くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

アイスコーヒーの作り方!器具は?インスタントでは?コーヒー粉では?

投稿日:

アイスコーヒー

美味しいアイスコーヒーは、カフェで飲むものと思っている人はいませんか?
アイスコーヒーは場所ではなく、味で飲むものです。

そしてアイスコーヒーは、自宅でもちょっと工夫した作り方で、カフェに負けない味わいの美味しいものが出来上がるのです。

そろそろ暑い季節が来ていますが、自宅でアイスコーヒー作りに挑戦してみませんか。

スポンサーリンク

アイスコーヒーの作り方、揃える器具は?

アイスコーヒーの作り方には、インスタントで簡単に作る方法と、コーヒーの粉のドリップなどで本格的に作る方法がありますが、それぞれの方法に合わせた器具を揃えましょう。

インスタントの場合でお湯を使う場合は、普通のグラスなら割れる恐れがあるので、耐熱グラスを用意します。
お湯でなければ、普通のグラスでも良いですよ。

コーヒー粉では、カルディコーヒーファームのアイスブレンド+水出しドリンクボトルセットがあれば、水出しアイスコーヒーが作れます。
大量に作り置きしたい場合に良いですね。

抽出量がわかるように目盛付きのコーヒーサーバー、ドリッパー、サイフォン、ペーパーフィルターなどを用意します。

スポンサーリンク

インスタントでのアイスコーヒーの作り方は?

お湯で作る場合:分量グラス1杯

①耐熱グラスにインスタントコーヒーを小さじ1杯(約2g~お好みで)入れます。

②グラスにお湯を90ml注いでかき混ぜます。
お湯は氷で溶けるので少な目です。
お湯の目安の温度は90°です。

③グラスに氷を入れ、かき混ぜて冷たくします。
冷たくなったら出来上がりです。

水で作る場合:分量グラス1杯

インスタントコーヒーには、水で溶けるものもあるので、その場合はインスタントコーヒー小さじ1杯(約2g~お好みで)に、冷やした水を140ml入れてかき混ぜます。
その後氷を適量加えて出来上がりです。

コーヒー粉でのアイスコーヒーの作り方は?

インスタントコーヒーの場合は、比較的すぐに作ることができますが、コーヒー粉から抽出するタイプは、抽出するのに時間がかかるので、ある程度大量に作って作り置きしたほうがゆっくり味わうことができます。
もちろん、一人用でもできますよ。

水出しで作る場合:分量グラス8杯

カルディの水出しドリンクボトルを使用した場合
①カルディの水出しドリンクボトル(1100ml)のストレーナーにコーヒー粉(細挽き)を約80g入れます。

②ドリンクボトルに1150ml(コーヒー粉に水が吸収されるので、水を少し多めに使います)の水を注ぎます。
軽くゆっくりスプーンでかき混ぜます。

③その後冷蔵庫で約8時間かけて、じっくりと抽出します。
抽出すると出来上がりです。

サイフォンで作る場合:分量グラス1杯用

①コーヒー粉約25gをロートにセットします。

②サイフォンのフラスコにお湯をセットして、火を付けます。

③お湯が沸騰したらフラスコを一度火元から外し、ロートをフラスコにロートをしっかり差し込み火元に戻します。
お湯が上がってきたらヘラで手早く攪拌します。

④泡、粉、液体の3層になるので、1分待ちもう一度3回ほどヘラで攪拌して火元から外します。

⑤コーヒーが全部落ちたらロートを外し、氷を入れてあるサーバーにゆっくり注ぎます。

⑥コーヒーを注ぎ終わったら、混ぜて氷を溶かします。
氷が溶けたら完成です。

スタバ風で作る場合:分量グラス3杯分

①ドリップに約220gの氷を入れます。

②ドリップにペーパーフィルターにコーヒー粉(中挽に挽いた粉)30gをセットします。

③最初にフィルター粉を蒸らした後、お湯を50mlほど入れて30秒ほど待ちます。

④その後、粉全体を湿らせるためお湯を入れます。
お湯はフィルターの上部までです。

⑤アクが落ちないように気を付けて、お湯をいれるのを繰り返します。

⑥抽出したコーヒーが、ドリップにほぼ全部落ちたら、フィルターを外します。

⑦ドリップに落ちたコーヒーを均等に冷やすため、くるくる回しながらグラスに注ぐと出来上がりです。

アイスティーの作り方!準備するもの!ティーパックや水出し、フランス風は?

 

スポンサーリンク

-食材・料理・レシピ
-,

Copyright© くらしの豆知識 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.