くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

エリンギの栄養!美容やダイエットには?妊婦や子どもにも良い効果が!

エリンギ

ダイエットのためのレシピで
必ず「かさ増し」食材として
登場するのがきのこです。

いろんな種類があり香り・歯ごたえのいいもの
料理に加えると味に深みをもたせてくれるものなど
使いやすい食材ではないでしょうか。

またダイエット中でも
安心して食べられる低カロリー食材として
とても頼りになります。

エリンギはその歯ごたえがいいところが
マツタケやあわびに似ているとされる
面白いきのこです。

残念ながらエリンギそのものは
香りに乏しいタイプのきのこです。

でもそのためにいろんな味付け・香り付けで
調理して楽しむことができます。

クセもないので和洋中、どんな料理でもよく合います。

もちろんいろんな食材とも
合いますからいろんな調理法を
試すことができます。

きのこ類は好きではないという
お子さんも多いですが、
食感のいいエリンギなら食べられる
という子も多いといいます。

栄養面から考えるとぜひ食べて欲しい食材ですね。

エリンギの栄養や効果・カロリーは?保存方法は冷凍?冷蔵?切り方は?

スポンサーリンク

エリンギの栄養価は!注目の成分や他のきのことの比較

エリンギの栄養素は
カリウム・食物繊維・
ナイアシン・ビタミンD・
エルゴステロール・βグルカンなどです。

栄養価面で他のキノコ類と比べると
ビタミンD・ビタミンB1・
カリウム・食物繊維・
糖質が多く含まれています

特に注目してほしいのは
βグルカンという成分です。

身体の免疫力を高めウィルスや細菌による
感染から守ってくれます

βグルカンは不溶性食物繊維の一種です。
便秘の解消や血中コレステロールの上昇を抑える
ということに大きな働きをしてくれるものです。

高血圧や動脈硬化の予防
有効なものとなります。

またエリンギに含まれる
糖質のトレハロースは骨粗しょう症の
改善に効果があります。

エリンギのカロリーは
可食部で約100gとして
だいたい25kcalとなります。

これくらいなら
たくさん食べても
安心だと思います。

スポンサーリンク

エリンギの効果!美容やダイエットに取り入れるには

エリンギは他のきのこ類に比べて
食物繊維・カリウムが多く含まれています

エリンギに含まれる食物繊維は
「不溶性食物繊維」と呼ばれる
水に溶けないタイプのものです。

水分を吸収して膨張する性質があります。
そのために食べ物から採ることで
満腹感を得られるものです。

もともとエリンギのカロリーは
高くありませんからダイエット中に食事に
取り入れるとカロリーコントロールがしやすくなります。

満腹感があることで食べすぎを防いでくれることも
期待できます。

カリウムには体内に入った
余分なナトリウム(塩分)を
排泄する働きがあります。

これにより
高血圧防止にもなり
動脈硬化・心筋梗塞・
脳梗塞などのトラブルの
予防にもなります。

ナイアシンには
血行を促進するという働きがあります。
このため冷え性の改善に効果があるとされています。

冷え性は代謝が悪くなることで
ダイエットによくありません。

また美容面でも肌や髪に必要は
栄養素が十分に行き渡らない
というマイナス面があります。

エリンギは骨粗しょう症の予防にも
いい食材です。

ダイエット中は食事制限などをすることで
本来必要な栄養素も不足してしまうかもしれないという
落とし穴があります。

エリンギは焼いたり・炒めたりという
調理も簡単です。

使う調味料も和洋中どれにもよく合いますから
飽きることなく使い続けることができます。

ダイエットに取り入れるなら
カロリーを制限したい夕食の食材として
使用するのがおすすめです。

エリンギの栄養 妊婦や子供にとってのメリット!

妊娠中は便秘・むくみなど
普通でもちょっとつらい身体の状態が
おきやすくなります。

エリンギに含まれる食物繊維は
便秘のときのお助け成分として
誰でもが知っているものですね。

また豊富に含まれる
カリウムは余分なナトリウムを
排出するために利尿作用を促進する働きがあります。

この働きはむくみ改善も期待できるものです。

体重管理も必要な妊婦にとっては
カロリーを気にすることなく食べられる
きのこ類は嬉しい食材です。

エリンギに含まれるエルゴステロールは
紫外線に当たることでビタミンDに変化する性質
があります。

ビタミンDはカルシウムの吸収を
促進してくれるので、
妊娠中に弱りやすい
骨・歯を強くするためにも有効です。

成長時期の子供達にとっても
クセがなくて食べやすいエリンギはいい食材です。

強い骨や歯をつくったり
免疫力を高めて風邪を引きにくくするなど
子供達にとっても必要な働きが
いっぱいあるからです。

いろんな人に食べて欲しいエリンギ、
一番簡単な調理法は「炒める」でしょう。

エリンギのシャキシャキとした
歯ざわりを楽しむことができる
レシピにバター炒めがあります。

好みの大きさに切ったエリンギを
たっぷりのバターを溶かしてエリンギを炒めたら
塩・コショウをして仕上げにさっと醤油をまわしかけます。

ごま油で炒めたり
オリーブオイルで炒めたりと
材料を変えるだけで
味やイメージも変わってバリエーションになります。

まいたけの栄養やカロリー

しめじの栄養やカロリーや効能は?

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

リンゴ
りんごの変色の原因は?防ぐ方法は?時間や濃度は?塩水や砂糖水!

料理初心者さんや、料理を作り続けていても気になる「りんごの変色」 りんごの変色は …

豆乳
豆乳ヨーグルトの簡単な作り方!玄米や乳酸菌、ケフィアでは?効果は?

ヨーグルトは牛乳だけに限らず、豆乳からも作れるのはご存知でしょうか? 大豆製品は …

栗と紅葉
栗や天津甘栗の栄養成分や100グラムのカロリーは?美容効果は?

目次1 栗の栄養成分やカロリー2 天津甘栗の栄養やカロリー3 栗の栄養成分は美容 …

キャベツ
キャベツの食べ過ぎで便秘?便秘解消?下痢や腹痛にいい?病気に?

キャベツはおやつ代わりにしたり、 ご飯と置き換えダイエットなどで、 ダイエットの …

蜂
蜂の子の栄養!効果は?耳鳴りが改善?サプリメントでの副作用は?

蜂の子は、 古来より貴重なタンパク質の栄養源とされてきました。 世界各地で食され …

大豆
大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減少させて血流を促進するレシチンや、脂 …

ゴーヤ
ゴーヤの栄養成分やカロリー・効能は?妊婦さんには体を冷やすけど良いの?

ゴーヤの原産地は熱帯アジアです。 主に南西諸島と南九州で多く栽培されてきましたが …

豆乳
豆乳のアレルギー アイスやプリンでは?加熱でシチューやグラタンは?

健康や美容といった面にとてもよいとされ、近年、よく飲まれている豆乳ですが、思わぬ …

アスパラガス
アスパラガスの茹で方、時間は?皮は?電子レンジでは?保存は?

アスパラガスは茹でた方ちょっと難しい、そう思う事はありませんか? 茹で過ぎてしま …

竹の子
竹の子には驚くべき栄養効果が!チロシンとは?ダイエットにも良い食材!

春の旬の山菜で美味しいたけのこですが、非常に香り高く、食感も良くて日本人に好まれ …