯まると、白いニキビのようなブツブツや黒いブツブツが出来ます。
白いブツブツは皮脂が溜まることで出来、黒いブツブツは、汚れが酸化することで出来ます
毛穴を塞いでしまう原因は制汗剤の多用もその一つと言えます。

スポンサーリンク

ワキの黒ずみやブツブツを軽減するには?

ワキの黒ずみやブツブツを軽減するためには、ワキの毛の自己処理の仕方にポイントがあります。

毛抜きで抜くなら、ホットタオルで温めたり、入浴時に温めてから抜き、抜いた後は保湿をしましょう。

カミソリでそるなら、カミソリ負けをしないように前もってワキにクリームを塗って滑りをよくしてから
まずは毛の流れに沿って剃り、それで残ったものだけを逆剃りにします。

出来るだけ肌へのダメージを少なくしましょう。
そして処理した後は、肌のバリア機能が低下して炎症を起こしやすい状態になります。

色素沈着を防ぐためには肌に合った化粧水やクリームを塗って保湿するようにしましょう。

化粧水や美容液をコットンに浸してコットンパックすると、より効果的ですよ。

そしてワキの下は常に汚れが溜まらないように、清潔にしておくことも大切です。
ナイロンタオルでゴシゴシこするのはNGです。
せっけんやボディーソープを泡立てて
その泡で優しく撫でるようにして洗うのがお勧めです。

ワキの黒ずみやブツブツに悩む方は意外に多いものです。

しかし正しいケアの仕方を知らない方もまた多いのが現状です。無理なムダ毛処理で
より悪化させないように気を付けて少しずつ改善していきたいですね。

色素沈着の対策のクリーム!市販のもの!目元や顔!アトピーに効果的?

色素沈着を治す!!目元や顔、おしりやニキビ跡、アトピーの薬は?

女性の顔や足でのカミソリ負けの原因や症状は?治療は?オロナインでいい?

女性のすね毛を薄くする方法!シェーバーと抑毛剤で!ガムテープは危険!

スポンサーリンク

 - 美容 , , , ,

  関連記事

悩む女性
20代、30代、40代、50代女性の抜け毛の原因!妊娠中、産後?

薄毛、抜け毛は男性の悩み、というのはもう過去の話。 最近では、女性でも抜け毛を悩 …

まぶた
一重を二重まぶたにする方法!メイクは?絆創膏やアイプチを使う方法

一重と二重では、かなり目元の印象が変わってきますね。今回は、一重を二重にする方法 …

シャンプー 頭にタオルを巻く女性
シャンプーのやり方!さらさらヘアーの作り方は櫛とドライがポイント

毎日行っているシャンプーで、 さらさらヘアーを作りませんか? 案外シャンプーの方 …

ローションを塗る女性
除毛・抑毛クリームの効果は?脱毛クリームの効果的な使い方や期間は?

ムダ毛の処理が出来る脱毛クリーム。 使いやすさと手頃で 男性にも女性にも愛用され …

マッサージ手 腕
二の腕のたるみを引き締める方法!原因は加齢?筋トレは?手術では?

加齢とともに、歳を重ねてくると誰もが気にし始めるのが 二の腕のたるみですよね。 …

お肌を気にする女性
コラーゲン、ヒアルロン酸とは?プラセンタ、セラミドなどの違い?

テレビや広告で盛んにPRを行い、美容に効果があると言われるコラーゲンとヒアルロン …

うつ伏せの女性
背中のシミの原因は病気?日焼け?皮膚科の治療は?生まれつきある場合?

背中って見えないから余計に気になるものですが、 今まで無かったはずなのに、 急に …

むくみ
むくみ解消に効果のある栄養はカリウム!食べ物や飲み物は?妊婦には?

体調の変化や水分の飲み過ぎ、立ち仕事などで 体がむくむ時ってありますよね。 そん …

二重あご
二重あごの解消方法!ツボや食べ物!運動やトレーニングやグッズは?

付いてしまった顎の下のお肉。 二重顎の解消方法や簡単にできることをご紹介します。 …

ムダ毛すね毛をそる女性
女性のすね毛を薄くする方法!シェーバーと抑毛剤で!ガムテープは危険!

これから着る服に関しても、 女性としては生脚にもなりたいところです。 すね毛に関 …