くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

もち麦とは?栄養や効果は?炊き方、レシピは?

もち麦

ヘルシーな食材として人気を集めて有名なものに雑穀米があります。

雑穀米は色々な雑穀を混ぜ合わせたものですが、その中でも「もち麦」は、押し麦、はと麦などと共に麦類の雑穀として混合されています。

もち麦を白米に混ぜたもち麦ごはんは、雑穀を用いたレシピの中でも、ぷちぷちした食感がたまらなく美味しい、ダイエットに効果があると売り切れ続出の人気です。
話題のもち麦の人気の秘密に迫ります。

スポンサーリンク

もち麦とは?

ビールなどの原料である大麦の一種のハダカ麦の中で、粘り気が多くもちもち食感のもち性の麦をもち麦といいます。

もち麦は古くは西南アジアで栽培されたものが、ユーラシア大陸全体とアフリカの一部に伝播しましたが、現在は日本など東アジアだけで栽培されています。

日本では四国、中国、九州のもち米が採れにくい地方で、もち米の代用品としてむぎ米、餅、団子などで食されていました。

現在では、もち麦のもち性を生かして、麺や煎餅、パン、クッキー、カステラなどの多くの食品の食材としても開発・使用されています。

スポンサーリンク

もち麦の栄養の効果は?

もち麦の栄養の中から代表的なものを紹介します。

・カロリーは、穀粒100g当り約363kcalで、はと麦が360Kcal、押し麦が340kca、玄米353Kcal、白米358kcalとほぼ同程度です。(文部科学省食品成分データベースより)

・植物繊維は、白米の25倍、玄米の4倍、ごぼうの2倍も含まれており、排便をスムーズにして体内の有害物質を吸着して排出させ、便秘に効果があります。
もち麦の植物繊維にはβグルカンという粘りの強い成分が豊富に含まれています。
βグルカンは、胃や腸の中で他の食べ物と混ざることで、脂質や糖質の消化吸収を抑え、内蔵脂肪、コレストロールを減少させ、メタボ改善や糖尿病、腸内関係を整えます。
更に癌細胞を攻撃するNK細胞を活性化することで癌の予防効果もあるとされています。

・もち麦の皮には、ポリフェノールの一種のアントシアニジンを含むので、抗酸化作用により活性酸素を抑制して、糖尿病、高脂血症、肝臓機能の低下などの生活習慣病の予防や防止をします。。

もち麦の炊き方、レシピは?

もち麦の炊き方は、
①白米を洗い水を切る
②もち麦は洗わないで白米に加える
③通常どおり炊飯器で炊く
④炊きあがったら5分程蒸らす
など簡単にできます。

一般的に一番美味しいのは、白米7:もち麦3の3割炊きの配合と言われ、普段の食事では不足ぎみの植物繊維を補うことができます。

3割炊きで炊き上がりが1.5合の場合の白米・もち麦・水の配合は、白米1合+もち麦50g+水100mlを目安にすると良いでしょう。

もち麦を加えることにより、白米だけの時より食後に満腹感が続くので過食を防ぎ、植物繊維を摂ることでさらにダイエットに効果が期待できます。

もち麦ごはんの他に、果物や野菜の食材にもち麦を加えたサラダや、スープの具材としてもち麦を使用したり、もち麦のクッキー、パフェなどのスイーツも多く作られ人気があります。
もち麦を使用するレシピは、ネットにも数多く紹介されていますので、参考にすると良いと思います。

もち麦は、豊富な栄養の効果やダイエット効果などが、口コミ等で広がり注目されています。
今後もますます注目を集める食材だと思いますので、ちょっと試してみるのも良いですよ。

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ

  関連記事

梅干し
梅干しは初心者も作れる?どんな梅がいい?作る時期や注意点は?

梅干しは、日本で昔から食べられている代表的健康食品の一つです。 長く保存ができる …

リンゴ
りんごの変色の原因は?防ぐ方法は?時間や濃度は?塩水や砂糖水!

料理初心者さんや、料理を作り続けていても気になる「りんごの変色」 りんごの変色は …

トルティーヤ
トルティーヤの作り方・カロリー!米粉・薄力粉だけでOK ?巻き方は?

エスニック料理の中でも、 手軽に食べることができるものにタコスがあります。 タコ …

いちじく
いちじくの食べ方!生で?皮ごと?皮の剥き方!甘露煮、ワイン煮も!

8月上旬~10月下旬が旬のいちじく。 傷みやすく、流通量もさほど多い果物ではない …

ココナッツオイル
ココナッツオイルの認知症予防・改善への効果!摂取量や使い方は?

ダイエットや健康にと注目されている ”ココナッツオイル” 認知症の予防や改善にも …

くるみ
くるみアレルギーの原因や症状・対策は?クルミオイルは?

香ばしく美味しい「くるみ」ですが、少しの量でもアレルギーを起こす事があります。 …

ビーツ
ビーツの栄養やカロリーは?効果は?妊婦には?にんじんと比較!

ビーツとは、英名でビートルート、テーブルビート、レッドビートと言い、和名はカエン …

アボカド
スライスやサイコロ、角切り、サラダや刺身、簡単なアボカドの切り方

まったりとそれでいて爽やかな口当たりのアボカド、おいしい果物ですよね! アボカド …

豆腐
豆腐の食べ過ぎは下痢や病気に?ダイエットは?妊娠中は?

カロリーが控えめで腹持ちもいいので、ついダイエットや健康の為にと食事に、豆腐を食 …

味噌汁
味噌汁の基本の作り方!一人分の簡単な作り方は?ジャガイモや大根は?

ほぼ毎日作るであろうお味噌汁、 料理を始めようとする方はここから始めますが、 「 …