くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

煎茶・緑茶の違い、効能やカフェインの量は?番茶とほうじ茶の違い!

日本茶

お茶というと沢山の種類がありますが、
日本のお茶である「煎茶」や「緑茶」
たくさんのお茶があります。

それぞれの違いってなんでしょう?
今回は煎茶や緑茶の違いや、
他の日本茶の違いについてなどもご紹介しましょう。

スポンサーリンク

煎茶・緑茶の違いとは?ほうじ茶や玉露は?

日本には紅茶や烏龍茶といった
本来日本のものではないお茶以外に、
古くから飲まれ続けて来た日本のお茶があります。

お茶には「発酵茶」と「不発酵茶」とがあり、
紅茶や烏龍茶は発酵茶なのです。

そこで煎茶や緑茶は逆の不発酵茶で、
茶葉を摘み取った後に発酵を止めて、
蒸し上げてから乾燥させるといった作られ方をします。

そんな不発酵茶を全般的に「緑茶」といい、
その中に「煎茶」や「玉露」
といったお茶が含まれています。

お茶を入れた時に薄緑や黄緑色といった
緑色が特徴的です。

ただ、「ほうじ茶」というお茶は
茶色く発酵茶の様な見た目ではありますが、
実は緑茶の仲間であり、

この茶色は緑茶を焙煎したことで得た色で、
味わいもどこか香ばしく優しい味わいが特徴です。

スポンサーリンク

煎茶・緑茶の違い、カフェインの量は?番茶とほうじ茶の違い

緑茶にはカフェインが含まれており、
特に妊婦さんは注意される方もいらっしゃると思います。

緑茶は100mlで20mg
玉露は同量で120mg
ほうじ茶に至っては緑茶と同様とされています。

緑茶の中でもカフェインが少ないとされているものは、
「番茶」「玄米茶」であり、
それぞれ10mgといわれています。

番茶とほうじ茶は地域によっては番茶をほうじ茶とも呼んだり、
関西方面では一番茶の煎茶の最後に選別された大きめの葉のものを
番茶と呼んでいるという違いがあります。

どちらも間違いではなく、
地域に寄って違いがあるものです。

ちなみに石川県では加賀棒茶などというブランドにしています。

ただ、こうしてカフェイン量を算出されていますが、
入れるときのお湯の温度によっても異なり、
水で入れた煎茶にはカフェイン量がほぼ減少しており、

温かくして飲むのであれば沸騰していない80~90度で
抽出する程度に留めるとカフェイン量を少なく出来るともいいます。

一般的に1日のカフェイン摂取量は300mgまで、
妊婦さんでは200mgまでといいます。

煎茶に至っては玉露を選ばない限りは
量を気をつければ決して飲んではいけない飲物ではないといえます。

煎茶と緑茶の違い、効能は?

煎茶を含む緑茶には、
・カテキン
・ビタミンC
・ビタミンE などといった成分を含みます。

強い殺菌作用は有名だと思いますが、
それにより風邪予防や虫歯予防に繋げます。

 

他にもコレステロール抑制や発ガン抑制、
血糖や血圧低下作用といった働きも有るので
生活習慣病予防にもよい効果が期待で来ます。

ビタミンCやEは美容効果にもよく、
抗酸化作用により老化防止にと繋げる事も出来そうです。

ちなみに茶色のほうじ茶には、
焙煎した際の香りに癒しの効果があるという
実験結果が出ています。

緑茶の飲み過ぎ、量は?症状は胃痛・吐き気・下痢!?貧血にも!

緑茶の効果!風邪や認知症にいい!脂肪・血糖値・ダイエットは?

ウーロン茶の栄養や効能は?ダイエットには?緑茶・紅茶の比較!

紅茶の効果!ダイエットや冷え性にはしょうが紅茶!飲み過ぎの量は?

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

オクラ
オクラの栄養やカロリー!夏バテや妊婦にうれしい効果!加熱や冷凍では?

これからの季節、どうしても暑さや、 気温の変化に体がついていけないことも出てきま …

数の子
数の子の栄養や効能、カロリーは?動脈硬化予防や、内臓脂肪を減少?

寒くなってくると唱えてしまう毎年恒例のこのフレーズ、「1年ってあっという間ねぇ」 …

海苔
焼き海苔・韓国のり、味付け海苔の栄養とは?カロリーは?食べ過ぎ?

身近な乾物「海苔」は、 古くより日本の食卓には欠かせないものですね。 あまり普段 …

豆乳
豆乳のアレルギー アイスやプリンでは?加熱でシチューやグラタンは?

健康や美容といった面にとてもよいとされ、近年、よく飲まれている豆乳ですが、思わぬ …

水耕栽培
水耕栽培のやり方!キャベツやレタス・トマトやバジル、ミントは?

土を使わず植物を栽培する「水耕栽培」 お庭がなく土を使った栽培が出来ない環境でも …

コーヒー
カフェインは交感神経を刺激、覚醒・血管拡張の効能!副作用の危険性も!

私たちの身近にあるカフェインは、 眠気覚ましや、 日頃の水分として摂取することが …

ひじき
ひじきのカロリーや栄養の効能!ヒ素が含まれている?離乳食に使える?

ひじきと言えば、健康にいいイメージがありますね! 鉄分が豊富ということはご存じの …

たらの芽
山菜のたらの芽の栄養やカロリーは?下ごしらえやおすすめの食べ方!

冬が終わり、暖かくなってくると山や野原で様々な植物が芽吹きます。 その一つである …

みょうが
みょうがの栄養成分・カロリーは?どんな効果がある?妊婦さんには良い?

暑い季節、みょうがを素麺や冷奴の薬味として召し上がる方が多いのではないでしょうか …

ナスビ
ナスの栄養やカロリー・効能は?きゅうりと比較!妊婦や子どもには?

夏野菜のナスは、 浅漬け、炒め物、揚げ物と 色々な料理と相性の良い野菜ですが、 …