くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

シャンプーのやり方!さらさらヘアーの作り方は櫛とドライがポイント

投稿日:

シャンプー 頭にタオルを巻く女性

毎日行っているシャンプーで、
さらさらヘアーを作りませんか?

案外シャンプーの方法を間違っているが為に、
髪が思う様な仕上がりにならない
原因の1つであるともいいます。

今日から出来るさらさらヘアー作り、
シャンプーのやり方やヘアケアについてご紹介します。

スポンサーリンク

シャンプーのやり方、さらさらは「クシ(ブラシ)」でとかす

シャンプーをいつもする前に、
いきなりお湯をかけていませんか?

髪は水分を含むと絡まりやすくなってしまうので、
シャンプーをする前の段階で、
髪をクシ(ブラシ)でとかして置くのがポイントです。

クシでとかしておくことで、
髪に付いているホコリや剥がれかけの古い角質(フケ)を浮かせ、
その後に行うシャンプーで落としやすくさせるといいます。

さらさらヘアーを作る上で、
頭皮の環境を整えることもとっても大切ですよね!
また、ロングヘアーの方はクシのとかし方にも注意を。

毛先から少しずつとかしてゆき、
続いて髪の中央から毛先、
最後に根元から毛先と少しずつとかすことが大切です。

使用するブラシも髪質に合わせて変え、
毛質が細かったり髪が痛んでいる方は柔らかな豚毛、

毛の量が多かったりストレートヘアの方は、
硬めの猪毛といった天然素材のくしが薦められています。

スポンサーリンク

シャンプーのやり方、さらさらヘアーの作り方

シャンプーを行う場合に始めに髪の毛を濡らしますが、
ただ濡らすのではなく「プレシャワーリング」を行いましょう。

きちんとブラシを行った後に行えば、
7割りがた汚れは落ちるといいます。

もしも週に1度のスペシャルケアとして
トリートメントを行うならば髪が乾いている状態で付け、
蒸しタオルで巻いて湯船へ。

10分前後したらトリートメント剤を落とせば
プレシャワーリングも同時に行えます。

また、シャワーの温度にも注意!
熱過ぎるお湯は髪に影響を与えるといいます。

だからと低すぎれば汚れ等が落としきれず、
頭皮環境に悪いという点で「38度程度」が
適温であるとされています。

さらにシャンプーを髪に付ける際には、
そのまま直接付けるのではなく、
泡立ててから付けてゴシゴシと洗わない事。

そして髪を逆さにして洗わず上を向き、
しっかりとシャンプーは洗い流す事が大切です。

シャンプーのやり方、さらさらはドライにも注意

洗い上がりの髪をタオルでゴシゴシと水気を取っていませんか?
タオルドライは頭をタオルで包み込んで、
上から軽く抑える感じで行います。

ブローする前に洗い流さないタイプのトリートメントや
ヘアーオイルなどを付けて髪全体に馴染ませ、
時間を出来るだけ置かないうちにドライヤーで乾かしましょう。

8割りかた髪が乾いたら送風に切り替え、
くしを使って髪を整えればさらさらヘアの完成です。

女性の加齢臭の原因や対策は?頭皮の臭いに効くシャンプーは?

女性の抜け毛はどのシャンプーを使えばいい?年代別の原因や選ぶポイント

20代、30代、40代、50代女性の抜け毛の原因!妊娠中、産後?

 

スポンサーリンク

-美容
-

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.