くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

えのきの栄養の効果やカロリー!他のきのこと比較!妊婦や子どもには?

えのき茸

白くて長いえのきは、
きのこ類の中でも
よく使われる食材ではないでしょうか。

鍋や味噌汁、炒め物やあえ物など、
えのきを使ったレシピは多いかと思います。

一般にスーパーなどで流通している
白く細長いえのきは栽培されたもので
自生のえのきは、
褐色で大きな笠が特徴です。

スポンサーリンク

えのきの栄養や、カロリーは?他のきのこと比較?

えのきのカロリーは、20kcal/100g
17kcal/85g(1袋)です。

栄養素は、
ビタミンB1とB2、ナイアシン、
食物繊維などが含まれています。

参考までに、他のきのこ類のカロリーは、
しいたけ 18kcal/100g
しめじ 14kcal/100gとなっています。

やはりきのこ類は低カロリーです。

スポンサーリンク

えのきの栄養にはどんな効果がある?美容やダイエットは?

えのきはガン細胞の抑制に効果が期待されています。

これは、
えのきに含まれているEA6糖タンパク質という
成分の働きによるものです。

このEA6を摂取することで、
体の免疫力が高められて、
ガン細胞の増殖を防ぐことが
マウスによる実験で判明したそうです。

えのきには、
他のきのこ類よりも強力な
抗酸化作用があることも確認されています。

えのきに含まれる、
キノコキトサンには脂肪を体外へ排出する効果、
エノキタケリノール酸には、
内臓脂肪を減少させるといった効能があるといわれており
便秘改善や美容やダイエットなどに効果が期待できます。

えのきの効能は、
凍らせることで吸収率があがるといわれています。

話題にもなった「えのき氷」のレシピです。

ミキサーに水とえのきを入れて
「ペースト状」にします。

次に「加熱」します。

冷ました後「冷凍」します。

もっと手軽に使いたい場合は、
石突を切り落としたえのきを
そのまま冷凍させてしまいます。

この状態ですと調理法も増えるので、
使いやすいのではないでしょうか。

使用する際は、
えのきを自然解凍せずに
凍った状態のままで調理してください。

自然解凍させてしまうとドリップが出てしまいます

また、干しシイタケと同様に、
えのきを天日干しする事で栄養価が高まります

乾燥エノキの効果や食べ方・えのき茶レシピ

ビタミンDですと2倍になるといいます。

えのきを2時間ほど天日干しして
紫外線に晒すことでビタミDは倍加します。

このビタミンDは、
血管内にあるカルシウムに付きやすくなりますので、
骨が強くなります。

このことから「干しえのき」には、
骨粗鬆症の防止に効果があるといわれています。

作り方は、
石突を切り落としたえのきを小房に分け、
2時間~2日間程度、好みの固さになるまで天日干しします。

干しえのきの調理の際には、
さっと水で洗い、
10分から20分くらい水かぬるま湯でもどしてください。

えのきの栄養は、妊婦や子どもには?

「えのき氷」や「干しえのき」には旨味もありますので
子どもの好きなカレーなど調理の際に加えることで、
栄養価もあがります。

また、食物繊維もはいっていますので
便秘になりやすい
妊婦さんにもお奨めできる食材です。

また、乾燥えのきのビタミンDの骨の良い影響は
高齢者だけではなく、妊婦や子どもにもとても良い成分です。

普段のお味噌汁や煮物を作る際、
ぜひ加えてみてください。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

ステーキ
ステーキの焼き方、焼き加減の種類!安い肉や冷凍肉の焼き方は?

美味しいステーキの焼き方ってご存知ですか? ただ単に焼くだけではそのお肉の旨味を …

カモミールティー
カモミールティーの効果、飲み過ぎの副作用?妊婦、授乳中は?時間は?

ハーブティには様々な効能や効果があると言われていますが、もっともポピュラーである …

マンゴー
マンゴーの食べ過ぎは太る?栄養やカロリーは?アレルギーや下痢に?

甘くてジューシーなマンゴー!ついつい好きだとたくさん食べたくなりますよね! ただ …

蜂
蜂の子の栄養!効果は?耳鳴りが改善?サプリメントでの副作用は?

蜂の子は、 古来より貴重なタンパク質の栄養源とされてきました。 世界各地で食され …

納豆
納豆を食べ過ぎると太る?体臭は?痛風や脱毛に!妊婦や赤ちゃんは?

好き嫌いはあるものの、 古くより日本の食卓にあがる「納豆」 発酵食品を食べる健康 …

プルーン
鉄分の多い食べ物、野菜やプルーン、納豆は?サプリメントは?

特に女性に必要な『鉄分』 食事からもしっかり摂取することも大切です。 鉄分が多い …

みょうが
みょうがの栄養成分・カロリーは?どんな効果がある?妊婦さんには良い?

暑い季節、みょうがを素麺や冷奴の薬味として召し上がる方が多いのではないでしょうか …

豆乳
豆乳の栄養素や成分、カロリーは?効能は?阻害とは?妊婦にはいい?

近年では牛乳よりも豆乳を飲まれる方が多いですが、どんな栄養と効果があるかご存知で …

牛乳
牛乳の栄養成分や効能は?加熱すると変わる?吸収出来ない?

牛乳は栄養があると言われ続けていますが、その栄養とはどんなものかご存知ですか? …

竹の子
竹の子のあく抜き方法は糠!!鷹の爪は必要?保存方法や保存期間は?

春の訪れを感じる食材といえば筍(竹の子)。 天ぷらに、煮物に、筍ご飯もおいしいで …