くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

エレベーターの乗り降りのマナー!注意点は?順番や席次は?

投稿日:

エレベーターに乗る女性

エレベーターは、ホテルやオフィスビル、デパート、病院などちょっとした建物に設置している、人や荷物を輸送するとても便利なものです。その便利なエレベーターには、守るべきマナーがあります。

マナーを知ることは、ビジネスシーンの中で、気配りすることにつながり、今後の仕事に役立つことでしょう。

スポンサーリンク

乗り降りのときに注意するマナーは?乗る時のマナーは?

お客様と乗る時は、特にマナーに気をつけることが必要です。
エレベーターの到着を待つときは、扉の正面に立たず扉の脇によけるように立ちます。
降りる方がいる場合に、正面のスペースを空けておく事で、スムーズに乗り降りが出来るよう配慮します。

乗って来た方が扉が開いた時に、すぐ正面に誰かの顔があると、あまり良い気持ちはしないからです。
また、乗る前には、降りる方がいないかを確認します。
エレベーター乗降には優先順位があり、最優先するのは降りる方です。

スポンサーリンク

自分とお客様の順番は?エレベーター内の席次を教えて?

エレベーターに乗るときは、順番があります。
①お客様を案内する立場の、自分から先に乗りましょう。

②乗りこむ時に「お先に失礼します」と声をかけると、お客様も次に乗る順番だと認識ができ、スムーズに乗ることができます。

③自分はその時に「開」のボタンを押して、扉が閉じないように扉を押え、引き続き乗ったことを確認して、扉を閉じます。
※先に自分達以外の人が乗った場合や、既に人が乗っていた場合は、ホール側のボタンを押して、扉が閉まらないようにするか、扉を押えお客様に先に乗っていただきよう誘導し、その後に自分が乗りましょう。

④目的の階に着いて降りる時は、「着きました。どうぞ」「こちらでございます」などと声掛けをして、先に降りていただき案内をします。

お客様や目上の人やお招きした人は、上座に座っていただき、案内側や迎える側は、下座に座るというのが、ビジネスシーンでのマナーです。

エレベーター内の立つ位置にも上座・下座があり、操作ボタンの前が下座になります。

エレベーター内で外に向かって、操作ボタンの位置が、
・左側(下座)に1カ所・・・対角線上の右側奥が上座。
・右側(下座)に1カ所・・・真後ろの右側奥が上座。
・両側(左側が下座)で2カ所・・・右側奥が上座。
西洋のマナーは右上位です。西洋から導入されたエレベーターの上座も、右側が上位の上座になります。

エレベーターのマナー違反を教えて?

・扉の正面に立つ・・・扉が開いた時、降りる人がいた場合に邪魔になります。

・乗って来た人が、降りる前に乗り込む・・・最優先は降りる人です。

・私語や会話・・・情報漏洩の恐れや、声が響いたりすると迷惑です。

・飲食・・・匂いがこもったりし、内部での飲食は絶対やめましょう。

・携帯電話・・・内部は公共の場です。ペースメーカーなどの医療機器に影響を与える可能性がありますので、内部ではOFFにすべきです。
また、会話は声が響き、操作している姿は感心できません。
お客様に、挨拶をするタイミングを失ったりすると失礼にあたります。

・自分が上座で、お客様にボタン操作させる・・・ボタン操作は自分が率先して行います。他の人が同席の時は、「▲階ですか?」と声掛けましょう。

・他の人が操作した場合は、お礼を言いましょう。
乗り降りの際に操作してもらった場合も、お礼を言って軽く会釈すると双方とも気持ち良いものです。
マナーを守り気配りすることで、ビジネスマンとしてスマートな振る舞いとして、見ている人に安心感を与えることでしょう。

女性の就活・ビジネスでのメールのマナー・注意点は?送信・返信では?

女性の就活・社会人の電話のかけ方、受け方・対応の基本マナー!

お茶出しのマナー!準備することや湯呑、茶たくは?順番や注意点!

1周忌の男性、女性、妊婦、子供の服装のマナー、注意ポイントは?

 

スポンサーリンク

-ビジネス
-, , ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.