くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

インソールの仕事で使う、日常生活、スポーツで使うおすすめ!

投稿日:

インソール

ピッタリ足に合った靴が手に入ればよいですが、いまいち足にしっくりこないとか、作業をするときにフィット感のある靴を履きたい、扁平足なので歩くと疲れやすいなどという悩みのある方もいますよね。

また合わない靴を履いていると姿勢が悪くなり、腰やひざなどへの負担が増え、腰痛、肩こり、O脚などの原因にもなってしまいます。

そのような方には、インソールを使って足と靴との調整をしてはどうでしょうか?
現在のインソールは、色々な種類が制作されているので、その中から目的に合わせたインソールをご紹介します。

スポンサーリンク

仕事で使う、おすすめインソールは?

・安全靴・・・工事現場や解体現場など作業を行う場所では、釘や破片、鋭利な物などで足を踏み抜く危険性があります。
釘やネジなどの突起物から足を守るために、踏み抜き防止板の入ったインソールを選びましょう。
メーカーによっては、自社製の安全靴のサイズしか合わないものもあるので、注意してください。
ノサックス踏み抜き防止インソールなど。

・立ち仕事・・・立ち仕事が中心の方は、長時間立っていると足裏に負担が大きいので偏平足になりがちです。
アーチ構造で土踏まずを押し上げ、身体のバランスを整えます。
TENTIALインソールなど。

日常生活で使う、おすすめインソールは?

・革靴・・・通勤や営業の外回りが多い方は、履いているうちに足に疲労が溜まるのが多いので、アーチ構造の物や衝撃緩和タイプを検討しましょう。
長時間履くことによって蒸れや臭いが気になる方は、通気性が良いメッシュ地や吸湿性のあるものが良いですね。
吸収力のあるジェルタイプで体圧を分散させ、防菌防臭加工のあるGゼロインソール(協和工業)がおすすめです。

・ブーツ・・・ブーツは歩きにくさや臭いが難点とも言われていますが、特に熱や臭いがこもるので、通気性や防臭性が優れたインソールが良いでしょう。
メッシュタイプや通気用の穴が開いている吸湿性に優れたものがあります。
レキットベンキーザー・ジャパン強力消臭・抗菌インソールなど。

・パンプス・・・パンプスは、靴先が細く高さがあるので長時間履いていると足が疲れてしまいます。
体重も足先の方にかかり、合わない靴だと足が滑ってしまいます。
パンプス用のインソールには足がずれにくいものや歩く衝撃を和らげるクッション性のあるものが良いですね。
衝撃を吸収し、アーチサポート機能のある楽歩人ラフィットインソールなど。

・スニーカー・・・スニーカーは日常的に履くことが多いので、歩いていて足が痛くならないように、クッション性や反発性があるものが良いです。

CAOAG 男女兼用インソールなど。

スポンサーリンク

スポーツ等で使う、おすすめインソールは?

・テニス・・・球を打ち込む時の強い踏み込みを支えるためには、柔らかいものより硬めの素材や足のぐらつきをしっかり抑え、かかとが外側へずれないように、しっかりホールドするものが良いです。
アシックステニスSRB中敷など。

・バドミントン・・・衝撃を吸収する、足の疲れを抑える、足にフィットするが必要です。
ジャンプすることが多いので、弾力性の高いクッションのものが良いです。
ミズノ ソルボS-CUBEスケルトンアスリートなど。

・ランニング・・・

足のアーチ構造や軽量性、通気性があるものを選びます。
趣味のランニングは衝撃吸収性が強い物、レースが目的の方は薄い厚さの軽量なものが良いです。
アーチ構造でかかとが二重クッションのEDTREインソールなど。

スポンサーリンク

-生活
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.