くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

ビジネス書人気ランキングや古典名著、必読のおすすめ本は!

投稿日:

ビジネス

毎年多くのビジネス書が出版されていますが、その中には新人ビジネスマンに読ませたい本やベテラン必携の名著、経営者が経営の参考にすべき本など色々あります。
でも過去から現在まである多くのビジネス書の中から、ビジネスマンがどんな本を読んでいるのか気になりませんか。

そこでビジネス書の人気ランキングや古典の名著、おすすめ本をご紹介します。

スポンサーリンク

ビジネス書、人気ランキングは?

多くの読者を持ち、評価の高い本としてランキングしています。

第1位・・・「完訳7つの習慣 人格主義の回復」スティーブン・R.コヴィー著

(内容)全世界で3,000万部、日本で220万部のベストセラー本です。
誠意、謙虚、勇気、正義、忍耐、勤勉、質素などの人格的なことを大切にして、自分の物の見方を変え前向きに改めることを考えさせられる本です。

第2位・・・「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド著

(内容)2019年ビジネス書ランキング1位、ベストセラー1位です。
頭が良いと言われる人ほどとらわれる10の思い込みを解放し、データや事実で世の中を正しく見ることを解説しています。

第3位・・・「人を動かす」D・カーネギー著

(内容)日本で500万部を超えたベストセラーです。
自己啓発書の原点と言われる名著です。
実話と実践を基にした事例で、人に好かれる、人の心を動かすための行動と自分の進歩を促します。

第4位・・・「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑著
(内容)51万部突破のベストセラーです。
精神科医が脳科学により説明・アイデア・交渉・会話などの能力をアップさせる方法を解説します。

第5位・・・「営業の魔法」中村信仁著
(内容)ダメ営業マンがスーパー営業マンから営業のレクチャーを受けて、トップ営業マンへ成長するリアルなサクセスストーリーです。
基本が大切なことを実感する本です。

スポンサーリンク

ビジネス書、古典の名著をピックアップ

古典として、現在も評価の高いビジネス本を2点ご紹介します。

・「ザ・ゴール」エリヤフ・ゴールドラット著、日本では2001年販売
(内容)世界で250万部のベストセラーです。
企業のゴールとは何かを主題に、主人公の工場長夫婦の葛藤とアメリカ製造業の競争力復活の源となったTOC(制約条件の理論)を解説しています。
ストーリーのある小説として、面白く読める名著です。

・「経営者の条件」R・F・ドラッカー著、日本では2006年発売
(内容)マネジメントの父と呼ばれるドラッカーの自己啓発のバイブル的な名著です。
成果をあげるための考え方、自分の長所を生かす方法、時間管理などを8つの習慣として紹介しています。
ビジネス本としても学生、アスリート、家庭、職場など幅広く活用されています。

ビジネス書、必読・必携のおすすめは?

ビジネス書として、何時でも読み返せるように手元に置いておきたい本をご紹介します。

・「論語と算盤」渋沢栄一著
(内容)日本実業界の父とも呼ばれる渋沢栄一の、利潤と道徳を調和させた経営哲学の理論が詰まっています。
明治時代に資本主義の本質を見抜いて、約470社もの会社設立を成功させた経営者としての文言は、経営・労働・人材育成の核心をつき、現在でもその経営哲学は揺るぎません。

挨拶する時の注意点は?ビジネスでの挨拶のマナー!年末年始は?

芥川賞の発表時期・発表日や場所は?誰が選ぶの?直木賞との違いは?

スポンサーリンク

-ビジネス
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.