くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

コーヒーメーカーの種類│全自動式?ミル付き?一人暮らしのおすすめは?

投稿日:

コーヒー

手軽にコーヒーを飲むことができるので、自宅でもオフィスでもコーヒーメーカーが数多く置かれています。
そしてコーヒーメーカーを使用すると、コーヒーの抽出が一定なので一人暮らしでも、家族がいても美味しいコーヒーを飲むことができます。
そのコーヒーメーカーの種類、ミル付きとはなにか、一人暮らし用コーヒーメーカーの人気ランキングをご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーメーカーには、どんな種類があるの?

主な種類としては、次のものがあります。
・ドリップ式・・・全自動の商品に使用されているタイプで、給水タンクとヒーター部分が一体になった水容器一体型とヒーター部分から給水タンクが着脱できる水容器着脱型があります。
バスケットのコーヒー粉に熱湯を滴下し、ろ過しながらコーヒー液を抽出します。家庭やオフィスでも数多く利用されています。

・サイフォン式・・・フラスコ、フィルター、ロートなどで構成され、フラスコに入っている水または湯をアルコールランプで加熱し、沸騰したら一時火をはずし、コーヒー粉を入れたロートを差し込みます。再び加熱するとフラスコの熱湯がロートに移動し、コーヒー豆と混ざり抽出が行われるので、その後火をはずすことによって、ロートの湯がフィルターを通ってフラスコに戻りコーヒー液になります。

・エスプレッソ式・・・エスプレッソマシンによって、バスケットのコーヒー粉に水蒸気等の圧力をかけた熱湯を浸透させて、強制的にコーヒー液を抽出させます。通常のコーヒーよりも深みがありコクのあるコーヒーが味わえます。

・パーコレーダー式・・・外見はコーヒーポット状で、ポット上部のバスケットに入れたコーヒー粉を入れます。本体ポットに入れた水または湯を加熱し、パイプを通りコーヒー粉に接触して抽出します。

・カプセル式・・・専用のコーヒーカプセルをセットしてコーヒーを抽出するタイプです。分量を量る必要が無く、一番手軽でお手入れ簡単なタイプです。

スポンサーリンク

全自動コーヒーメーカーとは?

全自動コーヒーメーカーには、主にドリップ式とエスプレッソマシン、カプセル式の3種類があります。給水タンクに水を入れ、コーヒー豆か粉とコーヒーメーカーにセットしてスイッチを押して、そのままコーヒーが抽出されるのを待つだけで良いのが、全自動の便利なところですね。
全自動でもドリップ式は安価なものから高価なものまでありますが、エスプレッソマシンは、本格的なエスプレッソコーヒーを味わうための専用マシンなので、高価なものが多いです。
コーヒー豆や粉の分量を量ることや、ミルで豆から挽くというのが面倒な人は、カプセル式がおすすめです。ただし、常に一定の味なので、色々調整して自分好みのコーヒーを飲みたい人には物足りないと思います。
分量を調節して、色々な味を楽しみたいと言う人には、ドリップ式のミル付きのコーヒーメーカーがおすすめです。色々試して自分好みの味を見つけるのも楽しいですよ。

コーヒーメーカー、ミル付きとは?

コーヒーメーカーにはミル付き、ミルなしという商品がありますが、この「ミル」というのはどういうものか気になりますよね。
ミルとはコーヒー豆を細かくする器械で、ゴリゴリと手で挽く手動のものと豆を均一に挽くことができる電動のものがあります。
コーヒーメーカーで、ミルが付いているものは電動式になります。
ミルなしのコーヒーメーカーでも特に困りませんが、味と香りにこだわるコーヒー好きの人は、ミル付きの商品を選ぶことが多いようです。挽きたてのコーヒーを飲みたい人は、コーヒー豆を購入してミル付きで、お好みの粗さで挽きましょう。

一人暮らしでもおすすめのコーヒーメーカー 人気ランキングは?

コーヒーメーカーにも様々なタイプがあるので、今回は一人暮らしでもおすすめの人気ランキングをご紹介します。ランキング付けをしていますが、いずれもおすすめの商品です。
・第1位:ツインバード全自動コーヒーメーカーCM-D457B(ツインバード工業)・・・幅16㎝×奥行34㎝×高36㎝。取り外し可能ミル付きなので豆からコーヒーを味わうことができます。挽き方は粗・中・細があります。83℃と90℃に湯温設定可能。容量は1~3杯用なので一人暮らしにはおすすめの一品。Amazon価格34,000円(税込)~。

・第2位:Keurig K-Mini Plus シングルサービング Kカップ(Keurig)・・・幅12㎝×奥行29㎝×高53㎝。コンパクトなサイズで容量は1~2杯の一人用です。コーヒーの他にココア、コールドドリンクが作れます。Amazon価格14,898円(税込)。

・第3位:珈琲王コーヒーメーカーV60 EVCM-5TB(HARIO)・・・幅23㎝×奥行24㎝×33㎝。容量は5カップ以下が適量ですが、2~5杯までの蒸らし機能がついています。93℃の高温抽出ができ、30分間保温することが可能です。Amazon価格12,800円(税込)。

・第4位:象印コーヒーメーカー(象印マホービン)・・・幅22㎝×奥行15㎝×高24㎝。コンパクトなサイズで、容量は1~4カップ分です。スタンダードタイプで、水タンクを外すことができ、お手入れは簡単です。水タンクには目盛が付いて、見やすくなっています。他の機種と比較すると安いお値段です。Amazon価格2,871円(税込)。

・第5位:シロカ全自動コーヒーメーカー・・・幅16㎝×奥行28㎝×高26㎝。コンパクトサイズなので、置く場所に困りません。容量は4カップ。ミル付きなので、豆から挽きたてのコーヒーが味わえます。タイマー付きなので、朝の目覚めのコーヒーをいただきましょう。保温は30分まではOKです。Amazon価格18,480円(税込)。

・第6位:サイフォン式コーヒーメーカーブラウンCM-D854BR(ツインバード工業)・・・幅26センチ×奥行18㎝×33㎝。サイフォン式で容量は4カップです。クラシカルなデザインなので、コーヒータイムの贅沢なひと時の雰囲気を感じます。ゆっくりとコーヒーが抽出される様子を眺めることができる本格的なフォルムです。Amazon価格7,530円(税込)

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.