くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

スポーツドリンクの飲み過ぎで下痢や腹痛・頭痛の原因?糖尿?量は?

投稿日:

スポオーツドリンク

夏場の熱中症対策や、
冬場の風邪やインフルエンザ、ノロウィルスでの下痢・嘔吐対策、
季節を問わず水分補給としてスポーツドリンクを
よく飲むといった方も少なくないと思います。

スポーツドリンクは飲み心地のよさもありますが、
甘みもあると思いますが、
つい飲み過ぎて身体に害はないのでしょうか。

今回はスポーツドリンクの飲み過ぎについて
ご紹介します!

スポンサーリンク

スポーツドリンクの飲み過ぎ、糖尿は?熱中症にいいの?

昨今の猛暑により熱中症で運ばれたり、
最悪なケースに陥る方が非常に多い夏。

そこで「熱中症対策」として、
水分補給をこまめにと注意喚起されています。

そこで「汗が出るならスポーツドリンクはいい」
と思い日に多く飲むといった方も多いと思います。

スポーツドリンクは確かに塩分や糖分を含み、
熱中症対策としては優れていると思いますが、
案外と塩分と糖分を多く含んでいるのです。

例えばポカリスウェットには砂糖や
果糖ブドウ糖液といった糖分が成分の先端にあり、
配合量が多いという事になります。

そして塩分は500mlで2.45gを含んでおり、
厚生労働省では1日当たりの塩分摂取量を
「約7~8g」と喚起している点を踏まえ、
さらに食事で摂取する量と合わせたら飲み過ぎる場合には
塩分過多も示唆されます。

大汗をかく様な事がない一般的な熱中症対策で飲むのであれば
「麦茶」が最適で、麦茶には身体を冷やし
血液をサラサラにする働きがあり、
ミネラル入りであれば尚可です。

スポンサーリンク

スポーツドリンクの飲み過ぎで下痢や腹痛・頭痛の原因は?

スポーツドリンクを飲み過ぎると
下痢や腹痛、頭痛といった症状が起こる
といった方もいらっしゃいます。

飲んだ後しばらくすると引き起こすものですが、
これにはスポーツドリンクに含まれている

・糖分
・塩分

といったものに原因があり、
特に糖分(ブドウ糖液等)は急激に血中へ吸収が行われ、
血糖値が急激に上がる事により頭痛を引き起こします

さらに塩分は身体に負担を与え、
スポーツドリンクを多く飲む様な事を習慣にしてしまうと
血糖値の調整が正常に行われなくなり、
不調を訴えるといった結果に繋がります。

さらに水分も多く摂っている事により
腸が吸収しきれなくなり、
腹痛や下痢を引き起こしてしまうのです。

スポーツドリンクの飲み過ぎ、量は?

スポーツドリンクは先にも触れた通り、
塩分摂取の点からみても、
特にスポーツをして汗をかくといった事が無ければ
1日1本を目安にした方がよさそうです。

運動や肉体労働など炎天下で
汗を多くかく場合には始める前にコップ1杯、
その合間には10~15分置きに飲むといった
摂取方法が適しているといいます。

また、とても甘く感じる場合には糖分が
身体に十分な摂取量であることから
ミネラルウォーターなどで薄めて飲むのが
よいとされています。

梅干しの栄養成分は?効果やカロリー!おすすめ梅干し料理で熱中症予防!

夏の赤ちゃんとエアコン!寝る時・布団は?風邪の時は?熱中症対策に!

赤ちゃんの脱水症状!ミルクを飲まない・おしっこが出ない時は要注意!

 

スポンサーリンク

-生活
-, ,

Copyright© くらしの豆知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.